ここから本文です
自分だけの、生きている証明.。音楽、文学、哲学、そして文楽。

書庫序説・整理表

すべて表示

このブログで取り上げた作曲家の生年・没年を調べて冗談半分で並べてみたら、頭の中の順番とは随分違っているのが面白くて続けて参りました。 残念ながら、このブログでは5,000字という制限があるらしく、2表に分かれてしまいました。 第1表は書庫を設定しているショスタコーヴィッチまで、第2表はそれ以降の現代作曲家というのが大きな区分にしてあります。 モザルト・カマルゴ・グアルニエリ 1907年2月1日〜1993年1月13日 深井史郎 1907年4月4日〜1959年7月2日 ルロイ・アンダーソン 1908年6月29日〜1975年5月18日 メシアン 1908年12月10日〜1992年4月27日 エリオット・カーター 1908年12月11日〜2012年11月5日 渡邊浦人 190すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 本棚を整理するつもりで眺めていたら出てきた高校時代の参考書から、妙に漢文の世界にハマってしまいました。 それは読んだのが「史記」、それも書いた司馬遷が恐らくはかなりのこだわりで入れ込んだ項羽の話で、最も劇的なシーンを描いた「鴻門の會」や「四面楚歌」のところであったものだからでしょうが、かなりの勢いがついてしまいました。 ...すべて表示すべて表示

  • 1年近く前にヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ」に関しては 自作自演盤 を聞きましたけれども、それは遺憾ながらモノラルで、必ずしも万全な録音状態ではありませんでした。 加えて、4曲のアンソロジーでありましたので、「ブラジル風バッハ」を心から堪能して楽しめるというところにまでは至らなかったところがあります。 ...すべて表示すべて表示

  • 史記の「四面楚歌」(その2)

    2018/10/18(木) 午前 11:16

    【書き下し文】 (40)項王の軍垓下(がいか)に 壁(へき)す。 兵少なく食盡く。漢軍及び諸侯の兵之を 圍むこと 數重なり。夜漢軍の四面に皆楚歌するを聞き,項王乃ち大いに驚きて曰く:「漢皆已に楚を得たるか?是れ何ぞ楚人の多きや!」と。項王則ち夜起きて,帳中に飲す。美人有り名は虞,常に幸せられ從ふ;駿馬あり名は騅(すい),常にこれに騎す。是(ここ) ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事