ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/21日本時間 6:00 山口 16℃東京 20 奈良 16℃台湾 31℃上海 26℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

周南市長穂の徳山C.Cへよく行くのですが、先週、その前にある龍文寺の山に

ミツバツツジが満開になっているのを発見しました。それも、1〜2株ではなく、

大袈裟に言えば山全体に咲いているのです。

それで、昨日、今度はミツバツツジ撮影目的で寄ってみました。

                       《2017.4.23 周南市 東郭》


イメージ 1


               ミツバツツジ






イメージ 2



【ミツバツツジとは?】

ミツバツツジ類は、4-5月頃に咲く紅紫色の花が美しい。花が終わってから葉が

出てくる。枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついた。《Wikipedia》





イメージ 3






イメージ 4


              龍文寺の山門です。

1662年の建立でしたが、老朽化が進み三ヶ年の歳月をかけて、平成18年 再建され

ました。






イメージ 5


                  阿形




イメージ 6


                  吽形





イメージ 7


                鎮西吉祥山






イメージ 8


                  本堂





イメージ 12









イメージ 9


                 鐘楼






イメージ 10


                  花桃?






イメージ 11


                  境内




イメージ 13


モクレン






イメージ 14


ヤマザクラ





イメージ 15



                  花桃?






イメージ 16



                  海棠?





イメージ 17



                   ?





イメージ 18


                  山門






イメージ 19








イメージ 20








イメージ 21


                シャクナゲ






イメージ 22








イメージ 23








イメージ 24








イメージ 25


                  ↓





イメージ 26







イメージ 27







イメージ 28







イメージ 29


                レンンギョウ






イメージ 30


            シャクナゲは、これから・・・






イメージ 31


向かいの山






イメージ 32


                 エゴノキ






イメージ 33







イメージ 34


                 シバザクラ






イメージ 35







イメージ 36


                 龍文寺山門






イメージ 37


ミツバツツジ






イメージ 38







イメージ 39



一に三ツ星は毛利家家紋です。 

曹洞宗龍文寺は大内時代周防守護の陶盛政が1429年建立したそうですが、1551年

陶晴賢は、主君大内義隆を討ち実権を手にします。ところが、厳島の戦いで毛利元就

に破れ、此処、須々万の沼城で防戦するも1557年には滅亡したとあります。その

陶氏の墓所が龍文寺にあります。それ以後、毛利氏は明治までこの地を支配するの

ですが、此の山門の建立は1662年とされていますので、毛利の庇護のもとに龍文寺

も続いてきたと思います。


イメージ 40







イメージ 41


此処は、ミツバツツジが実によく咲いています。

みなさんも、ゴルフばかりしないで、徳山CCへの行き帰りには車速を緩めて

ご覧になる余裕が持てれば、少しはスコアも良くなるでしょう。(笑)




イメージ 42

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事