環ぐねり庵

いい曲、いいプレーヤー、そこから無限に広がる音楽の世界!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

異様なサウンドが魂を刺激するボリショイ劇場Q。
CDがあるようなのでソッコウで注文する。


露Melodiya MEL CD1001750
ボロディン
弦楽六重奏曲 ニ短調(1860−61)
1 Allegro 5:23
2 Andante 4:38
ロシア風スケルツォ ニ長調(1882) 10:57
(合作の曲集『金曜日』のための曲)
グリエール
弦楽四重奏曲第3番ニ短調 op.67(1927)
1 Allegro moderato 8:36
2 Vivace 4:10
3 Larghetto
4 Fugue, Allegro molto energico 11:10
ミャスコフスキー
弦楽四重奏曲第9番ニ短調 Op.62(1943)
1 Allegro inquieto 7:13
2 Andante appassionato, Allegro misterioso, Molto appassionato 10:46
3 Allegro con brio 6:32
ボリショイ劇場四重奏団
Isaak Zhuk; vn1
Boris Weltmann; vn2
Moris Gurvich; va
Galina Matrosova; va(Myaskovsky)
Isaac Buravsky; vc
Rudolf Barshai; va2(sextet)
Svyatoslav Knushevitsky; vc2(sextet)
1949年(スケルツォ)、1950年(グリエール)、
1952年(六重奏)、1965年(ミャスコフスキー)


やはり、ボロディンの曲がいい。
合作集「金曜日」中のスケルツォとバルシャイが第2ヴィオラで参加した六重奏。
あとの2曲は初めて聴くが、
グリエールの終曲=フーガが凄い。
ベートーヴェンやシューマンもCD化してほしい。

開く コメント(0)

にほんブログ村

 
イメージ 1
 イメージ 2 イメージ 3

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

STEREOと表記されているが、1962年のライヴで、日本盤LPではMONOだったような。
隅々まで研ぎ澄まされた超名演奏。

開く コメント(0)

イメージ 1

ナチュラルでそばで語ってくれるような声。
「アラベラ」「カプリッチョ」「4つの歌」、それにピアノ伴奏の歌曲。
どれもみな素敵だった。

開く コメント(0)

バカボン・パパとバカボン・ママです。
この前、テレビでやっていて、久々にみました。
子供の頃から、こんな素敵な人をお嫁にもらいたいと思っていました。
授かった子供たちもいいですよね。
優しいバカボンと天才はじめちゃん。
4人とも全く違った人たちなのに、
互いに認め合って生きている。
理想の家族です。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事