ブログ作家 東村田 昭 の備忘録

もう71歳、気力も体力も落ち込み、日々そこはかとなく過ごすだけ

全体表示

[ リスト ]

妻の母のお兄さんの奥さん、叔母さんというらしい、が明日をも知れないという連絡が

妻の母親にあり、母親が慈泉堂病院へ見舞いに連れて行って欲しいという連絡があった。

電話でごちゃごちゃ話していたので、また仕事の話かと思っていたが、違った。

要らぬことを言わなくてよかった。

ここからが認識が違う。

私は、そういう連絡があったのだから、危篤。今晩にでも行ったらどうだというが、

妻は明日の8時に出発するという。両親の意向+夜行きたくないし、従姉妹は家に帰って

いるので、危篤ではないだろうという。

92歳で、もう何年も入院しているのだから、医者任せなのではないかと言うが、従姉妹も

冷静だったという。

92歳の親が死ぬ時って冷静だと思うのだが、余り行け行けというのも、何なんで止めた。

明日は帰って来れないぞというと、午後から仕事なので帰って来るという。

両親はどうするのかと聞くと、万一の時は、電車でという。

82歳だったかと思うが、冷たいものだ。

妹に電話しているが、通じない。

ソフトバンクの携帯なのだが、保障期間1ケ月過ぎで故障、多分、修理に出しているのだろう。

自宅に電話するが出ない、当然だろう、塾で仕事中なのだろう。

黙って、見ているだけにした。

私の被害は、明日の昼食は自分で用意して食べてという事、小さいがめんどくさい。

田舎の名門なので葬儀に行って見たいが、興味が過ぎるかな!?。

嫁入り道具に持って来た衣装、紋は実家の紋、オカシイだろうと責めたのが原因かどうか、

妻の葬式用の和装姿をまだ見た事がないので、見てみたいのだが、不謹慎かな〜。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事