ここから本文です

新エギ!!

GW真っ只中、明日4日は会社へ出勤になったtetsuです

さてさて、今日は家族全員の休みが珍しく重なったのですが・・・

長女は爺様に買収されてタケノコ堀りへ

妻と長男は義妹に買収されて温泉施設へ

一人残された私はエギングに出かけようかと窓から外を眺めると・・・

ホームの波止の方角へ向かう車が渋滞してるやん!!

はい。今日は出撃中止決定です

というわけで、ブログ更新します


さてさて、今シーズンの春エギングは、4月後半より釣果に恵まれており、

ここまで1.5キロを筆頭にを2杯、1キロを2杯、1キロ以下を2杯と好釣果

今シーズンは、これまでのスキルをブラッシュアップする方向で釣行に臨んでいるのが功を奏している感じです

ブラッシュアップの方法として、昨シーズンの秋からメインで使用するエギをチェンジ!

現在使用しているエギは、ヤマシタが8割、デュエルダイワ各1割、  

昨シーズン秋からキーストンを追加しました

そこに今シーズンより、こちらのエギを新たに追加しました!!

イメージ 1

鹿児島薩摩烏賊餌木『弾』ハンドメイドのエギです

大手メーカーのエギをメインに使っておりますが、キーストンのエギを使用し始めると、20年前に鹿児島へ転勤していたころに出会った、漁師餌木でのミズイカ釣りに嵌っていたころの思い出しました。
このころはまだ「エギング」と呼ばれていなかったなぁ〜

当時の餌木はまだ木製が主流で、生地の色も今ほどカラフルではなく、どちらかというと暗色系が多かった記憶があります。烏賊墨で真っ黒になったエギを使っている方が釣果が良かったこともありましたね。

いろいろ回想していたところ、そういえば釣り友のへっぽこフィッシャーマンさんが鹿児島のハンドメイド餌木を使われていたよね!と思い出しました。
早速検索しましたところ、タイミングよくオークションに出品されていましたので、ホームのフィールドに適したカラーを即購入!

先日無事に手元に届きました


第一印象は、生地が非常に綺麗で考えられていること。
無駄な装飾が無く、質実剛健でクオリティーも満足
餌木を触りながら焼酎が飲めました(笑)


次に、乾燥したした状態では実際に餌木を使った際の、下地の布の発色具合は分かりませんので、水道水にドボンさせてみるました。



イメージ 2

画像では違いがあまり分かりませんが、どれも下地の布が濃く発色しています
画像1番上の餌木『桜 舞』は、よりマーブル色が濃く発色しアピール度は大。
2番目『清 海』キスを模した下地の青布が上布の肌色縞と絶妙で、これまで見たこと無い独特な発色です。
3番目『潮 風』こちらは下地のマーブルが、清海と同じ上布の横縞が、アピール度を抑えており、絶妙な色合いです。

個人的にお気に入りカラーは真ん中の『清 海』ですね!
ホームの波止は防波堤とはいえ、シャローが広がるサーフですので
まさに、マッチ・ザ・ベイト!!
これから夏に向けて期待する餌木です!




あぁ〜〜〜〜

この餌木で

早くシャクリたいっ!!




ではまた!!




この記事に

開くトラックバック(0)

今朝は嫁と喧嘩している夢をみて、テンションしてたtetsuです

しっかし、かなり痛い夢でした。嫁からグーパンされてたもん

さてさて、今年もGWに突入し、福岡のエギングも賑わってきています。


土日は激戦必至と分かっていても・・・





やっぱり行ってしまいます!!(笑)

というわけで、本日もホームの波止へと行ってきました!

AM11:30に到着。

日曜日ということもあり、波止は釣りをする人でいっぱいです

車からタックルを取り出し準備していると、先行のエギンガーが戻ってきましたので、挨拶を交して釣果を伺うと、全然ダメとのこと。
波止を見てみると、まだ多くのエギンガーいましたのでプレッシャーも發修Δ任

とりあえず、波止先端まで歩いていきながら、周囲の状況を観察していきます


エギをキャストする前から戦いはすでに始まっているのだよ。(ΦωΦ)フフフ…


で、波止先端に到着すると、S級の釣り座が一つ空いていましたので、
左右のエギンガーに挨拶を交しまして、快く入れて頂けることになりました。

挨拶はお互いが気持ち良く釣りを楽しむためには 大切ですよね!


