魚増ブログ

_さかなを増やしたいなら、放流の前にすべきことがあるはず・・・よりよい魚類増殖を日々探求中

全体表示

[ リスト ]

魚類(だけではないでしょうけれど)研究では,しばしばエタノール(エチルアルコール)を使います。DNA分析用の筋肉片などは99%エタノールで固定・保存しますし,魚体の標本にしても,ホルマリンで固定した後は70%のエタノールで保存することが多いです。
 
そういうとき,保存容器などにもデータ(種名,採集日,場所,標本番号など)を書いておきたいのは人情というもの。
しかし,エタノールはかなりの確率でマーカー類を溶かして消してしまいます。何かの拍子で書いた所にエタノールがかかったら(こぼれるとか,標本を触った手で触るとか),消えてしまって非常にストレスフルでした。
 
また,魚の学術標本には1個体ごとに標本タグを付けて管理する事が多いのですが,これもプリンターのトナーなどは皆エタノールでは溶けてしまってだめです(一部の特殊な専用品を除く)。ものの本などでは,数字についてはナンバリング,頭に付ける英字(所属や標本の種類を示す肩書き)についてはスタンプを使って布に印字し,それをコロジオンでコーティングして作る,というの一般的です。
 
ただ,これもいざ自分で作るとなると,「本当に消えないか?(ある程度時間が経っても)」と心配になります。そこで,各種インク等について,実験をしてみました。
 
■マーカー編
 そもそものきっかけは,2012年3月にゼブラからマッキープロ特殊用途DXというすごい名前のマーカーが発売され,その商品仕様に「耐アルコール性」と書いてあったことに始まります。元々耐アルコールのマーカーも研究者向けの専用品としてあるにはある(例えばこれ)のですが,以前使ったものは,書き心地は悪いし,高いしすぐ詰まって書けなくなるという,自分で買いたいとは思えないものでした。今は改善されているのかもしれませんが・・・。
 それが,ゼブラからマッキーシリーズとして発売され,しかも金額もかなりリーズナブルとなれば,いろいろ期待してしまいます。
・・・・・・但し,近所を探したものの,見つけられなかったため,現在通販で納品待ちです。実際にどれくらいの耐性があるのかは,届いてからの後編をこうご期待,です。
 
ちなみに,耐性があると言われている「油性顔料系」のインクを使用している,三菱鉛筆の「なまえペン・パワフルネーム」では,70%エタノールでは薄く残りましたが,99%ではきれいに消えてしまいました。
 
イメージ 1イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左から実験前,70%,99%エタノールで拭いたところです。(100%と書いてあるのは,99%と同義と思ってください(^^;)
普通の水性や染料系マーカーよりは強いですが,まだまだ及第点とは言えないですね。(ただ,普通のよりはずっとマシなので,これからは普通用途のやつはこれにしようかな,と思いました)
マッキー「プロ」「特殊用途」「DX」の到着が待ち遠しいです。
 
■スタンプ編
標本タグについては,一応事前チェックをして,大丈夫そうだった「LION スタンプ台No.13」を使おうかと思っていました。しかし,これは水性染料系インク・・・。布に押して乾かして,それを99%エタノールに浸しておいても大丈夫なのですが,何故かコロジオンを塗って完成品にした後,若干溶け出すような気がしてなりません。
 
このLIONのスタンプ台No.13と,油性顔料系インクである「強着スタンプ台タート(多目的用)」で比較してみました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上がタート(油性顔料系),下がLIONNo.13(水性染料系)です。
このように布に印字し,1日以上乾燥させた後で,テストは厳しめの条件で,ということで99%エタノール中に浸してみました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約1時間後の写真。どちらも全然大丈夫そうです。
その後数時間経ちましたが,変化無しです。やっぱり水性染料系でも大丈夫??
 
とりあえず,しばらくこれで様子を見ようと思います。
コロジオン犯人説については,これを作ってから思いついたので,また別の機会に検証してみたいと思います。
どうしてもためな場合,「ナンバリングの補充インクをゴム印に塗って押したらダメなのか?」とかも検討中です。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事