ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/2日本時間 6:00 周南23℃東京25℃ 奈良23℃台湾25℃上海25℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

昨日の続きですが、大畠駅を通過して坂を下ると信号機があります。

其処を左に回ると、大畠港です。大島大橋が出来る前は、此処から周防大島へ渡る連絡船が

出ていて、ミカン狩りなどに行ったものです。

ここから、大島大橋の絶景を真近に眺望することが出来ます。

大畠瀬戸は、幅750m、深さ20m、潮流約7ノットだそうです。

関門海峡の早鞆の瀬戸が約幅600mとなっていますから、広いといえば広いです。

話は逸れますが、山口県で一番人気の橋は、角島大橋ですね。それから歴史的には、錦帯橋

だと思います。関門橋は、別格で山口県というより日本全体での番つけが適当です。

それから、今年の話題性では、この大島大橋でしょうね。今回の衝突事故で、40日間も断水が

続くという、前代未聞の事故です。それに、周防大島の2歳児行方不明事件や富田林署の逃亡

犯も周防大島で一週間くらい滞在し、この大島大橋を通って上関へ行ったようです。

今年の漢字は「災」でしたが、まさに、周防大島も随分迷惑を被りました。

島民の方も送水再開がなったとき、”もうこれくらいにして欲しい” と仰っていましたが、

明年は、平穏な年になって欲しいものです。

                           《2018.12.16 周南市 東郭》


イメージ 1


周防大橋(大畠側)







イメージ 2


周防大橋








イメージ 3


周防大橋(周防大島側)








イメージ 4


大畠側の橋脚は、補強してあります。大畠側の橋脚と比べると塗装も違うし、リベットのよう

な物が一面に見えています。橋自体も相当な被害を受けていたことが判ります。

垂れ下がっている黒いパイプは、以前の送水管でしょうか?(12月12日)







イメージ 5


大島側の橋脚付近と黒いパイプ






イメージ 6


高潮時中央桁下29Mの文字が見えます。ここを高さ40mの貨物船が衝突して通過しました。







イメージ 7


現在の貨物船 航行






イメージ 8


現在の防予フェリー 

  • 顔アイコン

    あの船はくるときは紀伊水道の方からでしようね。あかし大橋はくぐれたし、海図には橋の下なんメートルとかは載っていないのかな。カーナビにも高架下何メートルは載っていません。

    [ men***** ]

    2018/12/19(水) 午前 10:06

  • 顔アイコン

    > men*****さん
    事故を起こした貨物船「エルナ・オルデンドルフ」韓国オンサン港から広島県呉港沖を経由(検疫)し、江田島港を目指す予定だった。そうですので下関の関門海峡を通って周防灘に入り、安芸灘へ向かったものと思われます。関門橋の桁下高さは61mあります。江田島へのルートは、旧海軍連合艦隊が通ったルートですが、大畠瀬戸に西側から迷い込んだものです。海図には、橋桁高さの情報は書いてありますが、読み取ることが誰も出来なかったのでそのまゝ通過しようとした前代未聞に事故です。

    周南市 東郭の世界

    2018/12/19(水) 午後 0:36

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事