山野草 勝手に花言葉

北部九州に咲く山野草についての花言葉を考えてみました。徒然なる、山行記、神社仏閣、名所巡りもご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

今日の天気予報は雨。午後から、晴はしないが、何とか雨は上がった模様なので、ちょっと散歩に出かけました。今年は、まだ、天拝山歴史自然公園のセリバオウレンにも挨拶してなかったので、ついでにご挨拶を・・・

武蔵寺 ついでに セリバオウレン

武蔵寺

イメージ 1
創建については不明な部分が多い寺院ですが、飛鳥時代、初代大宰帥 蘇我日向臣身刺の手で建立されたとも伝えられている、九州最古の名刹で、本尊は椿の大木による薬師如来立像だそうです。

イメージ 2
武蔵寺に伝わる縁起によると、藤原鎌足の子孫で壬申の乱に功績があった藤原虎麿 (初代大宰師蘇我日向臣身刺の建立、伝教大師の開山ともいわれてます。

イメージ 3
「今昔物語集」や「梁塵秘抄」などに記述があることからして、少なくとも、平安時代後期には隆盛を誇っていたのでしょう。

イメージ 4
大木 (御神木?お寺さんだから違うかな?)  御池

イメージ 5
武蔵寺  本堂

イメージ 22
鐘の上に、狛犬の彫刻?

イメージ 23
狛犬だよね・・・

イメージ 24
お寺さんに狛犬・・・? ただの装飾かな? まぁ、いいけど・・・

イメージ 6

本堂手前に、沈丁花

イメージ 7
紅白あって、縁起がよさそうな沈丁花

本堂の右手前には、長者の藤があります。5月になるとこんな感じです。
イメージ 8
藤原虎麿が、「堂塔の盛衰は、この藤の栄枯にあらん」と誓って植えた「長者の藤」があり、樹齢は700年以上とされています。この藤は、武蔵寺の歴史を伝える貴重な樹木であることから、天然記念物に指定されました。
イメージ 9
5月が待ち遠しい・・・

イメージ 10

また、藤原虎麿の一人娘の瑠璃子姫が流行病にかかったとき、武蔵寺の薬師如来のお告げにより発見された温泉に留璃子姫を入浴させると、たちまち病気が治ってしまったそうで、これが二日市温泉のはじまりだということです。
二日市温泉の歴史は古く、孝徳天皇御世白雉四年飛鳥時代の発見で、以前は武蔵温泉と言い、吹田の湯・薬師の湯・西府の湯など時代と共に名称が変わっています。

武蔵寺に隣り合わせて、「紫藤の瀧」と「御自作天満宮」があります。
イメージ 11

柴藤の滝


イメージ 12
「天神さま」で知られる太宰府に左遷された菅原道真が、自分の無実を天に訴えるため、百余日間「紫藤の瀧」に打たれて身を清め、天拝山の山頂に登って七日七夜岩の上に爪立って祈り続けたそうです。

イメージ 13
紫藤の瀧のそばに、禊をする時に脱いだ衣を掛けたという「衣掛石」があります。

イメージ 14
御自作天満宮

イメージ 15
菅原道真が武蔵寺に参籠した時、自分の像を刻んで納め、それが御神体となっているそうです。

イメージ 16
全国天満宮の中で、道真公が彫った像が御神体なのはここだけとのこと。

イメージ 17
なかなか男前の狛犬  阿

イメージ 18

イメージ 19
天拝山歴史自然公園の万葉植物園にて、セリバオウレンにご挨拶

イメージ 20
まだ株数が少ないかな?

イメージ 21
いつ見ても、魅惑的な花です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事