ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/2日本時間 6:00 周南23℃東京25℃ 奈良23℃台湾25℃上海25℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

こんばんわ!

周南市の万葉の森蓮池の大賀ハスが咲き始めました。

7月27日(金)7:26′の撮影ですが、5時半ごろから咲き始めると聞いたので遅かったかなと

も思います。

それに、同時刻、カワセミ幼鳥4羽も現れたので、寧ろ、そっちの方に気をとられて、

大賀ハスには悪いことをしました。

上の蓮池の方は、まだ、葉も小さく花も数個しか見ませんでしたが、これから多くなるの

でしょう。

それに、蓮池の周りの草が綺麗に刈ってあって有難かったです。


                          《2018.7.31 周南市 東郭》




イメージ 1










イメージ 2










イメージ 3










イメージ 4










イメージ 5










イメージ 6










イメージ 7


西日本豪雨で山陽本線も各地方の路線が被害を受けました。

山口県東部の下松駅〜徳山駅間は、明日8月1日から運転再開となります。

しかし、まだ、下松駅〜柳井駅間や岩徳線は、運転中止です。

詳しくは、下記リンク(JR西日本広島支社広報情報7/31 16:00)をご参照下さい。


今日、周南市から光市へ行った時、例の下松駅〜光駅間の土砂崩れ現場を見ました。

一番大きな土砂崩れ箇所では、線路内に崩れ落ちた土砂を撤去中でありましたが、工事中の

柵などあり、よくは判りません。電線もその区間は、被害を受けたのか全て取り除かれて

いました。土砂崩れした斜面の養生もこれといった処置が見られません。

”おいおい、明日から運転再開と言ってたぞ!” と再開工事の進捗状況を見て心配していました

ら、これが大きな勘違いで、下松駅〜徳山駅間の運転再開が明日からだそうです。

夕方のテレビでも2度も見ましたから間違いありません。

この運転再開は喜ばしいことですが、柳井駅〜下松駅間は、9月中に運転再開の見込みと

なっています。岩徳線は、(岩国駅〜周防高森駅間)8月20日(月)に運転再開予定で、

(周防高森駅〜徳山駅間)は、10月中に運転再開予定としています。やはり、実態は

そうとう深刻なようです。

特に、山陽本線をあれだけ利用していたJR貨物は、走れません。みんな船便に切り替えたの

でしょうか?

という次第で、災害前の光市の島田川橋梁を走る115系電車とJR貨物の写真を掲載します。

そして、一日も早い全面運転再開を祈っています!




イメージ 1


115系電車 N-04編成4両








イメージ 2


115系電車 N-04編成4両






イメージ 3


JR貨物EF210電気機関車(桃太郎)






イメージ 4


JR貨物EF210電気機関車(桃太郎)

こんにちわ!

猛禽類のミサゴが好きで、いつも飛んでいる光市の島田川河口へ行きます。

いつも飛んでいると申しましたが、砂洲でお魚を食べて居たり、水浴びをしていることも

あります。現場へ行っていないことも有りますが、1〜2時間待って居ると、何処からとも

やって来ます。ミサゴも行動範囲がかなり広いのでお魚の探索順序があるような気がして

います。それと、潮の干満でも違う様に思うのですが、これまでの経験では、干潮から

満潮になるときが、よく出て来ます。多分、その時合いにチヌなどをよく見かけますので、

ミサゴも空から見えるのか、或いは本能的に察するのか、出てくる確率が高いです。

風があって、波が高いときでも関係なく、多少荒れている方が寧ろよく見かけます。

                           《2018.7.31 周南市 東郭》



イメージ 1


ミサゴの飛翔







イメージ 2


ミサゴの飛翔







イメージ 3


ミサゴが電柱に止まります。








イメージ 4


ここでは、いつも電柱に止まり、電線には止まりません。







イメージ 5


でも、ミサゴってホントにカッコイイですよねぇ〜

おはようございます!

先週の土曜日、秋吉台駐車場の処の森のベンチで休んでいたのですが、周りの木々から

蝉の鳴き声が盛んに聞こえて来ます。しばらくして目が慣れてくると、あっちにもこっちのも

蝉が居ます。一本の木に十数匹もいて驚くばかりです。

アブラゼミとニイニイゼミが多く、ジィージィと鳴いて私のことのようです。

ひときわ大きく鳴いているのは、ツクツクボウシで、これはその名の通りの鳴き声で威勢が

いゝです。でも高い処なので、よく捉えられません。

面白かったのは、ニィニィゼミで、アブラゼミの止まっているところに下から上って行きま

す。ニィニィゼミも小さいくせに、アブラゼミを物ともせず、アブラゼミの羽根に乗り上げ

越えようとします。アブラゼミの方はうるさくなったのか飛んで行きました。

このような光景を2回見ました。セミの密度が高く、特にニィニィゼミは、よく動き回ります。

                            《208.7.31 周南市 東郭》



イメージ 1


アブラゼミ







イメージ 2


ニィニィゼミ








イメージ 3


アブラゼミ








イメージ 4


アブラゼミとニィニィゼミ








イメージ 5


アブラゼミとニィニィゼミ








イメージ 6


アブラゼミとニィニィゼミ








イメージ 7


ニィニィゼミ








イメージ 8


アブラゼミとニィニィゼミ








イメージ 9


アブラゼミとニィニィゼミ








イメージ 10


ニィニィゼミ







イメージ 11


アブラゼミ








イメージ 12


ツクツクボウシ








イメージ 13


ツクツクボウシ








イメージ 14


ニィニィゼミ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事