ここから本文です
周南市 東郭の世界
8/21日本時間 6:00 周南26℃東京25℃ 奈良26℃台湾24℃上海27℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫乗り物/飛行機・新幹線

記事検索
検索
米海兵隊岩国航空基地の米海軍艦載機 EA-18G グラウラー 電子戦機を撮りました。

電子戦機とは、電子戦を行う航空機というのですが、戦闘機のイメージしかないので、

いま、一つイメージが湧きません。

F/A-18ホーネットをベースに開発されたようですので、性能は戦闘攻撃機の能力があります

が武装は、AIM-120AMRAAMとAGM-88HARMしか装着しないようです。

                           《2019.6.6 周南市 東郭》




イメージ 1


EA-18G グラウラー 電子戦機

【電子戦機とは?】

強力なECM/ECCM装置を多数搭載し、ジャミングにより敵レーダーを無力化し論理的に制圧(ソフトキル)するSEAD専用機。
基本的に兵装を搭載しない場合が多いが、自ら搭載する対レーダーミサイルにより物理的に破壊(ハードキル)を行う事もある。 

電子戦を行う機体全般を指す言葉。電子偵察機などのESMを行う機体も含めた総称。




イメージ 2


EA-18G グラウラー 電子戦機

アメリカ海軍の電子戦機

EP-3EAries IISIGINT機)
EA-6A/B(電子妨害・SEAD機、退役)
EA-18Gグロウラー(電子妨害・SEAD機)





イメージ 3


EA-18G グラウラー 電子戦機


電子戦機(でんしせんき、英語: electronic warfare aircraft)とは、電子戦を重視して設計・装備された航空機のこと。
その開発には高度な電子情報技術の集積が必要なため、先進国の一部しか保有しておらず、その中でもアメリカ合衆国が充実している。その理由は、軍事用電子機器の大半がアメリカ製であるからであり、自国の軍事的政治的優位を維持するためである。





イメージ 4


EA-18G グラウラー 電子戦機


概要
航空機の発展は電子技術の発展がその背景にある。これは航空機に限らず、航空機を防御する側でもそうで、電子技術への依存度は大きい。軍用機による作戦遂行能力は、電子機器の能力によるところが大きく、一方で敵の航空機搭載用、あるいは地上配備用等の電子機器は、ミッションの遂行に大きな脅威となる。それらの電子機器に対する作戦が電子戦(EW)である。
現在、電子戦は、電子攻撃(EA / ECM)、電子防護(EP / ECCM)、電子戦支援(ES / ESM)の3領域に大別される。これら3領域のうち、電子防護についてはソフトウェア的な施策が主となることから、ハードウェアとしての電子戦機は、電子攻撃ないし電子戦支援を重視して装備されることが多い。電子攻撃を重視する機体については、電子対抗手段(ECM)を主とする電子妨害機と、対電波放射源兵器(ARW)を主とするSEAD機がある。一方、電子戦支援を重視する機体については電子偵察機と通称されるが、作戦指揮官のための電子戦支援だけでなく、諜報活動の分野に属するSIGINTCOMINTELINTなど)にも用いられる。味方のレーダーへ意図的に妨害をかけて訓練時の電子戦環境を演出する電子戦訓練機も存在する。
電子戦機の大半は輸送機などの大型機を改造したものであり、戦闘機の行動に随伴できる電子戦機(エスコート・ジャマー)を開発しているのはアメリカとロシアだけである。
なお、このように電子戦が重視されている状況から、専任の電子戦機以外の航空機にも、ある程度の電子戦用の機材が搭載されていることが多い。特に早期警戒管制機(AWACS)は概して強力な電子戦能力を備え、また対潜戦の必要上から対潜哨戒機は電子戦支援に注力している。それ以外の作戦機も、自衛用のES装備であるレーダー警報受信機(RWR)は搭載していることが多く、自衛用のECM装備である電波妨害装置についても、内蔵型ないし外装型の様々な機種が開発されている。《出典:Wikipedia》





