ここから本文です
周南市 東郭の世界
6/13日本時間 6:00 周南17℃東京15℃ 奈良17℃台湾22℃上海21℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫野鳥

記事検索
検索
おはようございます!

山口県周南地方の冬の野鳥です。

今回は、メジロ・ミヤマホオジロ♂・ジョウビタキ♂♀・ホオジロ・ミサゴです。

でも、冬は渡り鳥のミヤマホオジロやジョウビタキなどがやって来て、嬉しいですねぇ〜

                           《2019.2.6 周南市 東郭》



イメージ 1


メジロ






イメージ 2


ミヤマホオジロ♂







イメージ 3


ジョウビタキ♂






イメージ 4


ジョウビタキ♀








イメージ 5


ホオジロ







イメージ 6


ミサゴ







イメージ 7


ミサゴ



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

周南市の万葉の森に探鳥に行きました。

2月2日のことでしたが、蓮池に久しぶりにカワセミが出て、愛好会の皆さんも喜んでいまし

た。無論、私も何回も空振りだったので大喜びだったのは、言うまでもありません。

この日のカワセミは、一日中、上の池と下の池を行き来するもずっと滞在し、何回も水中ダイ

ブを繰り返し、何回もお魚など獲っていました。

多分、皆さんは満足できる写真も撮られたと思うのですが、私は一枚もないと思います。

ドボンドボンと飛び込むのですが、なかなか、そのタイミングに合いません。

初心者なので無理もないのですが、集中力が続かずよそ見したりすると、不思議にその時飛び

込むのです。まあ、これは自分のことであり技術を磨くしかありません。

私がカワセミに夢中になっている間、家人は万葉の森に入って小鳥を撮っていましたが、

ルリビタキ♀やアオジをヒットしていました。

小鳥の豊かな万葉の森は、バードウオッチャーにとっても又とない楽園です。

                           《2019.2.4 周南市 東郭》



イメージ 1


ルリビタキ♀






イメージ 2


ルリビタキ♀








イメージ 3


コゲラ








イメージ 4


アオジ







イメージ 5


シジュウカラ







イメージ 6


魚を獲ったカワセミ







イメージ 7


カワセミ

こんばんわ!

月日の経つのは早いもので、1月もあっと言う間に終わり、もう2月ですね。

今日の野鳥は、1月30日周南市で撮影したものです。

野鳥観察は、どの季節も特有な野鳥が来て楽しいものですが、この季節、冬鳥も加わって

います。ノスリもシメも冬鳥です。ヤマセミは留鳥ですが、非常に珍しく周南市に生息する

のは、10羽くらいではないでしょうか? でも、錦川の半分近くは、周南市なので上流にも

きっといる筈です。

                            《2019.2.2 周南市 東郭》


イメージ 1


ノスリ







イメージ 2


ヤマセミ








イメージ 3


ヤマセミ









イメージ 4


シメ








イメージ 5


シメ



こんばんわ!

今日の周南市は、よく雪が降りました。

ところが、大雪の降っている11:30′頃、野鳥のイカルが10羽ほどやって来ました。

そして、榎木の実を啄んで、しばらく遊んでいました。

イカルは、元旦にもやって来ましたが、これで今年2回目です。

                           《2019.1.26 周南市 東郭》


イメージ 1









イメージ 2










イメージ 3


大きな牡丹雪です。






イメージ 4

  にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


ヤマセミの個体数は、非常に少ないですねぇ〜

山口県では、準絶滅危惧種です。個体数の減少については、河川の改修などで営巣に適した

土の崖などが少なくなってと説明しています。

また、分布については、北海道から九州まで留鳥として生息、繁殖している。県内では内陸部

の河川や渓流に生息する。湖沼でも観察できる。熊毛町筏場、大河内、秋芳町岩永、徳山市

四熊、光市浅江、柳井市大原などで繁殖の記録があるそうです。

下の写真は、島田川で撮影できたものですので、光市浅江に関係しているのですかね。

野鳥撮影も、次第に珍しい野鳥の方へと行く段階があるようです。

貴重な種類の野鳥に巡り合うと、それはそれは嬉しいものです。

どうしても、アカショウビンなどは追っ掛けまわすようになるのですが、ベテランは遠慮し

て欲しいと言っています。理由は、アカショウビンが逃げて来なくなったからです。

私も西光寺川のカワセミは、家近くにやって来たとき撮影し、何処で営巣しているかなどは

一切詮索しません。

万葉の森蓮池でも、何処に巣があるか誰も調査はしません。暗黙了解で、蓮池だけで撮影

しているのです。こうしないとお互いに楽しめませんからね。

                           《2019.1.24 周南市 東郭》



イメージ 1


ヤマセミがお魚を銜えています。






イメージ 2


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事