ここから本文です
周南市 東郭の世界
7/18日本時間 6:00 周南24℃東京24℃ 奈良25℃台湾25℃上海27℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

薄暮の岡山機関区です。

新幹線のぞみ43号に乗車して岡山駅を出るとすぐ左側に岡山機関区が見えて来ました。

広大な敷地には、ライトが点灯し、黄色い115系電車などが並んでいました。

特徴的なのは白い岡山ドームです。

それから、新幹線岡山車両所にN700系が1両留置されていました。

普段は、新幹線車両が6・7本並んで見えるのに連休中の臨時運転にでも出払っているのでしょ

うか、1両しか居ませんでした。

                            《2019.5.20 周南市 東郭》
イメージ 1


岡山機関区


岡山機関区は、岡山県岡山市北区にある日本貨物鉄道(JR貨物)の車両基地および乗務員基地である。山陽本線岡山貨物ターミナル駅に隣接しており、同駅から本線を走行することなく機関車の入出区が行われる。当区所属の機関車は伯備線や予讃線へ乗り入れる貨物列車を牽引しているほか、一部は水島臨海鉄道へも乗り入れている。また東海道・山陽本線の高速貨物列車の運用にも入っており、関東地方にも赴く。また、西日本旅客鉄道(JR西日本)岡山電車区所属の機関車の検修も受託している。《出典:Wikipedia》


イメージ 2


新幹線岡山車両所

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ

こんばんわ!

昨日、島田川へ探鳥に行きました。

収穫は、ヤマセミ・ミサゴ・ウミネコ・キアシシギ・オオヨシキリです。

特にオオヨシキリは所見であり、大きな声で ”ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ” とうるさい

ほど絶えず鳴き続けていました。でも、葦の中から聞こえて来るばかりで、待っていると

漸く見つけることが出来ました。

                           《2019.5.20 周南市 東郭》



イメージ 1


ヤマセミ








イメージ 2


ウミネコ







イメージ 3


チヌ








イメージ 4


ミサゴ







イメージ 5


キアシサギ








イメージ 6


オオヨシキリ


オオヨシキリ(大葦切、Acrocephalus arundinaceus)は、スズメ目ヨシキリ科に分類される鳥類
 
分布
アフリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、シンガポール、日本、フィリピン、ブルネイ、マレーシア
夏季はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季はアフリカ大陸中部以南やユーラシア大陸南部等で越冬する。日本では夏季に亜種オオヨシキリが繁殖のためほぼ全国に飛来する(夏鳥)。

形態
全長18.5cm。雌雄同色で、背面は緑褐色、腹面は淡褐色の羽毛で覆われる。
眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は白く明瞭。嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。

生態
ヨシ原等に生息する。
食性は動物食で、昆虫類、節足動物等を食べる。ヨシ原や周囲の森林で獲物を捕食する。ヨシを切り裂いて中にいる獲物を捕食するとされ、和名の由来とされる。
繁殖形態は卵生。繁殖期には縄張りを形成し、しばしば1羽のオスに対し複数羽のメスによるハーレムを形成する。ヨシの茎や葉等を組み合わせたお椀状の巣を作り、日本では5-6月に1回で4-6個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13-15日。雛は生後11-13日で巣立つ。カッコウに托卵の対象とされることもある。《出典:Wikipedia》

 

イメージ 7


オオヨシキリ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事