ここから本文です
周南市 東郭の世界
7/19日本時間 6:00 周南24℃東京24℃ 奈良23℃台湾24℃上海26℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

こんばんわ!

周南市の西光寺川から「かわせみだより」を発信しています。

この欄に西光寺川からカワセミだよりを投稿したのは3月21日が最後しした。

カワセミだよりは、5月17日以来です。

西光寺川のカワセミはあれから姿を見せないので、他の野鳥撮影に勤しんでいました。

ところが、きょうの16:00′ ふと西光寺川の楠木枝に飛んで来たカワセミを見たのです。

カメラを準備して、撮ろうとする直前、逃げられてしまいました。

”お〜、カワセミじゃ” と見ただけでも嬉しくて、たばこを吸っていると、16:05′定点Aに

飛んで来ました。それから、2〜3回水中ダイビングをし、お魚1匹をゲットして去っていきま

した。

以前から西光寺川で撮るカワセミは、勝手に”カワセミ小太郎” の愛称を付けていますが、

これは、まさに ”カワセミ小太郎” であります。

                          《2019.6.5 周南市 東郭》


イメージ 1


カワセミ小太郎

          どうやら、このカワセミ小太郎は、幼鳥の♂です。





イメージ 2


カワセミ小太郎

幼鳥と言ったのは、胸毛がオレンジ色になっておらず、まだ、黒っぽい産毛が残っている

からです。♂と言ったのは、嘴の下が黒いからです。♀は下嘴が赤いのです。         




イメージ 3


カワセミ小太郎

3月21日に投稿した時、カワセミ♂が♀を追っ掛けまわしていたので、そのうちペアリングに

なり産卵・孵化して雛が巣立ちするのを楽しみにしていました。

カワセミの抱卵は、約19日、それから巣立ち迄24日掛かります。

この幼鳥は、もう巣だってから何日経っているのでしょうか?

自力で、お魚もゲットします。

西光寺川のどこかで巣穴を掘り、営巣するのだろうと思いますが、私は野鳥保護の立場から

巣穴を探したりしません。目の前のカワセミを写して楽しむだけです。





イメージ 4


カワセミ小太郎








イメージ 5


カワセミ小太郎



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

温井ダムの放流は、中位標高放流というのだそうですね。

広島県加計の奥に温井ダムというのがあって、今の時期放流する様子が素晴らしいと、野鳥

愛好家のHさんからの情報です。

5月29日、臥龍山にも探鳥にいくので午後14:00からの温井ダム放流を見に行きました。

                            《2019.6.5 周南市 東郭》


イメージ 1


温井ダムの所在地は、広島県山県郡安芸太田町大字加計加計1956-2(国土交通省中国地方

整備局温井ダム管理所)で加計の町から国道186号線を北上していると、約15分〜20分で

到着します。 






イメージ 2


温井ダム管理所

国道186号線から下りるとパーキングがあって、堰堤向こうにダム管理棟が

あります。此処にも展望台や駐車場があります。管理棟からエレベーターで地下5Fまで

下りると、放流口が頭上に見えます。




イメージ 3


堰堤から放流口など見下ろしています。






イメージ 4


放流口の展望台へ着きました。







イメージ 5


放流する水は、直接滝山川へ流すのではなく、この溜枡へ入れて徐々に流していくそうです。







イメージ 6


                  14:00 放流開始







イメージ 7


        放流口から次第に水の束が大きくなって勢いをつけています。







イメージ 8


【2019年 温井ダム放流期間・日時情報】

温井ダムでは、毎年6 11日 〜 10 25日までの期間を「洪水期」として定めています。
この期間には、梅雨前線や台風によって発生する洪水から流域の皆さんの暮らしを守るためにダムの管理水位をあらかじめ下げておき、その空き容量を利用して洪水調節を行います。
この準備のため、下記の日程で下流域に影響がないよう放流を行い、水位を9m程度(常時満水位の標高 360mから洪水期制限水位の標高 351m)低下させます。

平成31年度の温井ダム水位低下放流は、 4 15() 6 2()までを予定しております。
管理事務所のWEB情報ですが、本年は6月2日で終わりました(ゴメンネ!)






