ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/2日本時間 6:00 周南23℃東京25℃ 奈良23℃台湾25℃上海25℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

世界初の攻撃ヘリコプター ”コブラ” は、ベトナム戦争でデビューした強者です。

最高速度は時速約260キロ、航続距離は約520キロにも及ぶそうです。

自衛隊には、陸自が1978年より調達されたようで能力向上型のAH-1Fを富士重工がライセン

ス生産しました。

しかし、ベトナム戦争って一体なんだったのでしょうねぇ〜、1945年までは日本軍が仏印

進駐していましたが、敗戦を迎え、ホーチミン政権(ベトナム民主共和国)が誕生します。

フランスは、再びベトナム支配欲を画策し北ベトナムと第一次インドシナ戦争が勃発しま

す。8年間の戦いで1954年フランス軍は敗北します。この時、北と南のベトナムが停戦ライ

ン(北緯17度線)を境に別れたのです。その後、同一民族の統一を目指し、北ベトナムは

南ベトナム解放戦線(ベトコン)を作って1960年南ベトナム攻撃が始まります。これに対し

てアメリカは軍事介入をし、北ベトナム支援には中国・ソ連が付く最悪の構図になったので

す。結果は、北ベトナムの勝利でしたが、戦死者は458万人という類を見ない同一民族の

犠牲を強いられたのです。戦力に優るアメリカ軍が破れ、民族の自主と誇りを掛けたベトコ

ンが勝利しました。この戦いで威力を発揮したのが、攻撃ヘリコプター ”コブラ” でした。

現在のベトナムは、ベトナム社会主義共和国として平和に発展しています。

約20年前にベトナムを訪問しましたが、まだ、枯葉剤などでの後遺症は残っていました。

いまでは、現地のインフラも整備され、無数のバイクが走っている活気あふれた国であり、

日本との交流も盛んです。結局、あのベトナム戦争って、あの戦争犠牲者って一体なんだった

のだろうと思います。日本の場合も太平洋戦争に負けて今日があるのは、多数の戦争犠牲者の

もとにあるというのは、間違いありませんが、犠牲者を出さなければ繁栄がないと誤っては

ならないと思います。終戦の日(8月15日)を前にしてつくづく思いますが、ベトナム戦争で

も勝っても負けて多数の犠牲者を出し、なんのメリットもないのです。

今、問題になっている北朝鮮の短距離ミサイルの発射実験など朝鮮半島の民族統一から考える

と解決していない問題です。同じ民族が軍事境界線を境に分断されており、再び犠牲者を出す

ことなく、統一することがみんなの悲願だと思います。ベルリンの壁の崩壊のときは、交流

を自由にすることで一気に崩壊したのですが、やはりドイツ人の英知で解決したというのが

歴史的な見方でしょう。もし、朝鮮半島を平和裏に統一することが出来れば、民族の勝利と

言ってもいいと思いますが、アジア全体としても緊張関係に多額の軍事費を費やすなんて、

(使わなければならない事情があるにせよ)莫迦げています。

                           《2019.8.12 周南市 東郭》


イメージ 1


対戦車ヘリコプターコブラ?


対戦車ヘリコプター
略称:AH-1S
愛称:コブラ

[
乗員]2

○機体
[
全長]16.18m(胴13.59m
[
全幅]13.41m(ウイングスパン幅 3.28m
[
全高]4.19m
[
ローター直径]13.41m
[
製作]富士重工業

○エンジン
[
名称]T53-K-703
[
出力]1.134SHP(連続)×1
[
製作]川崎重工業
[
最大全備重量]4,536kg
[
最高速度]260km/h
[
巡航速度]230km/h
[
航続距離]520km
[
実用上昇限度]5,030m

武装は、対戦車ミサイル・トウ(TOW)と70ミリロケット弾、3銃身20ミリ機関砲を装備している。59年度国産初号機が納入されていた。《出典:陸上自衛隊HP




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事