全体表示

[ リスト ]

原爆の図 丸木美術館の企画展、「清野 光男展」に行った。
3,11  この時期にあえて福島市生まれの清野氏の展覧会。
福島県立美術館が所有する ベン・シャーンの<ラッキー・ドラゴン>  その他福島と核表現の映画や詩も
3,11以前からあったようだ。
 
「福島から」生まれた画家が、どのように「福島へ」視線を向け描いてきたのか、
この展が、福島につながる想像力の橋になることを願っての展覧会。
 
イメージ 1
 
 
 METAL RAIN  シリーズ
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
たまたま近くに用事があって寄ってみたが、原爆の図の美術館にふさわしい企画展。
作品の迫力と、深く重い空間でした。
改めて原子力発電の影響力、未だ故郷に帰ることのできない住民、考えさせられる機会でした。
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
最後に、能登友禅染色作家 志川弘子さんの作品、ほっとしたひととき。

この記事に

閉じる コメント(2)

美術館の企画展、良いものを観られましたね。
最近、美術館行ってません^^;上野は近いのですが・・・花追っかけてて(笑)
ソメイヨシノの時期に上野に行って何か見てきたいです。
最後の母子像になごみました。 ナイス♪

2014/3/19(水) 午前 7:44 ふぇい 返信する

顔アイコン

ふぇいさん、次々とと春の花達が咲きだし、それを追いかけているとついその他の記事があと回しになって…

上野にも行きたい美術展があるのですが、こちらの展覧会が3つも
あり、中々遠出が出来ません

都心にお住まい、いいですね。

この展は3年目の福島を考えるよい機会でした。

2014/3/19(水) 午後 9:41 gyu*h*haha 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事