ここから本文です
周南市 東郭の世界
8/23日本時間 6:00 周南25℃東京24℃ 奈良24℃台湾25℃上海28℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫全体表示

記事検索
検索

全1559ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

島田川河口で、多くの野鳥が生活しています。

大きな葦原も形成され野鳥たちは、此処を拠点としているのではないでしょうか?

今回は、その風景に珍しいササゴイやアオサギ・コサギ・オオヨシキリが撮れました。

                           《2019.8.9 周南市 東郭》




イメージ 8


ダイサギ・アオサギ・ササゴイが見える島田川河口風景








イメージ 1


コサギ・ササゴイ







イメージ 2


コサギ・ササゴイ

ササゴイ(笹五位、Butorides striatus)は、ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類。本種のみでササゴイ属を構成する。
 
分布
アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部および東部、インドネシア、オーストラリア、ソロモン諸島、日本、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカル。
日本では夏季に本州、四国、九州に飛来(夏鳥)し、冬季になると九州以南で越冬(冬鳥もしくは留鳥)する 。






イメージ 3


ササゴイ

形態
全長40-52センチメートル。翼開張62-76センチメートル。体重0.1-0.3キログラム。後頭には数本の羽毛が伸長する。羽衣は青灰色で、喉に白い縦縞が入る。額から後頸にかけて青緑色がかった黒い羽毛で被われる。眼先は羽毛が無く、黄色い皮膚が裸出する。雨覆の色彩は青緑色がかった黒褐色、風切羽の色彩は黒褐色で、羽毛の外縁(羽縁)は白い。羽縁が白い羽がササの葉に見え、和名の由来になったと考えられている。
虹彩は淡黄色。嘴は細長く、色彩は黒い。後肢は短く、色彩は黄色。
幼鳥は羽衣が濃褐色や黒褐色、下面の羽衣が白い。下面には褐色の縦縞が、翼には白い斑点が入る。繁殖期には眼先が青くなり、後肢の色彩が赤みを帯びる。






イメージ 4


ササゴイ

生態
河川、湖、池沼、湿原、水田などに生息する。薄明薄暮性で主に夕方活動し、昼間は水辺の森林で休むが昼間や夜間に活動することもある。単独もしくはペアで生活する。静止時には頸部をアルファベットの「S」字状に曲げている事が多い。
食性は動物食で、魚類、両生類、甲殻類などを食べる。水辺で獲物を待ち伏せて捕食する。一部の個体群(例として日本では水前寺成趣園周辺の個体群)では水面に物を落とし、近づいてきた獲物を捕食する。
繁殖形態は卵生。雑木林や松林などに単独もしくは小規模な集団繁殖地(コロニー)を形成して繁殖する。樹上に雄が巣材となる木の枝を運び、雌がそれを組み合わせた巣を作る。テレビアンテナに巣を作ることもある。日本では5-6月に3-6個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は21-25日。育雛は雌雄共同で行う。雛は孵化してから40-45日で巣立つ。
 《出典:Wikipedia》






イメージ 5


オオヨシキリ飛翔








イメージ 6


オオヨシキリ飛翔








イメージ 7


オオヨシキリ飛翔


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ


開くトラックバック(0)

島田川河口のウミネコとミサゴを撮りました。

一年中居る野鳥(留鳥)です。

海の季節で虹ケ浜海水浴場も賑わっていますが、河口のほうは野鳥と釣り人が少し居るだけで

す。

8月4日に撮影したものですが、広大な河口のウミネコとミサゴは、一つの風物詩です。

                           《2019.8.8 周南市 東郭》


イメージ 1


ウミネコ







イメージ 2


ウミネコ








イメージ 3


ウミネコ







イメージ 4


ミサゴ







イメージ 5


ミサゴ






イメージ 6


ミサゴ

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ





開くトラックバック(0)

こんばんわ!

周南市の西光寺川から「かわせみだより」を発信しています。

しかし、今日も暑かったですねぇ〜

台風で延期になったゴルフへ行ったのですが、暑さでへとへとになり、考えて見ると熱中症の

一歩手前だったに違いありません。

暑さ対策と言えば、近頃工事現場などでファン付き作業着を着用していますね。

あれって、お値段も割と安くて一万円以下であるようなので、普及すると思います。

ゴルフへ応用すると言うような野暮は申しませんが、暑い現場の作業効率を維持するには、

喜ばれるのではないでしょうか?