イメージ 5


EA-18G グラウラー 電子戦機

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

山口県防府市の自衛隊防府北基地は、主に航空自衛隊第12教育団の航空自衛隊パイロットを

養成する基地です。他に陸上自衛隊防府分屯地もあります。

毎年、航空祭が開かれますが、令和に改元して初めてでもあります。しかし、憧れのブルーイ

ンパルスがやって来なかったことや曇天であったことから機動飛行も低調になりました。

入場者数は、判りませんが約2万数千人でしょう。ブリーインパルスが来ると3万数千人に

なります。

しかし、山口県岩国市の航空祭ブレンドシップデーには、16万人の来場者があったそうで、

全く規模が違います。米海兵隊岩国航空基地と海自の極東最大基地の航空祭は、魅力があるの

ですねぇ〜 しかし、あれは人が多過ぎて困ります。

防府北基地の滑走路は、1,480mであり通常、ジェット機の配備はありません。

この度のF-2戦闘機機動飛行は、福岡県築城基地(第8航空団)からやって来たものと

思います。なにしろ、築城基地から防府北基地までは60㎞ですから、F-2戦闘機だと数分で

到達します。昨年のブルーインパルスも築城基地からやって来ました。

まあ、防府北基地の航空祭もジェット機の飛行や轟音も味わえますし、こじんまりして私など

には結構楽しめます。

                            《2019.6.4 周南市 東郭》




イメージ 1

防府北基地航空祭スケジュール






イメージ 2


T-7練習機


T-7新初等練習機、性能向上、騒音低減が図られています
T-3の後継機として、平成12年度に選定された新初等練習機。特徴は、ターボプロップ・エンジン搭載による性能向上と騒音低減が図られていること、さらに冷房装置搭載とコックピットの居住性の向上が実現しています。12年度に2機を取得して以降、20年度までに49機取得しました。《出典:空自HP》


イメージ 3


T-7練習機

主要諸元
主要スペック
分類        初等練習機
乗員        2
全幅        10.04m
全長        8.59m
全高        2.96m
エンジン
搭載数      1
名称        250-B17F
性 能
最大速度    203kt
航続距離    950km





イメージ 4


T-7練習機







イメージ 5


F-2戦闘機


F-2は、米国のF-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し日米共同で改造開発した戦闘機です。昭和63年にFS-Xとして開発に着手し、平成7年に初飛行、12年度に開発は完了しました。F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しています。《出典:空自HP》


イメージ 6


F-2戦闘機

主要諸元
主要スペック
分類          戦闘機
乗員          1/2
全幅          11.1m
全長          15.5m
全高          5.0m
エンジン
搭載数        1
名称          F110-GE-129
性 能
最大速度      マッハ約2.0

武装          20mm機関砲
空対空レーダーミサイル
空対空赤外線ミサイル
空対艦ミサイル

 



イメージ 7


F-2戦闘機








イメージ 8


F-2戦闘機








イメージ 9


F-2戦闘機

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

昨日(6月2日)、防府北基地航空祭が開催されました。

生憎の曇天で、展示飛行の様子もクッキリとは行きませんでしたが、轟音と超低空を飛ぶ

戦闘機の凄さに圧倒されました。

ブルーインパルスはやって来ませんでしたので、ちょっと残念でした。

撮影現場には、9時過ぎに到着し空を見ていると、突然、ジェット戦闘機が姿を現しました。

最初の撮影時刻は、11:30′です。

                           《2019.6.3 周南市 東郭》




イメージ 1


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機


     最初から背面飛行を見せた。スモークは操縦席両側?から出ている。




イメージ 2


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機


尾翼にWW35FWの記号が見える。どうやら太平洋空軍第35戦闘航空団所属らしいです。

つまり、青森県の三沢飛行場からやって来たことになるが、直通かどうかは不明。

例えば、三沢基地から防府北基地までは直線距離で約1,140㎞あり、f-16戦闘機の最大速度

はマッハ2.02(時速約2,400km/h)でありますので、30分で到着し、1時間あれば往復でき

ることになります。若し、三沢から直接やって来て、予定時刻11:30′にピッタリ合わせるなん

て、神技というほかありません。


イメージ 3


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 4


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機


F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン (FightingFalcon)

ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。《出典:Wikipedia





イメージ 5


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 6


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機


F-16C/Dファイティング・ファルコン戦闘機

諸元・性能
乗員        C型:1人、D型:2
全長        15.04m
全幅        9.45m
全高        5.09m
自重        8,437kg
最大離陸重量         19,187kg
エンジン 1基 名称:F110-GE-129(またはP&W F100-PW-229) 推力:13,154kg
最大速度 マッハ2.02
戦闘行動半径         556km
兵装        M61A-1 20mm機関砲×1
製作        ロッキードマーチン(旧ジェネラルダイナミックス)





イメージ 7


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 8


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機


概要

F-16ファイティング・ファルコンは1970年代半ばに開発された軽量戦闘機である。後に全天候戦闘能力、対地攻撃能力が付加されたマルチロール機として世界20ヶ国以上に採用されたベストセラー機となった。実験機や計画機等も含めると多種の派生型が存在するが、大きくは単座のF-16Aおよび復座のF-16B、およびその発展型のF-16CF-16Dが米軍で運用されている機体である。また、アラブ首長国連邦向けにF-16E/Fが生産されている。

F-16の最も特筆すべき点は操縦系統にフライ・バイ・ワイヤを採用した事である。フライ・バイ・ワイヤは従来のケーブルやロッド等による機械的な操縦制御と異なり、コンピュータを介した電気信号によって動翼等を制御するもので、これにより静安定性緩和などの導入による機動性の向上に寄与した。またサイドスティック型の操縦桿、胴体と主翼を一体成型としたブレンテッド・ウイング・ボディ、パイロットの前方に枠を設けない視界の良いキャノピー、胴体下のエアインテークなど、革新的な技術が多数導入されている。

現在主力となっているF-16CF-16Aの改良型で、1986年から引き渡しが始まった。MSIP(多段階改良計画)によりコクピット、機体、電子機器を改良するとともにレーダーを探知距離延伸、多目的同時処理能力を加えた改良型のAPG-68に換装、対地攻撃能力を強化した。F-16Cのブロック4042からはLANTIRNポッドを搭載し夜間攻撃能力が追加され、F-16CG/DG「ナイトファルコン」と呼ばれる。さらにブロック5052AMRAAM空対空ミサイル運用が可能になったほか、レーダー制圧任務「ワイルドウィーズル」が可能になり、老朽化したF-4Gファントム退役の後を埋めた。この型はF-16CJ/DJと呼ばれる。

武装はM61A1 20mm機関砲を胴体左側に固定武装として備えるほか、AIM-120AMRAAMAIM-9サイドワインダー等の空対空ミサイル、さらに空対地ミサイル、空対艦ミサイル、誘導・無誘導の各種爆弾、クラスター爆弾、ロケット弾などマルチロール機として様々な兵装を搭載可能である。

日本では青森県の三沢基地に第35戦闘航空団の第13戦闘飛行隊、第14戦闘飛行隊があり、先述のF-16CJ/DJ・ブロック52を運用している。テイルコードはワイルドウィーズルを表す「WW」が使用されている。さらに韓国/烏山(オーサン)基地に第51戦闘航空団の第36戦闘飛行隊、群山(クンサン)基地に第8戦闘航空団の第35戦闘飛行隊、第80戦闘飛行隊があり、ブロック40F-16CG/DGを運用している。
三沢の第35戦闘航空団にはF-16CJによる米大平洋空軍公式のデモフライトチームがあり、日本国内外の航空祭で展示飛行をおこなっている。






