ここから本文です
周南市 東郭の世界
10/16日本時間 6:00 周南14℃東京16℃ 奈良14℃台湾21℃上海17℃ “ゆうぜんしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

今日、山口県阿武郡阿武町の惣郷川橋梁へ行って、列車を撮りました。

惣郷川橋梁は、JR西日本山陰本線にあります。

昨年は、この橋梁も修理工事の為、足場や防護ネットが張られていましたが、スッキリしまし

たね。それに、走って来た気動車も2両です。普通1両の事が多いのでちょっと得した気分。

国鉄キハ40形の派生車キハ47朱色です。惣郷川橋梁も海側から狙うとか、山の上から狙うとか

鉄道写真もいろいろスポットがありますが、今回は、向こうが広大な日本海を意識して、

民家側から撮ってみました。時刻は、14:26′です。列車番号は、1568D 普通で東萩駅から

島根県益田駅まで運行します。車両は、キハ47-1066+キハ47-150です。

                            《2018.5.24 周南市 東郭》


イメージ 1


キハ47-1066+キハ47-150


キハ47

1.3m幅の両開き扉を車体中央寄り2か所に配置した、いわゆる「近郊形」のレイアウトで、客室窓は2段上昇式ユニット窓、デッキは装備せず、北海道向けの酷寒地仕様も存在しない。


キハ40形、キハ48形よりもラッシュ時などの客扱い能力を重視した片運転台車であり、仕向け地とトイレの有無による番台区分がある。車内の化粧板はクリーム色系だが、初期に製造されたキハ47 1 - 16は緑色系である。

0番台・1000番台

暖地向け仕様で、0番台車はキハ40100番台車とともに1977年上期に製造が開始された。金属バネ台車装備。トイレ付きの0番台車は1983年までに193 (1 -193) が、1978年から製造が開始されたトイレなしの1000番台車は1982年までに134 (1001 -1134) が製造された。この暖地向けキハ47327両が本系列の最大グループである。《出典:Wikipedia






イメージ 2


キハ47-1066+キハ47-150

JR西日本

JR西日本には、キハ4063両(すべて2000番台)、キハ47189両(0番台108両・500番台3両・1000番台75両・1500番台3両)、キハ485両(0番台3両・1000番台2両)の
257両が承継された。これはJR旅客鉄道会社の中で最大である。

形式と番台の変更を伴う改造は、キハ40形・キハ47形の座席のロングシート化による改番とキハ47形の両運転台化によるキハ41形への改形式、イベント用列車への改造に伴うもののみであるが、1989年度からキハ40形の全車とキハ47形の大半にワンマン運転対応化改造が実施されている。

また、広島支社(下関総合車両所)配属の車両については側面中央上部にLED式の行先表示器の増設が行われ、板式の行先標の使用を終了している。民営化に前後して様々な地域色が登場したが、2009年からは塗装工程の簡略化のため、再び首都圏色(朱色5号) への塗装変更が進んでいる。《出典:Wikipedia




イメージ 3


キハ47-1066+キハ47-150

国鉄キハ40系気動車
 
基本情報
 

運用者       日本国有鉄道
北海道旅客鉄道
東日本旅客鉄道
東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
四国旅客鉄道
九州旅客鉄道

製造所       新潟鐵工所、富士重工業
製造年       1977 - 1982
製造数       888
 
主要諸元
 
軌間        1,067 mm
最高速度      95 km/h
全長        21,300 mm
全幅        2,900 mm
車体材質      普通鋼
動力伝達方式    液体式
機関        DMF15HSA
機関出力      220 PS
変速機       DW10
制動装置      CLE自動空気ブレーキ


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事