魚増ブログ

_さかなを増やしたいなら、放流の前にすべきことがあるはず・・・よりよい魚類増殖を日々探求中

全体表示

[ リスト ]

1940年頃に絶滅したと考えられていたサケ科の淡水魚「クニマス」が,山梨県の西湖(富士五湖のひとつ)で生き残っていた,というニュース。昨夕テレビニュースで報じられて(という知らせをツイッターで入手して)びっくりしました。
 
今日になると,各種新聞やテレビなどでも一斉に報じられました。
 
■クニマス絶滅してなかった! 生息確認、さかなクン一役(2010.12.15 asahi.com)
■“絶滅”のクニマス 生息確認(2010.12.15 NHKニュース)
■絶滅種クニマス、70年ぶり確認=秋田・田沢湖の固有種、山梨・西湖で−京大教授ら(2010.12.15 時事通信)
■クニマス:70年ぶり「生息」確認 さかなクン持ち込む(2010.12.15 毎日新聞)
■絶滅・クニマス、西湖にいた…さかなクン大発見(2010.12.15 読売新聞)
などなど・・・
 
メディアによってさかなクンが主役になっていたり,一切出てこなかったりするのが面白いですね。
 
さて,クニマスは秋田県田沢湖にのみ生息するとされていましたが,水力発電のため,1940年に田沢湖に酸性水の玉川の水を導入したために絶滅したと考えられてきました。その後永らく,学術標本や写真などもなく,文章や伝承などが残るのみで,実際にどんな魚だったのか分からない本当の「幻の魚」でした。
 
田沢湖のクニマス個体群は,まず間違いなく酸性水の影響で絶滅してしまったと思われますが,その前に西湖に移殖されていたものが,生き残っていたとの事です。現地の漁業者の方などは以前から「クロマス」といって類似するヒメマスと呼び分けていたとの事ですが,それがまさか絶滅種だとは誰も思わなかったのでしょうね。
クニマスは絶滅以前に西湖や本栖湖,琵琶湖をはじめ各地に移殖された記録があるため,秋田県田沢湖町観光協会が1995-1997年に懸賞金をかけてクニマスの生き残りを捜しましたが,西湖からの標本もヒメマスだったとの事で,結局見つかりませんでした。
 
さて,前述の通りクニマスは,ヒメマス(Oncorhynchus nerka nerka)に近縁と考えられ,学名もヒメマスと亜種関係のOncorhynchus nerka kawamuraeとされていますが,別種であるとの見方もあり,今回の発見で,分類学的な研究も進むと思います。
ちなみに,よく「ヒメマスの分布域は北海道までで,遠く離れた田沢湖に亜種がいるのはおかしい」から別種ではないかとの記述が見られますが,本来亜種とは互いに交流できないほど地理的に隔離された両者間で,形態的に識別可能な一群のことですから,分布域が大きく離れていることはむしろ別種でなく亜種を示唆するものという気もします。
田沢湖にヒメマスが移殖されたこともあり,西湖にもヒメマスが放流されていますから,両者が交雑しているかどうか,で「別種か亜種か」論にも終止符が打たれるかも知れません。
もし亜種関係で,交雑するとしたら,生き残っているのは純粋なクニマスではなくその遺伝子を受け継いだ交雑個体に過ぎないかも知れず,それ以前に田沢湖にヒメマスを移植した時点でクニマスは絶滅したと言って良いのかも知れません。きっと調査が行われるでしょうから,興味深く結果を待ちたいと思います。
 
 
「クニマスが生き残っていたことが発見された」こと自体はとても喜ばしい事だと思いますが,喜んでばかりもいられません。それは今後クニマスをどう扱っていくか,です。
 
クニマスが田沢湖の固有種であったとすれば,現在生き残っているクニマスは,西湖における外来種(国内外来種)ということになります。これを是とするのか否か。
これは生態系保全や生物多様性を考えていくうえで,とても複雑で重要な課題です。
クニマス自身だけでなく,他の絶滅危惧種についても,本来の生息地以外の場所に放して絶滅を回避しようという動きもあります。これが絶対に悪というわけではありませんが,西湖のクニマスがあまりに手放しで賛美され続けると,「絶滅危惧種はどんどん他の場所に移殖して絶滅リスクを減らそう。クニマスだってそれで助かったんだから」となりかねません。
その移殖行為によって,移殖先の生物に悪影響がでる事も当然あり得ます。絶滅危惧種や希少種の保護は,ついつい「対象種を守ること,存続させること」のみに関心がいってしまいますが,本来それらを保護するのは,生物多様性の保全のためであり,そのためには絶滅危惧種だけでなく,その地域を構成するあらゆる生物のありようを守っていくことが必要なはずです。
今回のクニマス発見騒動が,諸々の生物の安易な移殖保全活動に繋がらないことを願っています。
 
