ここから本文です
周南市 東郭の世界
9/2日本時間 6:00 周南23℃東京25℃ 奈良23℃台湾25℃上海25℃ “ゆうぜんとしてほろ酔へば雑草そよぐ”

書庫地域情報

記事検索
検索
山口県感染症予防センターは、本日(1/16)インフルエンザ警報を発令しました。

地元テレビでも放映しましたが、特に周南市は、警報レベル30に対して50.45と県内第一位で

酷くなっています。今年は、まだ病院には行っていませんが、周南市内医院もインフルエンザ

患者が多くて忙し過ぎるとの話です。そう言えば、ゴルフ仲間もインフルエンザに罹患し2週

連続で欠場しています。その人の話では、熱は出なかったが咳が出て困ると言っていました。

医者にインフルエンザと診断されても、これと言った治療薬もなく、頓服薬をくれただけと

こぼしていましたが、困った感染症です。


イメージ 1
                                   《出典:鳥取県感染症センター》




2 定点把握感染症(5類感染症)
 
・インフルエンザ:県全体の定点あたり報告数が警報レベルの30を上回ったため、本日
1/16)警報を 発令しました。迅速検査診断結果でA型陽性が2015例、B型陽性が5例、A型、B型共に陽性が1例、臨 床診断・型不明が245例ありました。
[警報レベル:下関(1週目)、周南(1週目)、防府(1週目)、山口(1週目)
 注意報レベル:岩国(1週 目)、柳井(1週目)、宇部(1週目)、長門(1週目)、萩(1週目)]
 
※インフルエンザ:インフルエンザウイルスA/H1pdm09亜型(検体採取週 第2週)、インフルエンザウイル スA/H3亜型(検体採取週 第521週)が検出されました。


今冬のインフルエンザ流行情報(2018年〜2019年)

定点あたり報告数(2019)
        52  1    2
全体  4.45    9.59    34.33
下関  8.69    13.46  39.92
岩国  10.25  7.63    21.63
柳井  0.75    9.25    19.00
周南  1.36    7.55    50.45
防府  2.80    7.60    39.40
山口  5.50    20.00  44.63
宇部  1.36    4.36    26.00
長門  1.33    8.33    16.33
     1.33    2.00    18.00

イメージ 2
イメージ 3



平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省)

2.感染防止について

(1)「咳エチケット」について
 厚生労働省は、他の人への感染を防ぐため、「咳エチケット」をキーワードとした普及啓発活動を行い、マスクの着用や人混みにおいて咳をする際の注意点について呼びかけることとします。

咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて
1m以上離れましょう。

鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。


咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。

※マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

※咳エチケットを心掛けることは、周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく、周りの人を不快にさせないためのマナーにもなります。

(2)予防接種について

 インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます。
 

予防接種の接種回数については、13歳以上の方は、1回接種を原則としています。ワクチンの添付文書には「13歳以上のものは1回または2回注射」と記載されていますが、健康な成人の方や基礎疾患(慢性疾患)のある方を対象に行われた研究から、インフルエンザワクチン0.5mLの1回接種で、2回接種と同等の抗体価の上昇が得られるとの報告があります。ただし、医学的な理由により、医師が2回接種を必要と判断した場合は、その限りではありません。なお、定期の予防接種は1回接種としています。
なお、定期の予防接種の対象となる方は以下の通りです。

65歳以上の方
6064歳で心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方
これらの方は、定期の予防接種として、1回のインフルエンザワクチン接種を受けることが可能です。


おはようございます!

山口県にも結構オシドリが来ております。

今回は、錦川上流ですが、県北の河川や湖に居ます。

と言っても山奥の秘境のような人間の行けないような処にいますので、判らないのです。

美しい日本の自然に生息する準絶滅危惧種(山口県カテゴリー)オシドリを大事にしたいもの

です。

                            《2019.1.13 周南市 東郭》


イメージ 1


オシドリ







イメージ 2


オシドリ♂








イメージ 3


オシドリ群れ


今日の部分日食ご覧になりましたか?

朝、テレビニュースで6日午前中に欠けるというので、その時は、”曇っていてダメだろう!”と

思って聞き流していたのです。

10時前に野鳥観察していたとき、家人が"なんだか太陽が欠けているみたい!" と言うのです。

車のシェード越しにチラッと見えたのか、朝のニュースを思い出したのか判りませんが、私も

カメラで確認してみると、確かに欠けています。

もう、60年以上前は、小学校でもガラス板に煤をつけて、日食の観察をしていました。

今は、こんなことはやらないと思いますが、学校中の先生・生徒がみんな煤ガラスで太陽を

見ていました。それが、その日の最大の授業だったわけで、かなりな時代感がありますが、

いゝ想い出です。今は、夕日撮影の時のようにカメラのライブビューで確認することが

出来ますので、簡単です。とは、言っても付け焼刃であり、手持ちでは、証拠写真というだけ

結果になってしまいました。

                           《2019.5.6 周南市 東郭》



イメージ 1


10:02′






イメージ 2


10:07′






イメージ 3


10:11′






イメージ 4


10:15′
平成30年(2019年)のお正月は、如何でしたか?

