ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/2日本時間 6:00 周南23℃東京25℃ 奈良23℃台湾25℃上海25℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫鳥ブログ

記事検索
検索

全155ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【猛禽類】トビ若鳥!

おはようございます!

上関の港でトビの若鳥を見ました。

トビって猛禽類? と疑問に思う程一般的な野鳥ですが、この若鳥を見た時は、翅など体色が

黒っぽく、白い羽毛との区別もハッキリしており、まだ、見たことがない猛禽類かとも思った

ほどでした。あれだけ、トビを見て来たのに、若鳥は初めて見ます。

トビ若鳥は、親鳥のように鷹揚さはなく、カラスが来た時は猛然と襲い掛かり蹴散らして

しまいました。トビはタカ目タカ科なので、本来の猛禽類の習性が色濃く残っているのでは

ないでしょうか? 久しぶりに格好いいトビを見ました。

                         《2019.8.31 周南市 東郭》


イメージ 1


トビ若鳥






イメージ 2


トビ若鳥







イメージ 3


トビ若鳥








イメージ 4


トビ若鳥







イメージ 5


トビ若鳥



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
猛禽類ミサゴは、島田川河口でよく見られます。

県内では、海辺・河川・湖とどこでも留鳥として見ることが出来ますが、安定的には島田川

河口と門前川河口が実績が多いです。

異名は魚鷹と言うそうですが、お魚を獲るのが上手だからです。

一番の魅力は、鋭い金目や真っ白な胸毛、足を覆う白い羽毛、大きな爪です。

翼開脹は、大きいもので180㎝に達するそうで、その迫力たるや相当なものがあります。

カメラを向けても逃げるようなミサゴではありません。

人間も車も彼らの相手ではないのです、

それでも真上に飛んで来たミサゴは撮ろうとしたときは、襲われるのではないかと、恐怖心が

頭をよぎります。

電柱などに止まっている時も10mくらい近づくのが限度であります、なぜなら、”キッ” と

鋭いまなざしと嘴で、こちらを見られると足が竦むからです。

まさに、河口の王者の風格を感じます。

                         《2019.8.27 周南市 東郭》





ミサゴ









ミサゴ










ミサゴ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
猛禽類ミサゴは、島田川河口でよく見られます。

県内では、海辺・河川・湖とどこでも留鳥として見ることが出来ますが、安定的には島田川

河口と門前川河口が実績が多いです。

異名は魚鷹と言うそうですが、お魚を獲るのが上手だからです。

一番の魅力は、鋭い金目や真っ白な胸毛、足を覆う白い羽毛、大きな爪です。

翼開脹は、大きいもので180㎝に達するそうで、その迫力たるや相当なものがあります。

カメラを向けても逃げるようなミサゴではありません。

人間も車も彼らの相手ではないのです、

それでも真上に飛んで来たミサゴは撮ろうとしたときは、襲われるのではないかと、恐怖心が

頭をよぎります。

電柱などに止まっている時も10mくらい近づくのが限度であります、なぜなら、”キッ” と

鋭いまなざしと嘴で、こちらを見られると足が竦むからです。

まさに、河口の王者の風格を感じます。

                         《2019.8.27 周南市 東郭》



イメージ 1


ミサゴ







イメージ 2


ミサゴ








イメージ 3


ミサゴ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ
こんばんわ!

夏になると平地に居た小鳥も見えなくなって、寂しい思いをしていましたが、山間部に行くと

結構いるものですねぇ〜

周南市でも、鹿野から長野山や金峰山あたりに行くと、イカルやメジロ、エナガなども見る

ことが出来、ここまで上がって来ていたのかと安心します。

長野山などには、キビタキやオオルリ、カケスも見ますが、今回はヤマガラが虫を捕っている

写真と平地には見られないソウシチョウです。

野生動物の野ウサギや猿やイノシシにも出逢います。大潮あたりではクマが出没した報も

ありますが、幸い見かけたことはありません。

可愛い小鳥の撮影に夢中になって藪などに入ると、マムシに咬まれることもあります。

これには、マムシ予防にはゴム長などの長い靴が良いようですが、足元のよく判らない処は

転落などもあり、踏み入れないに越したことはありません。

でも、野鳥がチラチラしているときなど、自分でも夢中になって足元が疎かになることも

あり、改めて気をつけたいと思います。

                           《2019.8.21 周南市 東郭》



イメージ 1


ヤマガラ








イメージ 2


ヤマガラ








イメージ 3


ヤマガラ








イメージ 4


ソウシチョウ







イメージ 5


ソウシチョウ








イメージ 6


ソウシチョウ

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ




ヒバリの飛翔!


イメージ 1


ヒバリ






イメージ 2


ヒバリの飛翔!








イメージ 3


ヒバリの飛翔!








イメージ 4


ヒバリの飛翔!







イメージ 5


ヒバリの飛翔!







イメージ 6


ヒバリの飛翔!








イメージ 7


ヒバリの飛翔!

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 周南情報へ

全155ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事