もう一つは(関連するのですが),クニマスはあくまで絶滅した種である事を,忘れてはならない,ということです。我々は,水力発電という完全に人間側の都合で,人為的に田沢湖に強酸性の水(=毒)を導入し,半ば意図的に(確信犯的に)クニマスを絶滅させたのです。
今回の発見を受けて,環境省のレッドリストでも評価(絶滅種)が見直されると思いますが,私は「野生絶滅」にすべきでだと思います。西湖という天然水域に定着はしていますが,彼らは本来の生息地においては絶滅させられたのですから。
これについては,国際的な定義があるのでしょうから,どうしようもないかも知れませんが,「別の場所で生き残ってさえいれば,問題ない」とはなってほしくありません。
 
生物多様性国際条約に批准し,生物多様性国家戦略に則って生活する我々は,希少種などを単に「珍しいから珍重しよう。絶滅しないようにしよう」ではなく,生物多様性保全のシンボルとして捉えるべきで,希少種や絶滅危惧種が存続できるような状態を維持する事によって,その地域の生物多様性や生態系を健全な状態に維持していこうとすることこそが大切と思います。
 
クニマスが今後,特別天然記念物や種の保存法対象種となっていくのか,西湖での漁業をどうしていくのか,田沢湖への里帰りなども行うのか,など,おそらく怒濤のごとく動きがあると思います。うまく舵取りをしないと,大混乱になりかねません。発表する側は当然そのような予想は立てていると思われますので,ある程度の根回しはできているものと思いますが(発見が3月で発表が12月と9ヶ月の空白期間がありますし),これからしばらくは私の身の回り(魚類学会や,学会の自然保護委員会等)も騒がしい日々が続くかも知れません・・・
 
最後に,マスコミへのフォローですが,小倉智昭氏が「とくダネ!」やブログでクニマスのことを取り上げられ,「田沢湖にとって国内外来種」と発言されていますが,「西湖では国内外来種」の間違いでしょう。また,「西湖のクロマスを田沢湖に持って行ったらクニマスにならないのか」とも書かれていますが,それはなるでしょうね。前述の通り,ヒメマスとの交雑が起こっていないとするならば,ですが。(ブログ中では交雑は起こっていなかった,と書かれているので条件をクリアしていますが,その根拠を確認できなかったので,中立的に書いています)
さらに「現在では強酸性水は中和処理をされているので,ウグイが住めるようになっている」とも書かれていますが,「強酸性になった時代には,エゾウグイしか住めなかったが,近年は中和処理がされているのでコイなども住めるようになっている」の誤りではないでしょうか?(私の見解は環境省レッドデータブックの記述より)
■小倉智昭公式ブロク
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんばんは。

ニックネームで思い出してください。
お久しぶりです。


奈良の大学は、ビッグニュースに、
大盛り上がりでした!

今後、富士五湖の外来種問題が再燃しそうですね。。

2010/12/16(木) 午後 11:55 [ かつお ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
興味深く読ませていただきました。

ところで、最後に取り上げられている小倉智昭氏のブログの記述の国内外来種の件は、「今後、西湖のクロマスを田沢湖に里帰りをさせたとしても、田沢湖にとって国内外来種となるのでは」という意味にも受け取れました(ちょっと記述が曖昧でどちらとも取れるのですが)。
だとすると、今回のことから安易に里帰りという話しに持って行ってよいものか、深く考えさせられます。

個人的には、ぜひともクニマスとして田沢湖に里帰りさせて欲しいですし、もちろん田沢湖の水質復元に向けた努力は再びクニマスが住めるレベルになるまで継続していかなければならないものと思いますが。

2010/12/17(金) 午前 0:11 [ acke ] 返信する

顔アイコン

かつおさま
あれ?かつおってニックネームだっけ?というお決まりはおいておいて・・・
お久しぶりです。また遊びに来てください。
うちでは「クニマスってなんなんですか?」というのがほとんどと言う所が悲しいです・・・

ackeさん
はじめまして。ブログご訪問ありがとうございます。
田沢湖への里帰りについては,慎重に検討しないといけないですが,いわゆる「国内外来種」にはあたらないと思います。
COP10等のおかげで,国内外来種という用語が一般的に広まるのは嬉しいですが,その概念がずれて行ってしまうことは良くあり,また困りますので,見つけたら適宜掲載していこうと思っています。
抗議ではなく,フォローのつもりです。

2010/12/17(金) 午前 9:41 [ 淀 太我 ] 返信する

顔アイコン

・かつおさま
・ackeさん
と敬称が異なる事に,他意はありません。
悪しからずご容赦ください。

2010/12/17(金) 午前 9:43 [ 淀 太我 ] 返信する

はじめましてこんにちは。
今回、クニマスで検索をかけコチラにお邪魔いたしました。
記事も大変興味深く読ませて頂きました。
これから弊害や問題が起こらない事を祈るばかりです。
あと、失礼ながらこれからも覗かせて頂きたくお気に入り登録させて頂きましたので事後報告ですが宜しくお願い致します。

2010/12/17(金) 午後 0:46 [ サマオレ ] 返信する

顔アイコン

サマオレさん
ご丁寧にありがとうございます。
今後もぼちぼちと更新しますので,ごひいきのほどお願いします。

2010/12/19(日) 午後 5:18 [ 淀 太我 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事