古代 JINN …忍耐だ…。

引っ越しなど、公私ともに結構忙しいのですが…忙中寂あり

全体表示

[ リスト ]

スキー板のビンディングをとうとう自分で取り付けましたです!

先日の2000円の板のビンディングが届きました。
チロリアのRFD11(レールフレックス)です。
で、これを取り付けるのを頼もうと、SKIショップに聞きましたら、色よい返事ではなく、そこを頼み込むと、取り付け工賃が…5000円!!。

何とかやってくれるのはありがたいけど…。(聞いたお店数店は、お願いして粘ればやってくれると言うけど料金が高いんです…安い板を入手した意味がないです)

顧客サービスすることで、自社が損すると思ってらっしゃる??んですね。いま時にね??

で、ビンディングを自分で付けようかと、オークションで売ってくれたスポーツ店さんに、取り付けの事を色々聞こうと思ったら、こちらもあまり教えてくれないのです。

ネジの径は何ミリでしょうか?
「板に書いてある。」と言う調子です…ディナスターには表示は無し…でした。
回答が面倒くさい!!…が表面に出てました(笑)

で、自分で工夫しながら取り付けようと思いました。
ちなみにICI石井さんで、レールフレックスのビンディングで色々なブーツサイズに合わせる方法を聞いたら、親切に現物を箱から出して見せてくれて、説明してくれました。
ビンディングの裏側に棒状のパーツをはめるのですが、それををずらしてサイズ調節するなど、よく分かりました。石井さんが色々教えてくれましたので、それが唯一の頼りでした。

では、チロリアのレールフレックスのRFD11を自分で取り付けるレポートをお見せします。
“弔飽をつけます 
板にはブーツのセンターのしるしがありますから、それから前後20cmくらいに板を横切る線を引き、その線の部分で滑走面側が何ミリ幅か調べ、2で割ります。ちなみにディナスターは前後それぞれ67mmと66mでした。で2で割った33.5mmと33mmこれを板を滑走面を下にして置いて、横から板のエッジに当たるように三角定規を当て、三角定規からの距離33mで印をつけると板がキャップ構造でどんな形であっても、センターが出せます。マークは赤のマジックで書いてしまいます。後からシンナーで簡単に消せますから。(写真は三角定規の当て方の説明用にビンディング取りつけ後に撮りました)
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/sankaku.JPG

▲疋螢襪侶造魴茲瓩泙
タッピングのネジの細いところを図ると、ほぼ正解!がドリル穴のスタンダードだと昔から知っていました。この事は昔、誰かに教わっていました。
写真の通り、このネジは直径が4.1mmなので、ドリル刃は4mmのにしました。
(取付け強度を重視する場合、ネジを回すのが地獄ですが、3.8mmの選択が…あると思います「詩吟じゃないです」)
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/nogisu.JPG

ドリルに布ガムテープを巻いておきます。
板に穴をあけるドリルの刃には、間違っても(笑)穴が貫通しないようにテープを巻きます。これは悲劇を回避するために必須です。今回はタッピングビスがベースから出る部分の長さに合わせて、ドリル刃の長さを8.5mmくらいにしました。(テープから出る刃の長さで合わせるのです。当たり前ですね…)
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/drill close-up.JPG

ぅ譟璽襪(ゲージ)定規代わりにして、3つ目キリで穴をマークします。
レールのブーツセンターと板のブーツセンターを合わせ、マジックで引いた板の左右幅のセンターをレールの真ん中に合わせてレールを置いて、セロテープなどでレールを仮に固定します。
それから、レールのビス用の穴から三つ目キリでゴリゴリ印をつけます。この三つ目キリの穴は、ドリルの印にもってこいです。点をつけてから結構ゴリゴリやって大きい印にしておきます。ドリルの刃がフラフラ遊ばずに穴あけできますから…。穴は左右それぞれ8個で計16箇所。(メタルの板だったら、三つ目きりで無く、マジックでマーキングしておいてセンタポンチでドンと叩いて穴を凹ませても良いです。ドリルの刃がフラつかず、噛み付いてくれる様になれば良いのです)
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/mark kiri.JPG

ゥ疋螢襪膿欺鼎坊蠅△韻鬚靴泙后
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/drilling.JPG

http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/drill complete.JPG
※穴あけ完了。板に赤マジックの印(線)が見えますね…がっちり書いています。

Ε譟璽襪侶衂瑤離僉璽弔鮴泙蠎茲蠅泙后
前後のレールパーツにはそれぞれ前側、後ろ側の2個の穴がありますが、これは、位置決め用の穴ですので、取り付け前に折り取る必要があります。(これは最初、意味が分からなくて、相当悩みました)
丸い穴を取ってしまうと大きな楕円の穴になるのです。で、これが板のたわみの時にレールがズレて、ビンディングが逃げて、板のフレックスを妨げない効果になると分かりました。
写真見ると簡単ですが、まさか折るとは??本当に分かりませんでした。 
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/parts brake.JPG
ゴリッ
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/parts brake2.JPG
ボキッ
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/parts off.JPG
ポイッ

