ここから本文です
周南市 東郭の世界
5/28日本時間 6:00 周南20℃東京19℃ 奈良18℃台湾25℃上海21℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

大空を飛んでいる野鳥の名前がよく分らないことがあります。

地上から上空を見上げているので、下面しか判らないのですが、それぞれ微妙な違いがあり

ます。今回、撮影した猛禽類のミサゴ・ハヤブサ・チョウゲンボウ・ノスリ・トビから下面

をご覧いただいて、私の見分ける判断にしている点を紹介します。

                          《2018.2.13 周南市 東郭》



イメージ 1


トビ

トビは、このなかで一番多く見かけますが、同じようにミサゴなどと一緒に飛んでいることも

あり、一番は尾羽がバチ形になっている事です。下面は茶褐色ですが翼の両側に白い斑があり

ます。紋付の白い紋のようなものです。




イメージ 2


トビ







イメージ 3


ミサゴ

ミサゴは、お腹の部分が真っ白い羽毛なので、他の猛禽類と区別できます。

メスは喉に褐色の帯があるそうです。

目の後ろから肩にかけて黒い眼帯のような羽毛があります。

頭の部分は、白い羽毛です。尾羽は扇子のような扇形が一般的です。

ミサゴは、魚を餌としています。私の見たところでは、かなり高い処でホバリングして

お魚を狙います。





イメージ 4


ミサゴ






イメージ 5


ミサゴ






イメージ 6


チョウゲンボウ


チョウゲンボウは、鳩くらいの大きさで、他の猛禽類に比べて小型です。

下面は、白色で茶褐色の縦縞模様があります。

尾羽は長く、横の縞模様になって先端部は、黒っぽい太い縁の帯があります。






イメージ 7


チョウゲンボウ








イメージ 8


ハヤブサ

ハヤブサの特徴は、目の周りが黒いことと大きな目です。下面は白く横の縞模様が全体に

あります。最強の猛禽類を云われて、餌の野鳥を捉える速度は、390km/hと言われて

います。






イメージ 9


ハヤブサ







イメージ 10


ノスリ


ノスリは、トビと同じような上面ですが、下面は白色です。腹部にノスリの腹巻といわれる

茶褐色の太い帯があります。





イメージ 11


ノスリ








イメージ 12

ノスリ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事