ここから本文です
周南市 東郭の世界
5/23日本時間 6:00 周南11℃東京17℃ 奈良12℃台湾21℃上海20℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

太田原自然の家は、主に自然と親しむ為の施設で、例えば小中学生(団体)の食育・食農や

クラフト活動・キャンプなどです。

余りに、山間部に在るので道もよく判らないし、土砂崩れなどの災害も在るので、熟知した

人に連れて行って貰うのがよろしいかと思います。

周南市の山奥で自然しかありませんが、田舎の暮らしを味わえます。

野鳥が鳴き、自然の可憐な野草が咲いて、朝から気持ちよい目覚めが迎えられます。

                            《2018.7.29 周南市 東郭》



イメージ 1


アクセスは、県道139号線三瀬川下松線の中須阿田川からのルートと国道434号線で須金川本

から入るルートがあります。私的には、後者のほうが道も近く判り易いのでお勧めです。







イメージ 2


徳山市太田原とは懐かしいですね。創ったときの趣旨が下に書いてあります。







イメージ 3


山頂の松







イメージ 4


水車







イメージ 5


ログハウス







イメージ 6


入道雲








イメージ 7


ログハウス







イメージ 8


昼間の月







イメージ 10










イメージ 9


五右衛門風呂







イメージ 11


夜は星が綺麗に見えるでしょうね。







イメージ 12

道の駅「上関海峡」の駐車場のツバメ雛が巣立ちました!

7月23日に行ったときは巣の雛は、3羽並んで居て、親ツバメが餌を運んで来るのを待って居る

状態でしたが、今回、27日に行ったときは、巣の中は空っぽで3羽の雛は残された一羽の除い

て巣の付近を飛び回っていました。

この最後の一羽は、巣がある梁の上に止まっていました。

親ツバメも付近を飛び回っていますが、疲れたのかじっとしていました。

でも、体も大きく心配することもなさそうです。

また、この時季に巣立ったツバメもかなり多いようです。駐車場の空は、ツバメが十数羽

飛び廻っています。

                            《2018.7.29 周南市 東郭》


イメージ 1


巣だったツバメ幼鳥







イメージ 2


空っぽの巣(芸術品ですねぇ〜)







イメージ 4


ツバメの幼鳥は、可愛い目をしていますね。







イメージ 3

周南市万葉の森蓮池の大賀ハスが咲き始めました。

まだ、全体からすると半分にも満たないのですが、古代ハスのこの大型ハスの開花は、一輪ず

つの主張があり、まさに名花であります。

撮影時刻は、7時25分です。それというのもハスの花は早朝に開き、午後には閉じるという

性質があります。前の日の夕刻にも行ったのですが、殆ど花を閉じていて蕾のようでした。

勿論、蕾もありますが、やはり全開のお花が多くないと醍醐味が味わえません。

私も、こんなに早朝から見学に行くのは初めてなんですが、もう、バラけてしまうのでは

ないかと思うほどになって、平たくなっています。この状態で、お釈迦様がお座りになると

いうのは、理解できるような気がします。

もう少し、時間が経って少しずつ閉じ始めると花びらも立ってくると思いますので、

そんなハスの花が好きな方は、撮影チャンスです。

4・5日前、岩国蓮根が植えてある由宇に行ったときは、一面の蓮田に白いハスの花が咲いて

いました。全部かどうか判りませんが、岩国蓮根の花は白いのですね。

あれも、清楚で美しい花ですねぇ〜

                           《2018.7.29 周南市 東郭》


イメージ 1









イメージ 2









イメージ 3










イメージ 4










イメージ 5










イメージ 6

ダイサギが高く飛行するのを見たのは初めてです。

ミサゴと上空で交錯する写真をお送りしましたが、高度は約200mはあろうかと思う高い処を

舞っているのです。ミサゴなら上空からお魚を探しているのだと判りますが、ダイサギの場合

はそんな特技は無いし、”なんであんなに優雅に上空を舞っているんだろう!?” と不思議で

す。思うに、ゆっくりと飛翔を楽しんでいるとしか見えません。

それを下から見ると、非常に小さくなりますが、練習中の600㎜で撮りました。

ダイサギの翼開長は、1.7m。ミサゴは1.8m。コウノトリは1.95mです。

見上げると同じくらいの大きさですが、ダイサギの体や翼は純白で非常に綺麗です。

《2018.7.29 周南市 東郭》




イメージ 1
《撮影:7月21日/光市島田川河口》








イメージ 2










イメージ 3










イメージ 4










イメージ 5










イメージ 6


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事