環ぐねり庵

いい曲、いいプレーヤー、そこから無限に広がる音楽の世界!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
これは本当は誰にも教えたくない曲です。知り合いのヴィオリストの誰に聞いても皆知らないし、録音もおそらく一種類しかないんじゃないかしら。 作曲者からして知名度はほとんどゼロで、本当にいい曲かどうか誰も信じないでしょうから。

この素晴らしいヴィオラ協奏曲との出会いはかれこれ20年程前になります。東京の飯田橋に毎週通っていたレコード屋さんがありました。

自分でもヴィオラを弾くということでなにかすごいヴィオラのレコードはないかたずねたのでした。お決まりのプリムローズ、ターティス等の話が出て、それは知ってるというふうに不満そうな顔をしていると、店主は一枚のレコードをターンテーブルにのせたのでした。

これこそ、旧ソ連のルドルフ・バルシャイがヴィオラを弾いた、ハンドシキンのヴィオラ協奏曲だったのでした。

現代風の難解な曲をイメージしていた私の耳に、古典的ながら憂いを秘め、ヴィオラの全音域が生かされた力強い第一楽章が飛び込んできて、一発でノックアウトされてしまったのでした!

途中で針を上げてもらって即購入したことは言うまでもありません。
 
 

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

ヴィオラ・パートの魅力を追求する企画、いよいよ本命のヴィオラ協奏曲編です。
コンチェルトともなると、技巧的にかなり難しいところが多くて、自分で弾くのは
厳しいので、専ら楽譜を見ながら聴くことが中心になります。

1 ハンドシキン:ヴィオラ協奏曲
 栄えある第一席はこの曲にしようと思います。


開く コメント(0)

イメージ 1

もちろん、交響曲以外にもヴィオラらしさを満喫できる名曲はたくさんあるでしょう。

◎伊福部昭:交響譚詩
 この2楽章は亡き兄へのレクイエム。テーマがヴィオラで示されます。他の楽器に代替不可能な世界です。山田和男/東京交響楽団の演奏で聴きます。伊福部さんの曲では、他にも、「シンフォニア・タプカーラ」「室内オーケストラのための土俗的三連画」を演奏したことがありますが、自分が好きなせいかヴィオラ冥利に尽きるところがたくさんありました。

○コープランド :「アパラチアの春」
 これはホントにいい曲です!通常版と室内楽版があります。冒頭からヴィオラの世界ですし、途中、おしゃれなソロがたくさんあります。

▲芥川也寸志 :交響三章(トリニタ・シンフォニカ)
 またまた邦人作品。1楽章にもパートソロが出てきますが、2楽章子守唄の中間部で主題を弾くところは、日本の原風景そのものです。

△ブラームス:セレナーデ第2番
 これは、ヴァイオリンを欠く変な編成の曲。ヴィオラが弦の最高音になるわけですが、
主役というわけではなく、あくまで木管の曲かな。ちょっと変わった世界です。

×ボロディン:交響的絵画「中央アジアの草原にて」
 行商人が歩くピチカートから始まって、近づいては離れていく2つの主題にうまい具合に絡んでいきます。ヴィオラが生きる世界です。

番外編 ショスタコーヴィッチ:弦楽四重奏のための「エレジーとポルカ」
 これは、本当は弦楽四重奏曲なので番外です。よく弦楽合奏でのアンコールで取り上げられます。
ヴィオラはポルタメント指定のユニークな主題を弾いたり、大変愉快です。
↑ポチッとお願いします。

開く コメント(0)

昨晩、お風呂から出て寝ようと思ってTVのチャンネルをいじっていると、
なじみの曲が・・・。
BSでやっている、ブルックナーの5番、2楽章だった。
集中力の高いすげえ演奏だなあ、なんだろう?・・・と良く見てみると、
ルツェルン音楽祭、2011年の演奏会なのだった。
眠かったが最後までみてしまった。
ヴィオラの主席はベルリンフィルのクリスト。
寄せ集めの割に統一感のあるサウンドをつくっている。
ところどころ、特に、クライマックスからの下りの部分で
初めて聴くような新鮮な音楽を味わうことができた。
録画しておけばよかった。
オーボエに、N響でおなじみの女性が座っていたのに驚いた。

2分休憩して、後半は2009年のルツェルン音楽祭。
マーラーの第4だ。
さすがに眠いのでTVを消した。

開く コメント(0)

イメージ 1

カメラータ東京からバッハの無伴奏チェロ組曲のヴィオラ版CDが出た。
弾いているのは、ルカ・ラニエリという男性奏者だ。

2枚目の6番、4番、1番を車の中で聴く。
美音だが、まるでBGM的なバッハ。
何も心に伝わってこない。
4番の1曲目など、まるでテンポが遅すぎて、低音進行のメロディーが浮かび上がってこない。
1拍目が重いのはいいにしても、こんなに1拍目だけ時間をとるのは気持ち悪い。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事