それでは、本日の状況です!
イメージ 1


天気:晴れ
風:南〜南南西 5〜7m/Sくらい
波高:0.5m 
潮:中潮
満潮時刻:11:30ごろ

今回は満潮から下げに入るタイミングでの釣行です。
潮の流れは↑写真の青ラインで、手前から沖へと流れて行く潮流です。
ぶっちゃけ、私が立っている場所では非常に釣りにくい潮流です

とりあえず、潮目が変わるの期待して待ちます。

30分ほど経った頃でしょうか、沖の潮目が変わりましてチャンス到来

イメージ 2
50メートルほど沖合を、沖から流れてくる潮です。
風は斜め後方から吹く追い風!!風も味方してくれます。
エギカラーをベイトに合わせてナチュラルに攻めます!
狙いは沖だけですので、波止手前20Mは無視してエギを回収し、沖合をテンポよく攻めます!

潮の流れに乗せる感じで中層をテンションフォールさせていると・・・




ドンっ!!




ぐいっ!!



ジイーーーーーーーーーーっ!!!


かなり沖合でノッタので、寄せるまで引きを楽しめます(笑)
イメージ 3
PM12:05  胴長25cm ♀(交接有) 1.1kg
エギ:ヤマシタエギ王Qライブ(クリアボディ・ネンブツダイ)


イメージ 5
今シーズン、キロUP3杯目をキャッチです




まだまだ、潮が流れていましたので、追加を目指してシャクっていると・・・








グンっ!!!( ゚Д゚)うおっ



ジイーーーーーーーーーっ!!!



先ほどと同じく、沖合でのヒットなので寄せきるまで実はヒヤヒヤもんです

そしてランディング寸前にハプニング発生!

なんと!烏賊が玉網の枠を外側から握り締めて、枠の中に入りません!

悩むこと10秒・・・

あ・・・玉網を反転させればイイじゃん♪


というわけで、無事ネットイン♪
イメージ 4
PM12:25 胴長27cm ♀でした 1.1kg
エギ:ヤマシタエギ王Qライブ(クリアボディ・ネンブツダイ)

イメージ 6
またまた、キロUPをキャッチ

もう今日はこれで十分満足ですので、早々に撤収することにしました

さて気になる波止先端での全体釣果はというと、3〜5名のエギンガーが居ましたが、キャッチしたのはなんと私だけ
マッチ・ザ・ベイトに合わせた結果の釣果です

実は波止先端に到着するまでに、サビキ釣りをしていた方の釣果を確認していました。
気になる釣果は全く無し。小鰺すら釣れていない状況でした。
しかし、海の中を覗くとネンブツダイがあちこちで群れているのが確認できました。
手持ちのエギに、ネンブツダイを模したカラーを持参していたので今回は勝負が速かったですね。
マッチ・ザ・ベイトの重要さを、再確認できた今回の釣行でした

でも、今回活躍したヤマシタのエギ、不人気カラーなのか絶版なのか分かりませんが、店頭に売ってないんですよねぇ



そうそう、今回のキーワードとなったマッチ・ザ・ベイト


夏シーズンのベイトに合わせて、とある餌木を購入しました!


分かる方にはバレバレかと思いますが・・・。


詳細は次回にて!!




では、また!!


〜タックル〜
ロッド:ダイワ・メエラルダスMX 89MH
リール:シマノ09セフィア
ライン:デュエル・アーマードF+Pro 0.6号
リーダー:フロロ2.5号
エギ:キーストン・エギシャープ、ヤマシタ・エギ王Qライブ



この記事に

開くトラックバック(0)

約2か月ぶりに散髪しまして、ダチョウの頭のようになっているtetsuです(笑)
イメージ 1
娘:とーちゃん、そっくりやん!!( *´艸`)


さてさて、本日もホームの波止へエギングに行ってきました!

イメージ 2
現地入りは14:30ごろです (写真は17:40ごろ)

天気:雨のち曇り
風:北東のち東 3m/Sくらい
波高:0.5m 
潮:大潮
干潮時刻:15:30ごろ

現地入りした時には、まだ雨が降っていたこともあり、エギンガーは私のみでした(笑)

場所は選び放題でしたが、前回と同じ場所を選択しました。

潮止まりとなる15:30頃には雨も上がり、同時に続々とエギンガーがやってきます(汗)

あっという間に波止先端は私を含む5名の激戦区に変貌です

上げ潮に変わり、潮の流れは上↑の写真の青線です。
波止先端正面、20m付近で沖から流れてくる左から右への潮流です。
この潮の流れに沿って烏賊が回遊してくるので、必然的に待ちの釣りになります。

16:30ごろでしょうか、隣のグループの方が立て続けに2杯をキャッチ!!
1杯は1キロ超えの良型
先を越されちゃいましたが、ここは集中!!

カウントダウンに集中し、テンションフォールさせます。
すると、フォール後の最初のシャクリで・・・


ドンっ!!

ぐいっ!ジイーーーーーっ!!

