著作権で稼ぐ

「地震ニモ津波ニモマケズ」、東北再生に向け一歩ずつ前へ進んで行こう。猪(イノ)ベーション!

全体表示

[ リスト ]

以前、日本国内に設置されたロクラク親機を遠隔操作してテレビ番組を録画し、インターネット経由で海外に転送し番組を視聴することにつき著作権侵害を認める記事を書いた。

以前書いた記事はこちら
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/53839780.html

今月27日、この事件の控訴審判決が知財高裁で行われた。
判決は、一審判決を取り消し、テレビ番組を録画し転送することは著作権侵害にあたらないとした。

この判決にはとても驚いたが、内容は画期的なものである。
判決内容は以下のとおりである。

まず、 親機ロクラク等を設置・管理することは、利用者に提供すべき親機ロクラクの機能を滞りなく発揮させるための技術的前提となる環境条件等を、主として技術的・経済的理由により利用者自身に代わって整備するものに過ぎないことから、複製を実質的に管理・支配しているものではないこと、

利用者から支払われる対価は、機器自体の賃料等であって、複製ないしそれにより作成された複製情報の対価ではないことから、

「親子ロクラクの機能を利用するために必要な環境ないし条件、サービスの内容等に照らせば、子機ロクラクを操作することにより、親機ロクラクをしてテレビ番組を録画し視聴することは、著作権法30条1項に規定する私的使用のための複製にあたる」として、著作権侵害を否定した。

また、事業者が提供するサービスは、「利用者の自由な意思に基づいて行われる適法な複製行為の実施を容易ならしめるための環境、条件等を提供するものである」に過ぎないとした。

さらに、「技術の飛躍的進展に伴い、新たな商品開発やサービスが創生され、より利便性の高い製品が滋需要者の間に普及し、家電製品としての地位を確立していく過程を辿ることは技術革新の歴史を振り返れば明らかである。」としたうえで、

「本件サービスにおいても、利用者における適法な私的利用のための環境条件等の提供を図るものであるから、サービスを利用する者が増大・累積したからといって、本来適法な行為が違法に転化することはなく、これにより正当な利益が侵害されるものではない」としている。

これで、「まねきTV」に続き、インターネットを利用して海外などにテレビ番組を転送するサービスは、著作権侵害ではないことを認めた。

まねきTVに関する記事はこちら
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/54133154.html

後の最高裁では覆され著作権侵害とされました。
詳しくはこちらで
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/60224691.html

差戻し判決はこちら
URL:http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/61033735.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事