ここから本文です
自分だけの、生きている証明.。音楽、文学、哲学、そして文楽。

書庫序説・整理表

すべて表示

このブログで取り上げた作曲家の生年・没年を調べて冗談半分で並べてみたら、頭の中の順番とは随分違っているのが面白くて続けて参りました。 残念ながら、このブログでは5,000字という制限があるらしく、2表に分かれてしまいました。 第1表は書庫を設定しているショスタコーヴィッチまで、第2表はそれ以降の現代作曲家というのが大きな区分にしてあります。 モザルト・カマルゴ・グアルニエリ 1907年2月1日〜1993年1月13日 深井史郎 1907年4月4日〜1959年7月2日 ルロイ・アンダーソン 1908年6月29日〜1975年5月18日 メシアン 1908年12月10日〜1992年4月27日 エリオット・カーター 1908年12月11日〜2012年11月5日 渡邊浦人 190すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 今月の初めにLDプレーヤーのメンテナンスで、 ディズニーの「シンデレラ」 を見たばかりですが、今度はそれをロッシーニがオペラにした「チェネレントラ」を聞いてみました。 アバドがLSOとともに1971年に録音したもので、BPOに移る前の、アバドがもっとも伸びやかな音楽を聞かせてくれていた時期のものといっていいかもしれません。 ...すべて表示すべて表示

  • イ・ムジチの現代音楽 図書館

    2018/6/16(土) 午後 4:26

    色んな本を図書館から借りたついでに、珍しいCDを見つけて借り出してみました。 ヴィヴァルディの「四季」を筆頭にバロック音楽の録音で日本でも昔から有名なイ・ムジチ合奏団が現代音楽を録音した1枚です。 こんな録音があることは初めて知って、珍しさのあまり借り出したものです。 1〜3曲目が1967年録音で、多分こ ...すべて表示すべて表示

  • 濫読三昧

    2018/6/14(木) 午後 11:44

    ここ数週間、読書に集中していて、ちょっと音楽を聞くことから離れてしまいました。 (BGM的にネット・ラジオは流し聞きはしていましたが…) 少し前に「誰が音楽をタダにした?」という本をこのブログでもご紹介しましたけれども、図書館で予約した本が続々届いて来て、2週間の返却期限内に読み終えることができないままのものまで出てくる始末です。 ( ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事