魚増ブログ

_さかなを増やしたいなら、放流の前にすべきことがあるはず・・・よりよい魚類増殖を日々探求中

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

告知系のエントリーが多くてすいません。
2013年度の日本魚類学会市民公開講座の案内がウェブ上に掲載されましたので,ご案内します。
今年は例年(7月)より少し遅めの8月31日(土)です。
 
私はこのブログ等でつねづね安易な放流に問題を提起して来ましたが(来たつもりですが),この市民公開講座は,安易な放流に問題があることを充分にふまえた上で,保全のための放流について深く議論が交わされるはずです。逆に言えば,放流するならこれくらいまでは考えた上でないと・・・という基準が紹介されると言えるかも知れません。
 
予習として,日本魚類学会の「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン (2005年)」を読んでから参加していただけると話が分かりやすいと思います。
 
■日本魚類学会 市民公開講座
 希少魚の保全と放流:本当に魚を守り,増やすには 
 ※掲載情報が後日追加や修正されるかもしれませんので,魚類学会の当該ページへリンクを貼っておきます。以下,2013年6月22日時点での情報です。
 
開催日時: 2013年8月31日(土) 13:00〜17:30
開催場所: 京都大学理学研究科セミナーハウス(京都市左京区北白川追分町)
アクセス: 京都駅から京都市バス206系統(百万遍),17系統(京大農学部前)
 京阪出町柳駅から徒歩約20分
 (http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent9/index.php?id=1
参加費: 無料
主催: 日本魚類学会

            <プログラム>
第一部 講演
  保全手法としての放流  渡辺勝敏(京都大学)

第二部 放流手法を用いた魚類の積極的保全:事例報告
 イトウ:進化的意味を有する単位を考慮した再導入と事後モニタリング 
        江戸謙顕(文化庁)
 ミヤコタナゴ:野生個体群を長期的に存続させるために―繁殖補助と生息環境の創出
        綱川孝俊・久保田仁志(栃木県水産試験場)
 ヒナモロコ:行政,市民,研究者の連携による保全と再導入
        小早川みどり(日本魚類学会自然保護委員会)
 イタセンパラ:生息地再生と野生復帰プロジェクト
        上原一彦(水生生物センター)
 野生復帰を目指した域外保全:水族館の役割と限界
        池谷幸樹(アクア・トトぎふ)

第三部 パネルディスカッション ― 希少魚類の積極的保全に向けて
 ・コーディネーター:森 誠一(岐阜経済大学)
 ・パネリスト:北島淳也(東海タナゴ研究会)
  池谷幸樹(アクア・トトぎふ)
  上原一彦(水生生物センター)
  渡辺勝敏(京都大学)
 
問い合わせ先:  渡辺勝敏
 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻
 電話/FAX:075-753-4079
 電子メール:watanak@terra.zool.kyoto-u.ac.jp

 

開く トラックバック(1)

日本魚類学会では,来たる2012年7月14日(土)に,山梨県総合教育センターにて市民公開講座「クニマス−生物学的実態解明とその保全を考える」を行います。
是非とも多くの方々にご参加いただければ幸いです。
 


日本魚類学会2012年度市民公開講座
   「クニマス−生物学的実態解明とその保全を考える」
日時:2012年7月14日 13:00〜17:30
場所:山梨県総合教育センター
参加費:無料 (任意の要旨集は500円にて販売いたします)
主催:日本魚類学会
詳細はこちら(下記のポスターのPDFファイルもあります):
 
 
イメージ 1
 
 
■三重大,エコ全国1位(2010.11.06 読売新聞)
NGO「エコ・リーグ(全国青年環境連盟)」(東京)が各大学の環境担当者にアンケートし、「二酸化炭素の排出量」「学生への環境教育」などへの取り組みを1000点満点で点数化して順位付けした結果,三重大学が昨年度の4位から1位になった,という記事。
 
奇しくも,別エントリで話題にした「CO2削減とエコ」が同一視(少なくとも密接な関係があると認識)された例ですが,これはまぁ素直に受け取っておきましょう。
 
これを機に,「CO2削減」以外の面でのエコにも取り組んでいってもらえればと思います。
 
関連記事
 
2010年11月6日(土)に,三重大学生物資源学部のミニオープンキャンパスが開催されます。
 
私は広報委員のイベント部会員なので,もろに担当者です。
 
数年前から,大学祭にあわせて開催している企画です。受験を考えている人,高校で文系理系の選択に迷っている人,そもそも大学ってどんなところ?と思っている人,是非お立ち寄りください。
 
要望は多いものの,夏のオープンキャンパスではなかなか実施できない「模擬実験」も行います。
今年は「産業ロボットの操作体験」です。
ロボットアームの操作を体験してみましょう!
 
