ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/20日本時間 6:00 山口 19℃東京 21 奈良 19℃台湾 25℃上海 22℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

周南市の西光寺川から「かわせみだより」を発信しています。
 
今日は、カワセミがペリットを吐き出した珍しい写真です。私も過去2回しか投稿してないと
 
思います。ペリットは、鳥などが骨などの未消化物を丸めて口から吐き出すもので、カワセミ
 
のそれは、白くて楕円形のボールのようなものです。
 
未投稿の写真を見ていましたら、カワセミが大きな口を空けているコマが3コマあって、
 
拡大してみると、白いペリットを吐き出すところが写っていたのです。
 
                           《2017.3.18 周南市 東郭》
 
イメージ 1
 
 
            ①通常のカワセミ
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
           ②口を大きく開けました。
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
         ③ペリットが口の中に見えます。
 


 
ペリット (pellet) は鳥類学における用語で、鳥が食べたもののうち、消化されずに口から吐き出された (吐き戻し)ものを指す。
 
鳥の種によって食習慣が異なるため、ペリットの内容は様々であるが、多くの場合、昆虫の外骨格、繊維質など植物の消化できない部分、骨、羽毛、羽、嘴、爪(動物の鉤爪)、歯などである。欧米の鷹狩 (falconry) においてはキャスト (Casting) と呼ばれる。
ペリットとして吐き出されるのは、鳥類の前胃や腺胃 (glandular stomach) で消化できなかったものである。またペリットを吐き出すことには、食道などの消化管を清掃する役割もある。ペリットは砂嚢(筋胃とも)において、採餌から610時間程度で作られる。
ペリットは鳥類の食習慣、とくに時期によるその変化を知るために重要な資料となる。また対象となる鳥を捕獲、解剖することなく研究できるのも大きな利点である。ペリットの見つかる場所は種によって大きく異なるが、一般的には営巣地点 (en) の近くで多く見られる。ワシタカ類やフクロウはマツなどの球果植物の多い場所、メンフクロウなら農場の納屋や崖などである。フクロウは種類によっては地面の巣穴や草むらで見られる。
ワシタカ類やフクロウのペリットは灰色または茶色で、形状は球状から楕円、くさび形などである。大型の種では35cmほどの大きさになるものもあるが、スズメくらいの小鳥では12cm程度である。他にもカイツブリ、サギ、ウ、カモメ、アジサシ、カワセミ、カラス、カケス (en)、カワガラス、モズ、ツバメ、シギなどのペリットが見られる。《Wikipedia

 


 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
       ④カワセミがペリットを吐き出した直後です。
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
           ⑤元の状態に戻りました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事