環ぐねり庵

いい曲、いいプレーヤー、そこから無限に広がる音楽の世界!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

6年乗ったエブリイワゴンを売りに出したところ結構な額が出た。
なんでも、震災復興中の東北では、軽の4WDの需要が大きいのだそうだ。
それで念願のBMWに手が届いてしまった。
エコに逆行する選択だが、タイミング良くきれいな330クーペに出会ってしまったのだ。
直6シルキーシックスの3ℓエンジンは音も動きも非常に具合が良い。

6枚CDチェンジャーがトランクにあり、
今日は、これに入れるCDを選ぶことに。

繰り返し聴いて楽しめるということになると、
やはり歌だ、となり、
全て女性歌手のCDにすることにした。
クルマの中で聴くので、ステレオ録音から選んだ。

1 フラグスタート ヴァルキューレ1幕
2 ケート アリア集
3 ゲスツィ アリア集
4 ポップ R・シュトラウス アリア集
5 カークビー ハイドン、モーツァルト アリア集
6 コジェナー ヘンデル アリア集

純正スピーカーは10個も付いていて、まあまあの音だ。
時間帯や運転時間、気分に合わせて楽しみたい。

イメージ 1

イメージ 2

異様なサウンドが魂を刺激するボリショイ劇場Q。
CDがあるようなのでソッコウで注文する。


露Melodiya MEL CD1001750
ボロディン
弦楽六重奏曲 ニ短調(1860−61)
1 Allegro 5:23
2 Andante 4:38
ロシア風スケルツォ ニ長調(1882) 10:57
(合作の曲集『金曜日』のための曲)
グリエール
弦楽四重奏曲第3番ニ短調 op.67(1927)
1 Allegro moderato 8:36
2 Vivace 4:10
3 Larghetto
4 Fugue, Allegro molto energico 11:10
ミャスコフスキー
弦楽四重奏曲第9番ニ短調 Op.62(1943)
1 Allegro inquieto 7:13
2 Andante appassionato, Allegro misterioso, Molto appassionato 10:46
3 Allegro con brio 6:32
ボリショイ劇場四重奏団
Isaak Zhuk; vn1
Boris Weltmann; vn2
Moris Gurvich; va
Galina Matrosova; va(Myaskovsky)
Isaac Buravsky; vc
Rudolf Barshai; va2(sextet)
Svyatoslav Knushevitsky; vc2(sextet)
1949年(スケルツォ)、1950年(グリエール)、
1952年(六重奏)、1965年(ミャスコフスキー)


やはり、ボロディンの曲がいい。
合作集「金曜日」中のスケルツォとバルシャイが第2ヴィオラで参加した六重奏。
あとの2曲は初めて聴くが、
グリエールの終曲=フーガが凄い。
ベートーヴェンやシューマンもCD化してほしい。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事