 
10月23日(土)に開催される,シナイモツゴ郷の会主催の共同シンポジウム「水辺の自然再生−よみがえる魚たち」で,第2部の基調講演をさせていただきます。
 
情報交換会(懇親会?)やオプショナルツアー以外は,飛び入りでも大丈夫のようです。
お近く(宮城県北部です)の方がおられましたら是非ご検討ください。
 
 
   共同シンポジウム
          水辺の自然再生−よみがえる魚たち
主 催:NPO法人シナイモツゴ郷の会、
     全国ブラックバス防除市民ネットワーク、伊豆沼・内沼ドジョウ・ナマズ研究会
後 援:大崎市、大崎市教育委員会、みどりの農業協同組合、NPO法人農村地域づくり
     公益財団法人大阪コミュニティ財団(東洋ゴムグループ環境保護基金)
     (COP−10パートナーシップ事業)
場 所:宮城誠真短期大学 (宮城県大崎市古川福沼1丁目27-2)
期 日:2010年10月23日(土) 9:30〜17:30
                       次  第
開  会
   
挨拶と趣旨説明
         二宮 景喜(NPO法人シナイモツゴ郷の会理事長)
第1部 自然再生活動と環境保全米(9:30〜11:00)
基調講演 
    ラムサール条約湿地「蕪栗沼・周辺水田」地域での取り組み  30分
     環境保全型農業と保全米生産の戦略と実践
        西澤 誠弘(伸萌(しんぽう)ふゆみずたんぼ生産組合)
取り組み事例紹介
 (1)滋賀県高島市「たかしま生きもの田んぼ米」  15分
     有機農法の実践と田んぼの生きものを保全する取り組み
        梅村 元成(たかしま有機農法研究会)
 
 (2)大崎市鹿島台「かしまだいシナイモツゴ郷の米(さとのまい)」  15分
     シナイモツゴの保護と環境保全米
        吉田 千代志(かしまだいシナイモツゴ郷の米つくり手の会)

自由討論  30分
 

特別企画
 ①  試食と生き物環境保全米の意見交換会:10月23日12:30〜13:30 参加費無料
     かしまだいシナイモツゴ郷の米おにぎり、かしまだい品井沼ヒシご飯
       宮城野ポーク軟骨スープ、など
                  【協力】大崎市食生活改善推進員連絡協議会鹿島台会
 
 ② 情報交換会: 10月23日18:30〜 「海山」 大崎市古川台町4-43 会費4,000円
 ③ オプショナルツアー「雁の飛び立ちと水田魚道見学会」:10月24日(日)早朝
 (特別企画②と③はいずれも参加申し込みが必要、参加費あり、開催要領参照)
 

第2部  水辺の自然再生活動でよみがえる魚たち(11:00〜17:30)
 基調講演  11:00〜12:30
  生物多様性の保全−現状、なぜ、どのように
    種多様性をまもるために                
            淀 大我(三重大学) 
    遺伝的多様性をまもるために
            池田 実(東北大学)
 パネルデスカッション
    座長  小林 光(全国ブラックバス防除市民ネットワーク)
  
 話題提供1 在来魚復元の取り組み  13:30〜15:00
  ①田園・里山における取り組み 
    ・住民がまもる里山のゼニタナゴ
               根子 英郎(矢沢地域自然保護を考える会)
    ・水族館の淡水魚保全の取り組み
               倉石 信(ふくしま海洋科学館)
  ②河川・都市近郊における取り組み
    ・釧路湿原のイトウをまもる
               針生 勤(釧路博物館)
    ・光が丘公園(東京)の自然再生  
               林 真帆(生態工房)
  ③新しい復元技術の開発 
    ・ふ化稚魚飼育のためのプランクトン簡単培養
               久保田 龍二(NPO法人シナイモツゴ郷の会)
    ・性フェロモンを利用した外来魚防除の新技術
               藤本 泰文(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)
  
 話題提供2 よみがえる魚たち  15:15〜16:30
  ①市民・農民連携で増えたシナイモツゴ生息池
       高橋 清孝(NPO法人シナイモツゴ郷の会)
  ②水田魚道で復元したドジョウ水田
       三塚 牧夫(伊豆沼・内沼ドジョウ・ナマズ研究会)
  ③下水道整備などで川の水質が向上、広がるカジカ生息場
       遊佐 和洋、縄田 暁(宮城内水試)
  ④伊豆沼にメダカがもどった!
       進東 健太郎(伊豆沼・内沼環境保全財団)

総合討論  16:30〜17:30

閉会挨拶  門間 忠良(NPO法人シナイモツゴ郷の会)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事