無難に寄せてランディング完了♪

イメージ 3

17:00 胴長25cm ♀(交接有)750g 
エギ:ヤマシタ・エギ王K 3.5号 イソスジエビ

まずまずの良型をゲットです


まだイイ感じで潮が流れているので、エギをローテーションしながら続けます。
すると、またまた隣のグループがヒット!(本日4杯目)
ヒット場所が私のエギが着水したすぐ横でしたので、これはひょっとしてと思い、フォールを長めにとると・・・


いきなり ぐいっ!!
即アワセでジイーーーっ!!






イメージ 4
17:45 胴長20cm ♂ 600g 
エギ:ヤマシタ・エギ王K 3.5号 イソスジエビ


これまた良型をキャッチ


これは連チャンモード突入か???と思われましたが、何事も無く終了。
18:00に納竿し帰宅しました。


今回は烏賊が散らばっているようで、ボトムで釣れたかと思うと、中層で釣れたりして、なかなか難しい釣行でした


次回釣行時ははれるといいなぁ〜


ではまたっ!!


〜タックル〜
ロッド:ダイワ・メエラルダスMX 89MH
リール:シマノ09セフィア
ライン:デュエル・アーマードF+Pro 0.6号
リーダー:フロロ2.5号
エギ:キーストン・エギシャープ、ヤマシタ・エギ王K、他



この記事に

開くトラックバック(0)

エギング連戦釣行で、両腕と股関節が筋肉痛のtetsuです

もう若くない証拠ですねぇ(苦笑)

さてさて、5月GW前になり、連日の春烏賊捕獲の釣果で賑わい出してきた福岡地区




この波に乗り遅れるわけにはいかない!!!

というわけで、4/24(月)まだ見ぬ春烏賊を求めてホームの波止へ行ってきました!

目覚まし時計は気合いのAM4:00に設定

まだ眠たさが残る中、ちゃちゃっと着替えて出撃です

車を運転しつつ波止を遠目から見ていると、ヘッドランプの光がちらほら見えます。

こりゃ、波止の先端には入れんかも。。。

駐車スペースに到着すると、すでにエギンガーと思われる車が5台



マジかぁ〜〜〜〜〜〜どんだけ早いんかい



とりあえずタックルを車から降ろし、波止先端へ。

はい。人いっぱいで、入れてもらえそうなスペースなんて空いていません

まだAM4:30なんですがっ!!(汗)



仕方ないので、防波堤でワンドとなっているB級ポイントに釣り座を確保。




エギ投げなきゃ烏賊は釣れない!!


潮目を見ながらシャクりますが、全くアタリ無し



エギをローテーションしながら時間だけが過ぎます。


AM7:00を過ぎたころから、波止先端のエギンガーが数名帰って(出社?)いきます。

とりあえず波止先端へ行くと、今日の潮回りではS級ポイントになるであろう釣り座が一つだけ空いていました

隣のエギンガーに挨拶して釣り座の確認をすると、隣に快く入れて頂けました
イメージ 5


すでに時計はAM7:30 
天気:晴れ
風:南東(微風)
波高:0.5m ほぼ凪
満潮時刻:AM8:30ごろ。



波止先端にはエギンガーが5名

平日といえど激戦です(汗)

こりゃ、ワンチャンス勝負だなと覚悟してエギング再開!!


プレッシャーが高いので、ボトム付近を丁寧に探っていきます。

ですが、全くアタリ無し。

潮は動いているものの、周りのエギンガーもアタリが無い様子。

釣れない時は、他のエギンガーのシャクリ方と使っているエギをチェックします

一通り観察を終え、エギング再開!

すると、先ほど快く入れて頂いた隣の方にヒット

1kg超え確実な、なかなかの良型です

お話しを伺うと、なんとこの激戦区で2杯目とのこと

直前に他のエギンガーの動きを観察していたので

この一杯で、本日の釣れるパターン確定のフラグが立ちました。

早速、シャクり方、カウントダウン数を変更し、エギをローテーションしていきます。


シャクった後、テンションフォールをさせながらカウントダウン。

カウントダウン後、シャクリを入れると





ゴンっ!!!


根がかり的な感触でしたが、間髪入れずアワセを入れ直すと・・・


ぐんっ!!

ジイーーーーーーーーーっ!!!


