古代 JINN …忍耐だ…。

引っ越しなど、公私ともに結構忙しいのですが…忙中寂あり

全体表示

[ リスト ]

09-10年モデル スキー試乗会(残雪を求めて?)後編です(容量オーバーで分けました????)

ぃ孱錬味烹漫。達劭錬咤咤圍稗韮釘辧。丕味腺圍稗裡妝諭。咫。隠沓毅磽
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/volkl.JPG

この板は同じVOLKLでも、以前僕が持っていた「じゃじゃ馬??」SUPER SPORTS 5☆と比べたら、相当に履きやすい普通のオールラウンドでした。
加重点も「ど真ん中やや後ろ目」だし、普通にカービングの板でした。
特筆すべき感動はありませんでしたが、履きやすい、怖くない良い板でした。
系統としては、やはり僕のNORDICAのMACH3の似たような類の板で、カービングの普通の感じでしょうか。
グラス系の板だと思いました。(メタル風の、どっしりとしてハリのある特性は感じませんでした)


ィ硲瓧鬘堯。達掘ィ横唯圈。咤咤董。隠沓娃磽
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/Hart.JPG
ハートは試乗会では持ってきてくれた板も多いし、待たないで乗れるし、本当に良い対応で、ありがたかったメーカーさんでした。
でこの板、オールラウンドの板ですが、僕の感じでは本当に「正しいメタルの板」という感じがしました。操作感はガッチリとしてシッカリ感が高く、板の重量もやや重めに感じられ、ハリも強く感じられました。
スピードに強い板と感じられ、小回りも悪くは無いと思いますが、やや大回りを要求してくるイメージがありました。
加重点はカービングの典型で、真上ど真ん中系で、切る時はやや後ろ目の意識が良いと思います。昔の滑りへの適合はそこそこでした。僕にはやや手ごわいメタル系に感じました。

Γ咤腺味錬唯錬痢。横粥。咤釘劭稗釘咫。隠沓横磽
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/salomon.JPG
この板はサロモンのオールラウンドです。24というのが、オールラウンドだそうです。
で、僕としては、この板は普通のグラス系のカービングの板という印象でしたが、特別のおおっ!と言う感慨は残りませんでした。
加重点が特別広いとか、前を踏んでも大丈夫とか言うことは無く、そう言う僕の独特の期待への性能と言う点では、ごくごく普通の板の感じでした。

加重点はど真ん中だし、やや後ろ目を踏むように要求してくるし…と言う板でした。 
もちろん悪い板ではないのですが、おじさんの要求する古い技術との適合性では、特記事項はありませんでした。

В烹釘鼻檻咤烹鼻。腺譯譯鬘錚nd HIGH Performance R15 170cm
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/KEI.JPG
KEIスキーです。ビックリしました…この板。良いのです。
操作感がしっとりと大人の感じで、シッカリ・どっしりなのに、一方で何でもこなせる軽快感も持ち合わせている…抜群の操作性の良さもあるのです。
トップ部分がシッカリしているように思われ、前半を踏める板ですし、かなり気に入りました。
この板は前傾を許してくれます。加重点が広いのです。
でも、一方でやはり素性はカービングの板だから、真ん中加重がスイートスポットだし…という基本は基本でありますので、言ってみればどこを踏んでも良い、懐の深い…面白い良い板なのです。(Rは13と15と18がありましたので、小回り派の方は13mでしょうかね?)

玉にキズは?お値段でしょうか?受注生産で値崩れしないみたいですし。チョット手が出にくいです。前回の試乗会を含めて2番目くらいに欲しいと思いました。

この板、期せずしてelanのGSウエーブフレックスのフュージョンRSをやや重厚にしたような感じで、性質も似ていると思いました。やはり欲しい板ですね。このKEIの板も多少メタルが入っているのでしょうかね??…そんなシッカリ感がありました。

