魚増ブログ

_さかなを増やしたいなら、放流の前にすべきことがあるはず・・・よりよい魚類増殖を日々探求中

全体表示

[ リスト ]

私の初めての編著書籍(もちろん単独ではありません)が出版されます。
まだ出版社HP等にも情報は出ていないのですが,出版社の担当者から各種MLに割引案内が流れているとのことなので,もう解禁なのでしょう。
筆頭編集者で,実際に編集作業の大部分をやってくださった岐阜大学の向井さんのブログでも紹介されています。
と言う事で私も大々的に紹介させていただきますね。
 
イメージ 1
【書 名】叢書・イクチオロギアー3 見えない脅威"国内外来魚"ーどう守る地域の生物多様性
【編 者】日本魚類学会自然保護委員会編
【責任編集】向井貴彦・鬼倉徳雄・淀 太我・瀬能 宏
【体 裁】A5判 268頁  並製
【定 価】3360円(税込)
【発 行】東海大学出版会 http://www.press.tokai.ac.jp
【発売日】2013年7月10日
・発送は7月10日以降になります
【ISBN】ISBN978-4-486-01980-0
【内 容】
 ふるさとの自然を守るためには何をすればいいのか. これまで見過ごされがちであった日本産魚類が日本国内で外来魚として引き起こしている問題点をまとめ,真の生物多様性保全への道を拓く
【目 次】
第Ⅰ部 「国内外来魚問題」  
   第1章 国内外来魚とは何か
第Ⅱ部 国内外来魚による生態系・群集の変化 
   第2章 有明海沿岸域のクリーク地帯における国内外来魚の分布パターン
   第3章 湖沼におけるコイの水質や生物群集に与える生態的影響
   第4章 シナイモツゴからモツゴへ─非対称な交雑と種の置き換わり
   第5章 タナゴ類における遺伝子浸透─見えない外来種─
   第6章 琵琶湖から関東の河川へのオイカワの定着
   第7章 大和川水系で認められたヒメダカによる遺伝的撹乱
第Ⅲ部 国内外来魚拡散の要因と対策
   第8章 琵琶湖水系のイワナの保全と利用に向けて
   第9章 国内外来魚の分布予測モデル
   第10章 日本の水産業における海産魚介類の移殖放流
   第11章 鑑賞魚店における日本産淡水魚類の販売状況と課題
   第12章 外来魚問題への法令による対応:特に国内外来魚問題に対して
第Ⅳ部 保全放流と国内外来魚問題:より良い保全活動のために 
   第13章 奈良県におけるニッポンバラタナゴの保全的導入
   第14章 岐阜県におけるウシモツゴ再導入の成功と失敗
付録:生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン(放流ガイドライン, 2005)
 用語解説
 
数年前から著者の皆さんにご迷惑をかけっぱなしにしていたので,ようやく肩の荷が下ります。内容については,かなり自信を持ってお勧め出来ます。本来「国内」外来魚(生物)なんてへんてこな言葉をわざわざ使う必要のない社会であって欲しいのですが,この本はそんな社会になるための第一歩として,あえての「国内外来魚」です。
一般の方でも簡単に読めてフムフムなるほどという章もあれば,少々専門知識がないと読みこなすのは難しい章もありますが,自然や生き物に,特に川や池や海の生物の現状に興味・関心のある方には広く手にとっていただきたいと思っています。
先日のサイエンスZERO「絶滅の危機!日本のコイ」を視て関心を持った方も是非。
 
遠いどこかの国の他人事ではなく,遠い過去の過ちの話でもなく,今,現在進行形で,皆さんのすぐ側で起きている「え〜っ!」がつまった14章。コラムや用語解説もきっと役に立ててもらえると思います。
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事