ここから本文です
周南市 東郭の世界
11/19日本時間 6:00 山口7℃東京5℃ 奈良3℃台湾 16℃上海 6℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

山口県光市の島田川河口に、よく猛禽類のミサゴが来るので撮影に行きます。

この辺りでは、一番ミサゴがみれる確率が高いと思います。

私の経験では、90%以上の発見率です。広い河口とそれに続く瀬戸内海は、ミサゴ撮影にも

適していて今日のミサゴ写真のようにずっと追っかけられます。

通常高い空を悠々と飛んでいて、トビとおなじように見えますが、ミサゴはトビより少し大き

く旋回はしますが、トビのように小さい輪ではありません。

それに、お腹側の羽毛が白いので見分けがつきやすいのです。

また、トビの尻尾は三味線のバチのような鋭角ですが、ミサゴの尻尾の底辺は、Rがついて

いるので区別がつきます。

あそこの電柱にとまっていることがよくありますが、人間が近づいても逃げません。

猛禽類は人を恐れないのです。チョウゲンボウもノスリもそうでしたが10mくらい近づいても

平気です。チョウゲンボウは、電柱の真下で撮影しても平気でした。

猛禽類は、野鳥の頂点にいるので怖いものはないのですかねぇ〜

でも、カラスがよくちょっかいを出しているのを見かけます。トビなどは、カラスの最も

ちょっかいを出しやすい相手で、折角、捕った餌を奪われたりします。

ミサゴとカラスのバトルは見たことがありませんが、ミサゴは足の爪や嘴も強烈な武器になる

ので、近づき難いのではないかと思います。

島田川河口に現れるミサゴは十数羽いると思われますが、何処にすんでいるか判りません。

近くの大水無瀬島や小水無瀬島に飛んで行ったり、来たりするので巣があるのかも知れませ

ん。いつぞやは、おおきな魚を掴んで水瀬島の方へ飛んで行きました。

今回は、ミサゴ写真だけですが、この河口は野鳥の宝庫でもあります。

特に冬鳥のマガモやコガモ・ヒドリガモ・オナガガモなどのカモ類、この冬は見ませんでした

が、ユリカモメも来ます。勿論、普通のカモメ・ウミネコ・アイサ類・カワウ・ウミウ・サギ

・カワセミも撮りました。

千歳橋のほうへ上がると、シジュウガラ・エナガ・コゲラ・ホオジロ・ヤマガラ・メジロなど

撮りました。

島田川の上るとヤマセミがいると聞きますが、まだ、出逢っていません。

ことしは、念願のコウノトリとブッポウソウを初めて撮影出来ました。あと、ヤマセミを

撮ることが、目標です。

                           《2017.8.23 周南市 東郭》


イメージ 1








イメージ 2









イメージ 3









イメージ 4









イメージ 5










イメージ 6









イメージ 7









イメージ 8










イメージ 9

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事