┌藤稗咤達硲釘辧。廝錚鬘譯筍磽p RC PRO FLOWFLEX 170cm
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/fis gs.JPG
フィッシャーのGSのセカンドモデル?を履いてみました。(穴は透明のプラで閉じられていて、風穴は空いていない板です。)
これは僕の好きなフィッシャーのプログレッサーをシッカリさせた感じの板ですが、競技のセカンド?らしくハリがある板でした。
加重点についてはシッカリしているから前目も踏めますが、前に乗リ過ぎると板が不安定にスキッドして、急減速します。…やはり「真上ど真ん中」で走らせる競技系の板であります。僕はこの板にメタル系の特性を感じました。

シッカリ感が強いのですが、操作感はスポイルされていないので、そこそこに軽快さは有りましたし、良い板です。
同社のPROGRESSORよりは、飛ばし屋に「より向く」と思います。
僕の場合は求める具体的な性能(古い技術でいけるか??!!)がありますから、欲しい!?ところまでには至りませんでした。

FISCHER PROGRESSOR 7  と 8 165cm
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/fis 7.JPG
※写真は7だけですが、8も履きました。(今回の目的でもあります)

で、結論は、やはり8も相当良いのですが、8は板に「ハリと強さ」がある分、普通のカービングスキーの特性である「やや後ろの加重点」などの素性が顔を出してきておりますので、僕には「7」がやっぱり最高でした。

7は板の柔らかさが絶妙で、前傾時、前に加重したときの引っかかりや減速も少なく、板が綺麗にたわんでくれる感じがあり、これがブレや減速、引っかかりの問題を防いでくれると思われ、古い技術の受容性・適合性が抜群でした。
やっぱり僕にとっては、「なんでもありの最高の操作性」でした。

この春のスキー試乗ではこのFISCHERのPROGRESSOR 7 がダントツの一番だと(今回も)確認いたしました。(あくまで僕の固有の評価ですが…)

で、今回の試乗会での確認もしまして、予約に後悔は無いです。 
間違っておりませんでした。

プログレッサーの8と9も本当に良い板なのですが、僕には少々オーバーパフォーマンス(過剰性能)なんでしょうねー(笑)。

カービングが下手な昔のスキーヤーですから

以上で、この春のおじさんスキーヤーの試乗会レポートも終了??となります。

この後はカービングターンへの道…など、技術への挑戦??(怪しい)が続いていくと思います。
よろしくお願いいたします。

閉じる コメント(4)

ancientさんはfischerがお気に入りみたいですね。
私はサロモンの24hが一番良かったです。テクの小回りということになるとhartのSL、数年前に比べて格段に良くなっていました。
hartは待ち時間なしでしかも状態もいいものばかりでしたが、金具がLOOK、アルペンでしか購入できないという難点が・・・
私の方はもうちょっと雑誌の評価などを参考にいて、来年のことを決めたいですね。

2009/4/14(火) 午後 9:05 [ highspeedskier ]

顔アイコン

highspeedskierさん
そうでしたー。僕の場合はfischerが楽しくて良かったです。後はelanとKEI-SKIですねー。理想ではfischerとelanかKEI-SKIのどっちかを欲しいですねー。ああ2台なんて欲が出ますねぇ。後はどこかのクラブに入れていただいて、それなりに目標を持ちたいと思いますですねー。

2009/4/14(火) 午後 11:36 ancient skier

顔アイコン

スキーも奥が深いですねぇ
長い、短い、硬い、柔らかい程度まではわかるのですが、グラスとメタル、最適加重ポイントあたりになると、まったくわかりません。
でも、大昔、ヤマハのスラローム用からプレのジャイアントスラローム用に乗り換えたら、その安定感、取り回しの良さに驚いた経験があります。私は、グラスよりメタル派かも?

2009/4/15(水) 午前 9:04 dalineko

顔アイコン

dalinekoさん
コメントどうもありがとうございます。そうですねスキーも奥深いですー。僕も言うほどたいして分かっちゃあいない!!(笑)んですが、一方でおっしゃるように板によって相当感覚が違うのも事実でして、選択が難しいところですね。
サイトで皆さんから「試乗会に行くのが一番」と言われて行ってみたのですが、履き比べが思いっきり楽しかったのは確かです(笑)。

2009/4/15(水) 午後 1:50 ancient skier

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事