魚増ブログ

_さかなを増やしたいなら、放流の前にすべきことがあるはず・・・よりよい魚類増殖を日々探求中

全体表示

[ リスト ]

告知系のエントリーが多くてすいません。
2013年度の日本魚類学会市民公開講座の案内がウェブ上に掲載されましたので,ご案内します。
今年は例年(7月)より少し遅めの8月31日(土)です。
 
私はこのブログ等でつねづね安易な放流に問題を提起して来ましたが(来たつもりですが),この市民公開講座は,安易な放流に問題があることを充分にふまえた上で,保全のための放流について深く議論が交わされるはずです。逆に言えば,放流するならこれくらいまでは考えた上でないと・・・という基準が紹介されると言えるかも知れません。
 
予習として,日本魚類学会の「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン (2005年)」を読んでから参加していただけると話が分かりやすいと思います。
 
■日本魚類学会 市民公開講座
 希少魚の保全と放流:本当に魚を守り,増やすには 
 ※掲載情報が後日追加や修正されるかもしれませんので,魚類学会の当該ページへリンクを貼っておきます。以下,2013年6月22日時点での情報です。
 
開催日時: 2013年8月31日(土) 13:00〜17:30
開催場所: 京都大学理学研究科セミナーハウス(京都市左京区北白川追分町)
アクセス: 京都駅から京都市バス206系統(百万遍),17系統(京大農学部前)
 京阪出町柳駅から徒歩約20分
 (http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent9/index.php?id=1
参加費: 無料
主催: 日本魚類学会

            <プログラム>
第一部 講演
  保全手法としての放流  渡辺勝敏(京都大学)

第二部 放流手法を用いた魚類の積極的保全:事例報告
 イトウ:進化的意味を有する単位を考慮した再導入と事後モニタリング 
        江戸謙顕(文化庁)
 ミヤコタナゴ:野生個体群を長期的に存続させるために―繁殖補助と生息環境の創出
        綱川孝俊・久保田仁志(栃木県水産試験場)
 ヒナモロコ:行政,市民,研究者の連携による保全と再導入
        小早川みどり(日本魚類学会自然保護委員会)
 イタセンパラ:生息地再生と野生復帰プロジェクト
        上原一彦(水生生物センター)
 野生復帰を目指した域外保全:水族館の役割と限界
        池谷幸樹(アクア・トトぎふ)

第三部 パネルディスカッション ― 希少魚類の積極的保全に向けて
 ・コーディネーター:森 誠一(岐阜経済大学)
 ・パネリスト:北島淳也(東海タナゴ研究会)
  池谷幸樹(アクア・トトぎふ)
  上原一彦(水生生物センター)
  渡辺勝敏(京都大学)
 
問い合わせ先:  渡辺勝敏
 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻
 電話/FAX:075-753-4079
 電子メール:watanak@terra.zool.kyoto-u.ac.jp

 

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事