ここから本文です
周南市 東郭の世界
10/22日本時間 6:00 周南12℃東京12℃ 奈良9℃台湾20℃上海18℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

周南市から猛禽類のチョウゲンボウの発信をしています。

毎年、秋からやってくるチョウゲンボウは渡り鳥です。でも外国からではなく、国内あるいは

北海道や本州くらいの範囲内ですみ場所を変える鳥であり「漂鳥」と呼ばれるようです。

昨年も、我が家の前の草原に10月15日にやって来て以来ずっと見掛けます。

端的に言うと、”楽しくて仕方がない” というところでしょうか。

                          《2018.1.13 周南市 東郭》


イメージ 1


チョウゲンボウ(長元坊、学名:Falco tinnunculus)は、鳥網ハヤブサ目ハヤブサ科に分類

される鳥の一種。《出典:Wikipedia







イメージ 2


語源は不明だが、吉田金彦は、蜻蛉(トンボ)の方言の一つである「ゲンザンボー」が由来

ではないかと提唱している。チョウゲンボウが滑空している姿は、下から見るとトンボが飛

んでいる姿を彷彿とさせることがあると言われ、それゆえ、「鳥ゲンザンボー」と呼ばれる

ようになり、いつしかそれが「チョウゲンボウ」という呼称になったと考えられている。

                               《出典:Wikipedia







イメージ 3


形態

ハトくらいの大きさで全長 30–35 cm。翼を広げると 70–80 cm になる。

体重は雄が 150 g、雌が 190 g 程度である。雌の方が大型である。

羽毛は赤褐色で黒斑がある。雄の頭と尾は青灰色。雌は褐色で翼の先が尖っている。

                               《出典:Wikipedia







イメージ 4








イメージ 5


特に大きな目が可愛いですねぇ〜






イメージ 6

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事