Д肇ァ璽圈璽垢肇辧璽襯圈璽垢鯲側でバーでつなぎ、組み立てておきます
ブーツのソールの長さに合わせて、バーを裏側にはめ込むだけです。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/ura2.JPG
※トゥーピースの裏です。バーを300mmくらいで嵌めました。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/ura 1.JPG
※トゥーピースの裏のアップです
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/ura4.JPG
※ヒールピースも300mmくらいでバーを嵌めました。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/ura3.JPG
※ヒールピースの裏のアップ

┘譟璽襪鬟優犬任箸瓩泙后
ネジ山をなめてしまわないように、僕の場合、ドライバーの上からあごを乗せ、強く押しつけて、両手でネジをまわします。じっくりやります。相当硬いですから。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/rail.JPG
※前後のレール、全部ついています。疲れます。


http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/railcover2.jpg
※カバーを付けたら、もう出来たようなものです。(結局ネジ16本の取り付けです)

レールにビンディングを乗せて、嵌め込み、後ろから前にスライドして、最後に固定ネジを締めると完成!!
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/railbinding.JPG
※良い眺めです。
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/hamekomi.JPG
※乗せて嵌めてスライドさせます
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/nejishime.JPG
※真ん中の固定ネジを締めて完成(固定ネジは位置が3箇所あり、前目後ろ目にビンディングを移動できます)
http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/torituke kansei.JPG

http://www.b-natural.co.jp/blog/archives/dekita.JPG
※完成。大変ですが十分出来ますよ。ポイントは太いプラスのドライバーが必要なことです。
この板はグラス系でメタルシートが入っていないから、より楽でしたが…。

(ビンディングの取り付けは、取り付けの研修を受けて登録したショップでないと「いけないこと」になっているそうなので、自分でつけるのは自己責任になります。皆さんにはお薦めできないと思います。)

閉じる コメント(8)

レールフレックスもゲージなしで付くんですね。
パワーアックスプレート、去年曲げてつけた事があります。私はマジックで穴位置をマーキングして開けるようにしています。
それにしても最近のスキーって金具のセットとかが楽になりましたね。

2009/4/19(日) 午前 11:49 [ highspeedskier ]

顔アイコン

highspeedskierさん
そうでした。レールがゲージ?代わりになるので、簡単にビスの位置決めができました。よく出来てますね今のビンディング。取り付け説明書が無いですが、ショップがつけるのが前提だそうですから、自分でつけると全て自己責任。僕は自己責任で大いに結構でして、全然問題ないですが、誰にでも薦めるわけには行きませんですねー。ショップの対応が、もう少し「持ち込み板」と「持ち込みビンディング」の取り付けにも寛容で、工賃も安価だと良いですが…。特に今頃の季節は暇でしょうにねぇ??(笑)

2009/4/19(日) 午後 1:47 ancient skier

顔アイコン

床に腹ばいになって、ドライバーに顎を乗せて、虚空を睨んで、満身の力を込めて、慎重にネジ込む、、、
ふふふ、わかります。ここまで来て、ねじ山ナメたくないもんね!
頑張りましたネェ、すごいです。
英文でビンディングの取り付けを調べたら、アメリカでもSki Techが取り付けるのが当たり前みたいで、自分でつけるのはお勧めできないとなっていました。
でも、2000円で買った板に5000円の工賃は払えませんよね、私もきっと自分でやる!
自転車も、買った店以外ではサービスは受けられないケースが多いです。ブレーキや変速機を自分で取り付けたり、調整した後は、しばらく怖い(笑)

2009/4/20(月) 午後 2:58 dalineko

顔アイコン

dalinekoさん
いやあ、まったくその通りの姿勢で、ドライバー締めてます(大笑い)しかも、虚空をかなり睨んでます(爆)
しかし、こういうケースで節約しようと思ったら、自分で付ける?しかないと思いました。で、しばらく怖い…もウケマシタ。
コメント有難うございました。

2009/4/20(月) 午後 5:01 ancient skier

顔アイコン

はじめまして!ご訪問コメントありがとうございました〜
って、すっごい!本格的な何かのマニュアル並みの取り付け行程〜
完成も精巧です〜あ、足跡(^▽^;)試乗会のレポ読ませていただいたんです〜細やかな記事参考になりました〜

2009/4/20(月) 午後 11:14 へたさる

顔アイコン

へたさるさん
有難うございます。おやっさんスキーヤーですが、今後ともよろしくお願いしますです。

2009/4/21(火) 午前 9:25 ancient skier

はじめまして、お気に入り登録、ありがとうございます。
今まで、自分で取り付けることなんて、考えたこともありませんでした。

とても勉強になりました。
自分は・・・無理ですね(^^

2009/4/21(火) 午後 11:52 [ whi*e*alley*1*6 ]

顔アイコン

ホワイトさん
コメントありがとうございます。シーズンオフもテンション維持して頑張りましょう。僕は相当おやっさんですが(笑)よろしくお願いしますです。

2009/4/22(水) 午前 1:18 ancient skier


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事