イメージ 9


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 10


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 11


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機








イメージ 12


F-16CJファイティング・ファルコン戦闘機

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

米海兵隊岩国航空基地でステルス戦闘機F-35Bが訓練をしていました。

5月10日の午後ですが、ご覧のF‐35Bステルス戦闘機2機です。

F-35Bは、ステルス性を備えたSTOVLタイプ(短距離離陸・垂直着陸)であり、岩国基地

へ16機配備されたことで話題になっています。さらに、2020年秋までには、16機追加し

32機になるとのことです。日本政府も先日トランプ大統領が来日した時の共同記者会見で

F-35ステルス戦闘機105機の購入する意向を示したという話も伝わっています。

F-35Bステルス戦闘機を岩国に見るのは、これで3回目だと思いますが、いつ見ても不気味と

いうほかありません。得体の知れない怪物が空を飛んでいる印象です。

僅か、全長15〜16mの機体は14.6㌧ですが、それに燃料6㌧、兵装6.8㌧を積んでM1.6で

飛ぶというのですから、恐るべき推力です。大袈裟に言えば、機体の半分は燃料で、半分は

兵装というのですから恐れ入ります。

                       《2019.6.1 周南市 東郭》



イメージ 1


F-35Bステルス戦闘機


F-35ライトニングII(英: F-35 Lightning II)は、単発単座の多用途性を備えたステルス

戦闘機。アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発。
基本型の通常離着陸機(CTOL)であるF-35A、短距離離陸垂直着陸機(STOVL)のF-35B、艦載機(CV)型のF-35Cという3つの派生型を製造する野心的なプロジェクトである。




イメージ 2


F-35Bステルス戦闘機

F-35Lightning II


F-35B仕様

乗員       1

全長       51.2ft (15.61m)

全幅       35ft (10.67m)
全高       14.3ft (4.36m)

翼面積      460ft² (42.74m²)

空虚重量     32,300lbs (14,651kg)
機内燃料重量   13,500lbs (6,123kg)
兵装搭載量    15,000lbs (6,804kg)
最大離陸重量   約60,000lbs (27,216kg)
エンジン     F135-PW-600

推力       F135-PW-100124.55kN 191.27kN 
F135-PW-600
120.10kN 182.38kN

最大速度     M1.6、〜1,200mph (1,931km/h)
航続距離     >900n.mile (1,667km)
戦闘行動半径   >505n.mile (935km)
荷重制限     +7.0G
 
                                                                                         《出典:Wikipedia》



イメージ 3


F-35Bステルス戦闘機


                右の機が、右旋回してこちらにやって来る。





イメージ 4


F-35Bステルス戦闘機


               既に、車輪は出している。





イメージ 5


F-35Bステルス戦闘機








イメージ 6


F-35Bステルス戦闘機


コックピットの後方が空いたのは何故?

F-35BVTOL機能を持っているので、垂直離着陸時に下方に噴射する為の専用のエンジンを搭載しています。それがコクピット後方に配置されており、ファン使用時に空気取り入れ口(機体上部)とファンノズル(機体下部)の扉が開く様になっています。
以上から、この機は垂直着陸をするみたいです。初めての写真です。



イメージ 7


F-35Bステルス戦闘機

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

今日、我が家の前を新幹線ドクターイエローが通過しました。

時刻は、12:40分です。徳山駅の通過時間が12:41分なので、東方4.3km(太華山)前

までは、時速258km/hの速度を出していることになります。

ドクターイエロー速度は、最高速度が210km/hなので、恐らく私の計算は間違っています。

ところで、山陽新幹線徳山駅のカーブは半径が1600mと厳しく、現在では速度を185km/h

(従来は175km/h)減速して通過します。

徳山駅で新幹線を待っていると、通過線路の勾配の大きさに驚かされます。

角度は、5度らしいのですが、カーブ内側の線路と外側の線路の高さは、多分線路の高さ分くら

い高低差があります。

これを通るN700系など通過列車を真近で見ると、その速さにビックリして怖いほどです。

近頃の新幹線ホームは、高いホームドアに阻まれて、新幹線写真も面白くなくなりました。

でもJR新幹線徳山駅は、まだ、設置されていません。

ですから、ここでは新幹線の車輪まで撮れるのです。

みなさんも、列車撮影は徳山駅へ来てみて下さい。

きっと、いゝ鉄道写真が撮れますよ!

但し、ホームの端に近づくのは、気をつけてくださいね!

                           《2019.5.30 周南市 東郭》


イメージ 1


ドクターイエローが太華山前にやって来ました。







イメージ 2


ドクターイエローの全部の車両を撮りました。







イメージ 3

ドクターイエローが東に進んで、広島へ行きます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事