いきなりドラグが音を立ててラインが出ていきます


寄せては走られを数回繰り返し、慎重に寄せると確実に1kg越え良型が見えます

すると、隣の方がランディングをしてくれることとなり、無事にネットイン

イメージ 1

AM8:30 胴長30cm ♀(交接有) 1.58kg 
エギ:ヤマシタ・エギ王K 3.5号 ケイムラオレンジ

今シーズンの初キャッチが、なんと1.5kg超えの良型でした
イメージ 2

朝日も昇りきり、アタリも続かないのでAM9:30に納竿。

気持ち良〜〜〜〜く帰宅です。


帰宅後、タックルを整理したのち、部屋の掃除をして1時間ほど仮眠。

目が覚めた後、今朝のヒットパターンが気になっていたので、

午後から再出撃することに!(笑)


午後の潮時は下げ潮で、干潮14:30


得意な潮回り(笑)


13:30に到着


さすがにエギンガーはほとんどいません。


今朝がた、1.5kgをキャッチした場所も空いています


潮の動きも無く、釣れる気配も無いので焦らず時を待ちます。


15:00過ぎから潮が動き出したので、ここから集中!!

今朝と同じパターンで攻めますが、カウントダウンを潮位に合わせて修正します。

すると、今朝と全く同じパターンで


ガツンっ!!!

ぐんっ!!

ピタっ!? (・・? ハテナ??


ジイーーーーーーーーーーーッ!!!
(;゚Д゚)うぉっ!!


今朝よりも引きが強くてなかなか寄せれません(汗)


5分ほどして、ようやく寄せれましたが、ネットイン前に強烈なジェット噴射で抵抗されます

4〜5回抵抗された後、なんとか自力で無事ネットイン完了!!

イメージ 3

15:20 胴長32cm ♀(交接無し) 1.51kg
エギ:キーストン・エギシャープ(旧) 3.5号 金テープ 


イメージ 4
 
またまた、1.5kg超えの良型です
この位のサイズともなると、リーダー2.0号では安心できませんね
今回の釣行から2.5号に変えて正解でした

このあと16:00ごろまで頑張りましたが、アタリも無く、夕マズメ狙いのエギンガーが増えてきたので納竿しました。

とある一人のエギンガーから声を掛けられたので、話をしながら今日の釣果を伝えると、通ってはいるが今シーズンはまだキャッチできていないとのこと。

話しかけてくれたのも縁ですので、雑談しながら今日のヒットパターンのヒントを伝えると、今まで考えていなかったことだったようで、驚いていました




さぁ!シーズン開幕です!!




次戦もガンバリマス!!



ではまた!!


〜タックル〜
ロッド:ダイワ・メエラルダスMX 89MH
リール:シマノ09セフィア
ライン:デュエル・アーマードF+Pro 0.6号
リーダー:フロロ2.5号
エギ:キーストン・エギシャープ、ヤマシタ・エギ王K、他



この記事に

開くトラックバック(0)

春のエギングシーズン開幕で、ブログ更新率大幅UPのtetsuです(笑)

さてさて、平日休暇を利用し、本日もホームへ出撃してきました!

AM9:30頃に到着です。


それでは今回の状況です!

イメージ 1

天気:曇
波高:1メートル
波周期:5〜7メートル位で時折ウネリあり
風:南南東のち北北西 5m/S位
潮:小潮 干潮:11:20頃   満潮:17:15頃
釣行時間:9:00〜14:30 

朝から曇天は、超苦手な状況です

波止を一通り観察すると、火曜日には全く無かった墨跡があちらこちらにあります!
前日は風は強かったですが、週末からの時化たあとの晴天でしたので、烏賊の活性も上がっているだろうなぁ〜と、お仕事しながら想像していたら、その通りでした(笑)

しかしながら今日は朝から曇天で太陽が顔を出すような気配もありません

波止先端の潮通りが良いA級の場所が確保できましたので、烏賊の回遊待ちとなりますがここで頑張ることにしました。

まずは表層から徐々にボトムまで探っていきますが、全くアタリ無し

潮止まり前後で一気に潮が動き出しましたので、ここは集中!!






。。。。。





。。。。




。。。





沈黙タイム継続








俺、修行の時間(;´∀`)







ゴールデンタイムも終了し・・・









ノーバイト・ノーキャッチの
パーフェクトゲーム達成!!
(ノД`)・゜・。



あ、同じ先端で釣られていた方が1kg前後の良型をキャッチされていましたよ。
周囲ののエギンガーの様子を見ながらの釣行していましたので、ヒットした時の状況を振り返るとたまたま回遊してきた烏賊がドンっ!と交通事故的なヒットでした。
私が納竿するまでのキャッチは、波止全体でその1杯のみだったようです。

いやぁ〜〜、今日も凄く難しい一日でした。


また懲りずに頑張りますっ!!




では、また!!




〜タックル〜
ロッド:ダイワ・メエラルダスMX 89MH
リール:シマノ09セフィア
ライン:デュエル・アーマードF+Pro 0.6号
エギ:キーストン・エギシャープ、他


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事