私達のゴルフは遊びなので、止めればいいわけで、今日は不参加も半数近くになりました。

かわせみ撮影の方は、暑さで熱中症になることもなく、順調に毎日やってきます。

そろそろ、写真展にでも出せるくらいの写真を撮ろうとは思っているのですが、来る割には

素晴らしいシャッターチャンスに出逢いません。

野鳥写真撮影もいい写真にするには粘りの一言だと思います。

もう、執念みたいに時を忘れて待ち続けなければなりません。

私の場合はブログ開設当初から続けていますので、質の良いカワセミ写真を目指しています

ファンの方々が気軽にご覧になられて、喜んで貰えれば・・・と思っています。

                           
                           《2019.8.6 周南市 東郭》


イメージ 1
                               《撮影:2019.7.31 14:36/西光寺川》









イメージ 2
                               《撮影:2019.7.31 14:36/西光寺川》










イメージ 3
                               《撮影:2019.7.31 14:36/西光寺川》










イメージ 4
                               《撮影:2019.7.31 14:36/西光寺川》


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

イメージ 1

曹操


【原文】
       志在千里 
    

    烈士暮年 壮心不已


【読み下し文】

       老驥(ろうき)櫪(れき)に伏すも 志は千里に在り

       烈士(れっし)暮年(ぼねん)たるも 壮心なお止まず


【語句】
 
   老驥(ろうき)=年老いた駿馬

    櫪(れき)=飼い葉桶、厩

    壮心(そうしん)=勇ましくさかんな心

    烈士(れっし)=気性が激しく節義の高い人

    暮年(ぼねん)=年老いた時、晩年


【現代語訳】
 
       老いたる駿馬は飼い葉桶の伏すも、その志は千里を馳せる

       烈士は晩年になっても、勇ましく盛んな心は止むことがない

       
【解説】
 
 治世の能臣、乱世の奸雄と評された三国志の覇王曹操(155年〜220年)の歩出夏門行の

 なかの一節です。曹操は三国時代の魏の王(武帝)です。卑弥呼(170年〜248年)が

 魏志倭人伝の親魏倭王に封ぜられた時代と考えてもいいでしょう。

 曹操の一面は文章家 又、文人・詩人で ”曹操は「槊を横たえて詩を賦す」と後世に言わ

 れたように、政治・軍事に多忙な中、多くの文人たちを配下に集めて文学を奨励すると

 同時に、自身もすぐれた詩人であった。彼は建安文学の担い手の一人であり、子の曹丕・

 曹植と合わせて「三曹」と称される。曹操は軍隊を率いること30数年間、昼は軍略を考

 え、夜は経書の勉強に励み、高所に登れば詩を作り、詩ができると管弦にのせ音楽の歌詞

 にしたという。その記述の通り、現存する曹操の詩は、いずれも楽府という音楽の伴奏を

 伴った歌詞です。” とWikiにありますが、卑弥呼の時代の曹操が詩文を作り、それが現代

 まで伝わっていること自体驚異と言うほかありません。その詩を通じて、現代人がその

 言わんとすることをよく判るということは、古代人と交流が出来るということです。

 私もまさしく暮年であり、”烈士暮年壮心不已” は、これからの励みになる言葉です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

海辺の景色(安芸灘)

岩国の門前川河口に行って飛行機や野鳥を撮ることを趣味としています。

しかし、考えて見れば海辺の自然風景の綺麗な事は、この上ありません。

瀬戸内海は、いつも大変穏やかなので、海と言うより湖のようであります。

地図では安芸灘ですが、広大な干潟が出来るので野鳥も多く、潮干狩りも出来るようです。

こんな景色も少なくなって来て、徳山湾などは潮干狩りが出来るような場所もありません。

昔は、アサリなんかも獲り切れぬほどあったし、小学校で海水浴にも行ったりしましたが、

こんな景色を見ると懐かしさが込み上げてきます。

海辺で遊んだり、自然の貝堀したり、釣りをするのは、庶民の楽しみだったのにそんな自然と

の接触は限られて来ています。

                         《2019.8.7 周南市 東郭》


イメージ 1


門前川の干潟






イメージ 2


門前川の干潟








イメージ 3


門前川の干潟








イメージ 4


門前川の干潟







イメージ 5


門前川の干潟


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

開くトラックバック(0)

全1559ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事