イメージ 9


     ”まあ、このくらいのものじゃろぅ” と甘く見ていたのが大間違いでした。






イメージ 10


放水量は、放水口2つで毎秒60㌧になるそうです。

当日は、放流時間が15分でしたので、54,000㌧放水しました。

25mプールの水張は540㌧と計算されているようですので、100杯分となります。

こう言われてもなかなか実感は湧きません。例えば、タンクローリーの容量は

中型で約10㌧ですから毎秒ローリー6台分の水が降っていることになります。

また、原発の冷却水量は、出力100万KWで毎秒60〜70㌧必要だそうです。




イメージ 11


放水して1〜2分も経つと、水滴や霧が底から湧き上がってきます。







イメージ 12


雨衣や傘が必要とあったのは、このことでした。






イメージ 13


放流された水は、底から水飛沫が上り、水滴となって湧きあがあります。

上昇気流が生まれ展望台は、雨とも霧とも言えないシャワーのようです。








イメージ 14


毎秒60㌧の急流







イメージ 15


太田川の支流である滝山川の中流部に、最新最高水準の技術を駆使して建設されたアーチ式ダム。ダムの高さはアーチ式では日本で黒部ダムに次いで2番目の高さ(156m)を誇ります! 長さは382m、総貯水量8,200万トン。
ダム最下部に通じるエレベータを降りると、約200m続く涼しいトンネルがあります。途中、ダムを支える岩盤に触ることもでき、下流広場を見学することができます。また、 ダムによって形成された人造湖は龍姫湖(りゅうきこ)と命名され、財団法人ダム水源地環境整備センターによって「ダム湖百選」に選ばれている、広島県で人気の観光地。管理所に行くとダムカードも貰えますよ♪《出典:安芸太田ナビ》







イメージ 16


温井ダム
 

所在地     広島県山県郡安芸太田町大字加計

河川      太田川水系滝山川
ダム湖     龍姫湖【ダム湖百選】
 
ダム諸元
ダム型式    アーチ式コンクリートダム

堤高      156 m

堤頂長     382 m

堤体積     810,000 m³

流域面積    253 km²

湛水面積    160 ha

総貯水容量   82,000,000 m³

有効貯水容量  79,000,000 m³
利用目的    洪水調節・不特定利水・上水道・発電
事業主体    国土交通省中国地方整備局

電気事業者   中国電力

発電所名
(認可出力)  温井発電所(2,300kW

施工業者    鹿島建設・西松建設・五洋建設
着手年/竣工年
1974/2001



イメージ 17

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

おはようございます!

周南市は、よく晴れています。最高気温は28℃となっていますので、これからどんどん気温が

あがるものと思いますが、若干、風が吹いていますので木陰などでは過ごし易いでしょう。

趣味の野鳥観察も暇をつくってあちこち探鳥に出かけますが、県外は広島県八幡原公園へ

2回行きました。何度行っても感動して帰ってくるのですが、5月・6月野鳥の繁殖期なので

一層期待が持てると云うものです。是非、近々行きたいのですが、八幡湿原のカキツバタなど

綺麗に咲いているでしょうね。

今回は、5月29日に探鳥に行った時の写真です。

アカゲラ・シジュウカラ・ホオジロ・カワラヒワ・モズちゃんです。

                           《2019.6.5 周南市 東郭》



イメージ 1


アカゲラが虫を咥えています。雛鳥に運ぶのでしょうか。






イメージ 2


シジュウカラが巣穴から顔を出しました。







イメージ 3


シジュウカラが巣穴にも雛がいるようです。








イメージ 4


ホオジロが長くさえずってくれて、美しい鳴き声に癒されます。







イメージ 5


ホオジロ








イメージ 6


カワラヒワ







イメージ 7


モズちゃん



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事