ここから本文です
周南市 東郭の世界
8/19日本時間 6:00 周南25℃東京25℃ 奈良26℃台湾24℃上海27℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1

《Canon EOS7D  1/750ss  f 8.0 -1/2  iso100  F=32.0㎜ EF-S18-200㎜/周防大島
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

イメージ 1

《Canon EOS7D  1/750ss  f 8.0 -1/2  iso100  F=32.0㎜ EF-S18-200㎜/周防大島
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

昨日、周防大島の上空を米海兵隊KC-130J空中給油機 スーパーハキュリーズが訓練して

いました。昨年、12月6日午前1時40分ごろ、在日米軍海兵隊岩国基地所属のFA18戦

闘攻撃機とKC130給油機が、高知県沖の室戸岬南南東約100キロで飛行中に接触し、

海上に墜落した空中給油機と全く同じ型だと思います。

C-130は、ロッキード社製で2,500機以上製造され、世界71ヶ国で採用しています。

用途は、戦術輸送機でありますが、現在ではいろいろ改造され、空中給油機や電子戦機と

しても活躍しています。

日本でも空自・海自が運用しています。C-130H14機、KC-130H2機だそうです。

周防大島嵩山(標高618m)からみたので、とても巨大な飛行機です。

全長約30m、翼幅40mの巨体が空を飛ぶのは壮観でした。

                          《2019.7.31 周南市 東郭》




イメージ 2


           KC-130J空中給油機 スーパーハキュリーズ


【参考】↓

性能・諸元 (C-130H)

諸元
乗員: 4 (操縦士、副操縦士、航法手、航空機関士)
定員兵員92名(空挺隊員であれば64名)
ペイロード: 19,356 kg 42,673 lb
全長: 29.79m 97 ft 9 in
全高: 11.66 m 38 ft 3in
翼幅: 40.41 m132 ft 7 in

翼面積: 162.12 m2 1,745.0 sqft

空虚重量: 34,686 kg 76,469 lb
最大離陸重量 
標準: 70,310 kg 155,000 lb
過積載: 79,380 kg 175,000 lb
動力アリソン・エンジン社製T56-A-15 ターボプロップエンジン、

        3,362 kW 4,508 shp× 4


性能
最大速度: 602 km/h 325ノット) 標準MTOW
巡航速度: 556 km/h 300ノット)
失速速度: 185 km/h 100ノット)
航続距離: 3,791 km 2,046海里) ※最大搭載量、予備燃料5
実用上昇限度: 10,060 m33,000 ft) ※58,967 kg AUW
上昇率: 579 m/分 (1,900 ft/分)
離陸滑走距離: 1,091 m 3,580 ft
着陸滑走距離: 518 m1,700 ft) ※58,967 kg AUW
翼面荷重: 434.5 kg/m289 lb/sq ft) ※MTOW
馬力荷重(プロペラ): 5.23 kg/kW8.6 lb/shp) ※MTOW

                                                                                               《出典:Wikipedia》


イメージ 1


           KC-130J空中給油機 スーパーハキュリーズ


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

おはようございます!

周南市の西光寺川から「かわせみだより」を発信しています。

今年は、カワセミちゃんがよく出て来ます。

雄なので、愛称を ”カワセミ小太郎” と名付けています。

楠木の枝が成長し、邪魔になって来たので枝を下ろしたのですが、その中から足場として

3本を川方向へ並べて置いたのですが、小太郎も水面がよく見えるので愛用するようになりまし

た。カワセミは綺麗なので、大きく精密な写真を目指して参りましたが、これでは夕日撮影

で太陽だけ撮るようなもので、情景とはなりません。西光寺川に暮らすカワセミの写真を主体

にする方が、季節感も感じられいゝですねぇ〜 

何しろ西光寺川のカワセミですから、川や地域の特性が判るといいのではないかと思います。

しかし、野鳥は小さくてなかなかいゝ写真になりません。写真の奥は深く難しいものですね。

私も近頃写真に挑戦してみようかと思い始めていますが、どこまで到達できるか判りませんが

やれる範囲で頑張ってみようと思っています。

                          《2019.7.31 周南市 東郭》



イメージ 1


自作の足場に来たカワセミ






イメージ 2


カワセミが飛んだ!








イメージ 3


飛び込むのか?








イメージ 4


川を渡るだけだった!



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

こんばんわ!

周南市は、きょうも最高気温が34℃にもなり、家に閉じこもると熱中症になりそうで、山へ

行こうということになり、周防大島の嵩山(標高618m)へ登りました。

車で山頂まで行けるのですが、狭くて急坂なので運転は慎重を期さなければなりません。

国道437号久賀港の処から約6kmあります。

頂上には展望台やテレビ塔などあり、流石に気温もかなり下がって涼しく感じます。

登って行く途中にも野鳥がよく現れましたが、旨く撮れません。

頂上の手前に駐車場があり、そこの桜の樹などにも小鳥が現れました。

コサメビタキだろうと帰って調べて見ると、やはりコサメビタキのようです。

                         《2019.7.30 周南市 東郭》



イメージ 1


コサメビタキ


コサメビタキ(小鮫鶲、Muscicapa dauurica)は、スズメ目ヒタキ科サメビタキ属に分類される鳥類。
夏季にシベリア南部、朝鮮半島、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部、インドネシア、フィリピンへ南下し越冬する。日本では基亜種が夏季に九州以北に繁殖のため飛来(夏鳥)する。




イメージ 2


コサメビタキ

形態
全長13cm。和名はサメビタキより小型である事に由来する。上面は灰褐色、下面は白い羽毛で覆われる。体側面は褐色みを帯びる。眼の周囲に不明瞭な白い斑紋(アイリング)が入り、眼先も白い。
嘴はやや長い。嘴の色彩は黒く、下嘴基部の色彩はオレンジ色。
幼鳥は上面や翼に淡褐色や淡灰色の斑紋が入る。

生態
平地から山地にかけての落葉広葉樹林に生息する。群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。
食性は動物食で、昆虫などを食べる。樹先などに止まり、飛翔している獲物を目掛けて飛翔し捕食する。
繁殖期に縄張りを形成する。日本では標高1,800m以下の落葉広葉樹林で繁殖する。高木の葉がない水平な樹上にウメノキゴケなどをクモの糸で付着させた樹皮やコケを組み合わせた皿状の巣を作り、日本では5-6月に1回に3-5個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は
12-14日。雛は孵化してから12-14日で巣立つ。《出典:Wikipedia》


イメージ 3


コサメビタキ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事