ここから本文です
周南市 東郭の世界
10/16日本時間 6:00 周南14℃東京16℃ 奈良14℃台湾21℃上海17℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

こんばんわ!

今日、広島県の臥龍山に行ってアカショウビンを撮影しました。

朝、5時45分に周南市の我が家を出発して、鹿野から中国自動車に乗って戸河内ICで降りて

県道191号線を益田に向かって進んでいきます。約30分もすると、臥龍山麓八幡原公園に到着

します。所要時間は、2時間弱でした。そこで、八合目まで登れるという道を教えて貰って

ブナ林の中を野鳥の声を聴きながら、時には車を停めて野鳥を探しました。

昨日、万葉の森蓮池のカワセミファンから、情報を教えて貰ったので早速、出かけたのです。

                            《2018.5.21 周南市 東郭》


イメージ 1


アカショウビン

アカショウビンは、カワセミ科ということで、テレビなどで紹介されてはいましたが、臥龍山

に来ていると情報は、2・3日前聞いたばかりです。もう、私達の処では縁のない野鳥と思っ

ていました。ですから、臥龍山へ行くのも初めて、アカショウビン撮影も初めてという泥縄式

挑戦でしたが、鳴き声だけはビデオでしっかり頭に刻んでおきました。

「キョロロロロ・・・」と段々小さくなる鳴き声ですが、ブナ林の道を通っていると、

全く、同じ鳴き声がしています。でも、姿は見えないのです。それに、多くの小鳥が

絶えず鳴いていて、これも、同様に姿を見せません。兎に角、車で登れるだけ行こうと

思って、進んでいると、途中、10台くらいの車を停めて、野鳥ファンがカメラの準備を

しています。そこに車を停めるスペースがないので、もう、少し進んで停めたのです。

結果的には、8合目の雪霊水の出る所で車を回して降りていると、先ほどの処でカメラを

みんな同じ方向に向けています。その先を見ると、なんと赤褐色したアカショウビンが

枝に止まっているではありませんか。この色は、他にないし、嘴も全部赤いので、鮮やかに

眼に飛び込んで来たのです。まあ、すぐ降りて私もその仲間に加わって、撮影したという

奇跡のような話です。


イメージ 2


アカショウビン

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事