ここから本文です
周南市 東郭の世界
7/19日本時間 6:00 周南24℃東京24℃ 奈良23℃台湾24℃上海26℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

光市の島田川河口でコチドリを見ました。

今年春、岩国の門前川で初めて見たので、2回目です。

その時は、イカルチドリと同じ処だったので迷ったのですが、この可愛い金色のアイリングが

決めてです。体長は16cmでチドリの中では一番小さいと言われています。

千鳥足というのは、このコチドリから来ているようで、コチコチと早足で数メートル進んでは

立ち止まるという仕草を繰り返して歩きます。

県内では、よく見かける野鳥のようですが、その素早い動きで気が付きにくいです。

コチドリは、千鳥だけあって足が長いですねぇ〜

スマートで可愛い野鳥です。

                           《2019.6.15 周南市 東郭》



イメージ 1


コチドリ


コチドリ(小千鳥、学名:Charadrius dubius)は、チドリ目チドリ科チドリ属に分類される鳥類の一種。

分布
ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する。 日本では亜種コチドリが夏季に本州、四国、九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥)。南西諸島では冬鳥。



イメージ 2


コチドリ

形態
全長が約16 cm、翼開長が約35 cm。日本のチドリ類では最小の種。頭頂部と背面は灰褐色、腹面は白い羽毛で覆われる。
眼の周囲の羽毛は黄色。この太い黄色のアイリングが特徴で、近縁種のハジロコチドリはアイリングがほとんど目立たず、イカルチドリのアイリングはより細い。他のチドリ類と異なり翼の上面に翼帯がない。嘴から眼を通り側頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。額にも黒い斑紋が入り、過眼線と交わる。喉から後頭部にかけての羽毛は白い。頸部には黒い首輪状の斑紋が入る。肢はオレンジ。
夏羽ではこの斑紋が黒いが、冬羽では薄くなる。また咽頭部にも首輪状の黒い斑紋がある。冬羽では眼の周囲の黄色いアイリングの幅が小さくなる。雌雄ほぼ同色。胸の黒い帯は雄の方が太い傾向がある。眼の周囲の太い過眼線は雄が黒色で、雌は褐色味を帯び黒色。幼鳥は全体の色がより褐色味を帯び、額に黒帯がない。

生態
海岸や河川の中流域、湖、池、沼、水田、畑等に生息する。渡りの時期には、山地の開けた草原に飛来することもある。
食性は動物食で、昆虫類、ミミズ類などの節足動物を食べる。ユスリカ類の小型昆虫をよく食べる。水田や干潟などで採食することもある。俗に千鳥足と呼ばれるジグザグとした移動と静止を織り交ぜて素早く獲物に詰め寄り捕食する。浅い水辺で片脚を震わせて地面を叩くようにして、水生昆虫をおびき出して捕食することもある。
繁殖形態は卵生。海岸の砂浜や埋立地、内陸の畑や造成地などに巣をつくる。浅い窪地を掘り小石や貝殻等を敷いた巣に、日本では4-7月に1回に3-4個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は24-25日。親は巣に外敵が近づくと翼を広げて身を屈め傷ついた振り(擬傷)をして巣から離れ、外敵の注意を巣から反らす。雛はその間じっとして動かず、保護色により周囲の小石と区別がつきづらくなる。雛は孵化後半日ほどで巣を離れ、親と一緒に採食するようになる。生後24-29日程で飛翔できるようになり、その後8-25日で独立する。生後1-2年で性成熟する。「ピィ」、「ピィピョ」と鳴き、繁殖期には「ビュービュー」と鳴きながら飛翔する。《出典:Wikipedia》




イメージ 3


コチドリ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

山口県の岩国れんこんは、もっちりとした粘りとシャキシャキ感が特徴で、味の良さは抜群が

特徴ですね。県内だけでなく県外からも高い評価を受けています。

写真は、れんこん栽培畑で、この前作付けしたのに、もう、こんなにおおきな葉っぱに

成長しています。

此処は、岩国の門前地区というのですが、錦川は最下流で門前川と今津川に分かれていま

す。この中洲が川下地区になり米軍基地や海自基地・錦帯橋空港がある処です。

門前という地名の由来は、喜楽寺という大きな寺があり門前の町として発達したが、ある

日、寺を破却して芸州吉田に移転した。尾津の平地は全て藩政時代の干拓による。

 尾津の山際は江戸時代中期まで海岸であり景勝地であった。《出典:徴古館資料》と書かれ

ています。岩国は関ケ原の戦い後、移封された「吉川家」の岩国城のある城下町ですが、

岩国れんこんの栽培は、”寛政8年(1796年)に、岩国の愛宕地区の村本三五郎氏が、藩主

吉川候の命を受けて、現在の岡山県から備中種の種バスを持ち帰り、門前地区に植え付けた

のが始まり” だそうです。

                          《2019.6.15 周南市 東郭》

イメージ 1

6月13日の蓮根畑

岩国れんこんは、穴が9つあって大変美味しいのですが、藩主吉川家の家紋が蛇の目九曜紋で

あり、これを聞いて藩主がとても喜んだという逸話もあります。

イメージ 3
                        《蛇の目九曜紋》


岩国れんこんの生産量の推移はピークが昭和47年で、作付面積331ha、出荷量5,000㌧と

膨大でありました。いまは、都市化で作付け面積200haとなり出荷量は3,290㌧(H.29年度)

となって居ます。

ところで、全国の県別出荷量ランキング(H.29年度)は、1位茨城県29,500㌧、2位徳島県

7,060㌧、3位佐賀県6,510㌧、4位愛知県3,760㌧、5位山口県3,070㌧、6位熊本県2,320㌧

となっています。全国計で61,500㌧だそうです。



イメージ 2


6月13日の蓮根畑


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事