環ぐねり庵

いい曲、いいプレーヤー、そこから無限に広がる音楽の世界!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

ベートーヴェンの愛すべき第6交響曲=「田園」をいろいろ聴いてみることにしよう。
情景描写か感情表現か、それとも純音楽なのか・・・

第1楽章「田舎に到着したときの晴れやかな気分」 Allegro ma non troppo ヘ長調 2/4拍子
第2楽章「小川のほとりの情景」 Andante molto mosso 変ロ長調 12/8拍子
第3楽章「農民達の楽しい集い」 Allegro ヘ長調 3/4拍子(トリオ部は2/4拍子)
第4楽章「雷雨、嵐」 Allegro ヘ短調 4/4拍子
第5楽章「牧人の歌−嵐の後の喜ばしく感謝に満ちた気分」 Allegretto ヘ長調 6/8拍子


ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調OP.68『田園』
エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮
レニングラードフィル
1982年


どこをとっても究極のサウンド。
これぞプロ中のプロの仕事だ!
第1楽章のヴァイオリンの全音符の美しさ、
第2楽章の木管中心の清冽なサウンド、
第4楽章、嵐の圧倒的な威力
に身じろぎもできない。

特に印象的なのが、第1楽章の練習記号DとE。
ここは、24小節間かけて徐々に息の長いクレッシェンドをしていく
難しいところ。pからffまで見通しの良い設計が求められる。

ムラヴィンスキーは、4小節ごとに交代で現れる、第1・第2ヴァイオリンの
4小節続く全音符でこのクレッシェンドを表現していく。
この楽章は主に4小節単位で音楽ができており、
24小節を4小節×6に分けて膨らませていくのは
まことに鮮烈で説得力のある方法である。

ムラヴィンスキーで聴くと、スコアに明記されていないが、
音楽がどこに向かって進み、どこから鎮まっていくのかが実に良く分かる。
特に鎮まっていく部分の音量コントロール、バランスが完璧で、
寒気すらおぼえるほどの響きを聴かせる。
他の指揮者では絶対に聴くことができない。

開く コメント(0)

無人島・・・
1曲しか持てないなら・・・
 
○どうせなら長い曲
○そればっかり毎日聴いても飽きない曲
○人恋しいから歌入りの曲
○自然と相性のいい曲
○ちょっと聴いただけではわからない奥の深い曲
 
ハイドン:オラトリオ「天地創造」全曲
ヤーコプス指揮の最新のCDで。
ビッグバンから生命の誕生、アダムとイヴの出会いに至るまさに無人島にぴったりの曲。
いくつもあるフーガなど、研究のし甲斐もある。
 
もちろん、スコア、歌詞、対訳も合わせて持参する。

開く コメント(0)

イメージ 1

眠狂四郎シリーズ、
藤村志保さんの登場は第2作から。
音楽は残念ながら伊福部さんではない。


眠狂四郎勝負
1964.01.09 大映京都
三隅研次監督
市川雷蔵 藤村志保(采女役) 高田美和 久保菜穂子 
加藤嘉 成田純一郎
シリーズ第2作


この役はとてもいい。
初め笠を被って顔が見えないのが次第に表情や声が露わになってくる。
事情があって敵対していた雷蔵に対しても、
次第に情が通っていく変化の過程がとても良い。
銭湯男湯で雷蔵が襲われるが、女湯から采女が刀を渡し、事なきを得る。
ここは、入浴シーンが全くないのがちと残念。

大魔神第1作のヒロイン=高田美和さんがかわいい蕎麦屋の娘役で出ていて、
これは雷蔵と交わす笑顔がとても可愛い。

勧善懲悪の筋立てで、雷蔵の表情もニヒル一辺倒でなく、
シリーズ中評判の良い作品である。

開く コメント(0)

新コーナー 

イメージ 1

イメージ 2

音楽には直接関係ないが、女優さんのコーナーをつくらなければ。

1966年の大映映画『大魔神怒る』。
3部作中の第2作、
音楽はもちろん伊福部昭氏の担当だ。

この映画のヒロインが、早百合姫を演じる藤村志保さん。
清楚ながら、逆境にも凛として前向きに生きる日本女性の美に満ちている
志保さんは本当に素敵。
前半の、悪者に向かい合う目力、神の島で祈る姿、
後半の、火やぶりシーン、涙が湖水を走り魔神を鎮めるシーン、
が魅力的。

彼女の出演作品中、伊福部昭氏が音楽を書いているものが結構あるので、
そのあたりを中心に、
見た映画のレビューを書いていきます。

開く コメント(0)

イメージ 1

シューベルトの交響曲は、演奏会のプログラムを組むのが難しい。
サブとして扱うには結構長いし、また、時間的な長さだけでなく、
ブルックナーと同様、音楽が生まれ終わっていく時間的な感覚がゆったりとしているので、
組み合わせる曲によっては合わないことになってしまう。

1959年のザルツブルク音楽祭のプログラムを聴く。
ここでは、第4番ハ短調にマーラーの「大地の歌」を組み合わせている。
D417の重みとエッセンスをしっかり受け止められる良い選曲だと思う。
後半に歌が入るのも華があって良い。


独Orfeo C820102B (2CD’s)
シューベルト:交響曲第4番ハ短調D417「悲劇的」
(7:45/8:55/4:00/7:29)
マーラー:交響曲「大地の歌」
(9:22/9:13/3:20/6:42/4:42/27:41)
ヒルデ・レッスル・マイダン(ms)、ヴァルデマル・クメント(t)
ウィーンフィル
ラファエル・クーベリック指揮
1959年8月30日ザルツブルク音楽祭実況


クーベリックの場合、どうもウィーンフィルだと
やりたいことがうまく伝えられないのではないか。
シューベルトはかろうじて第4楽章が活気ある名演奏だが、
他はなんとなくダルな演奏になっている。
音質も、悪名高い2名がマスタリングに関わっており、
低音がスカスカの酷いものである。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事