光市のある給油所では、”孫たちか来て忙しいのなんの・・・” といささか疲れ気味でしたが、

顔は笑っていて嬉しそうでもありました。周南地方も都会に出て行った子供たちが、孫たちと

帰省する光景は、年の初めの風物詩であります。

周南市の遠石八幡宮の初詣客が、20万人と言われていますが、約人口14.5万人より多いのは、

この辺の事情であろうかとも思います。

私の初詣順序として、今回は花岡八幡宮を取り上げます。

花岡という地は、旧山陽道の宿場町で古来から栄えて来ました。毛利家が萩に城を構えてから

この地に都濃宰判(代官所)が置かれました。毛利藩では花岡勘場(かんば)と言いますが、

そこを中心に本陣・御番所・高札場なども配置され、交通の要衝として地方政治文化の

中心地となった処です。

昭和20年代には、まだ、旧山陽道の街道松も沢山残っていて、遠石八幡宮の前の旧山陽道

を東に行くと徳山精神病院の前の坂を下って久米に出ます。そこから山縣酒造・久米市の坂

を越えて和田に出て、末武川沿いに上って行くけば花岡(勘場)でしたが、云うまでもなく

砂利道であり、大きな形のよい松が所どころ残っていて、参勤交代の道の風情があったもの

です。

今回の花岡八幡宮も、一の鳥居は岩徳線の踏切辺りだったと思いますが、まだ、先の国道

2号線の処だったかも知れません。要するに参道を真っすぐ下がっていくと妙見様があって

下松湾に達するという往時の風景が思い浮かびます。

                          《2019.1.5 周南市 東郭》


イメージ 1


花岡八幡宮


花岡八幡宮は和銅二年(七〇九)、宇佐八幡宮より勧請されたと伝えられています。
 
誉田別命(ほんだわけのみこと)・市杵嶋姫命(いつきしまひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・多岐都姫命(たぎつひめのみこと)・息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)をご祭神とし、御鎮座のしるしに全山に花を咲かせるであろうとのご神託により、八幡宮の御分霊が移られた時瑞雲が空一面に広がり、美しい花が降って来て、一夜のうちに山が花で覆われたと伝えられています。
 
 
この山に八幡宮の分霊をお祀りしてより、その霊験は頗るあらたかで、古くは国司重源上人による社殿の再建、大内義隆公による社領の奉納、豊臣秀吉公のご参拝など万人の崇敬篤く、十六世紀末ごろには百三十六石余の社領を有し、社坊九ヶ寺の周防の大社でもありました。《出典:花岡八幡宮公式HP》
 





イメージ 2


拝殿の木鼻(象・獅子?)


宇佐八幡宮から勧請(702年)したので、御祭神もまったく同じです。

誉田別命(ほんだわけのみこと)は、神武天皇のことで、八幡神です。

市杵嶋姫命・田心姫命・多岐都姫命は、宗像三女神で、日本書紀では、”素戔嗚と天照大神が

高天原の天真名井(あめのまない)で誓約(うけい)をしたところ、素戔嗚の十握の剣を

天照大神が噛み砕き、噴き出すと三女神が生まれた。

天照大神の御統(みすまる、首飾り)を素戔嗚が噛み砕き、噴き出すと五男神が生まれた。”

としています。

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は、神功皇后のことです。




イメージ 3


ご神馬






イメージ 4


拝殿から下松湾が眺望できる。







イメージ 5


左に多宝塔が建っています。







イメージ 6


閼伽井坊塔婆(あかいぼうとうば)多宝塔







イメージ 7


閼伽井坊塔婆多宝塔<国指定重要文化財>


方三間(492センチ四角)二重の塔。
屋根は柿葺、総高13M。周囲に廻縁を付し、須弥壇には本尊金剛大日如来が安置されている。
藤原鎌足公の創立16塔のものと伝えられるが、現存するものの優美な姿は室町後期の建築美を誇るものである。
なお、この塔は元禄13年から5度にわたって修理されており、その時の毛利藩主や執政、郡吏、社務、社司、普請奉行、庄屋などの関係者の名前を書いた棟札が棟木に取り付けられてある。
昭和25829日 重要文化財指定 閼伽井坊所有




イメージ 8


吉田松陰先生 像






イメージ 9


閼伽井坊塔婆(あかいぼうとうば)多宝塔

遠石八幡宮(周南市)

新年おめでとうございます。

きょうも、周南市はいゝお天気でした。

私の氏神様は、遠石八幡宮ですが、みなさんは、初詣お済になりましたか?

私は、大晦日に参拝しました。八丁櫓の処から入ったのですが、元旦の車進入禁止の立て札が

至る処に見えました。其処を通って裏道を登ると境内の駐車場に着きました。

お正月の準備をする職員が大勢忙しく働いたり、参拝者も10人くらいは出逢いました。



イメージ 1


遠石八幡宮

しかし、今年も参拝者が多かったでしょうね。一昨年でしたか、元旦にお参りしたときは、

大変でした。駐車は、野球場のある緑地公園の駐車場が指定されえて、そこから30分くらい

歩いてヨシワ商会のところの山陽道から鳥居方面へ歩くともう、人が一杯なんです。

しかも、そこから山門まで全て参拝者で埋め尽くされています。参道両側には、屋台が並んで

いますが、買う気持ちにもなりません。幅8mくらいの石段で、上り下りするのですが、

一段毎に人が全部並んでおり、前が空いたら一段進むという、まさに、牛歩でした。

境内の山門前では、また、待たされます。そこでも1時間ちかく待って、漸く山門を入り

拝殿に向かうのですが、また、横並びに8人くらいが進みます。

その一列が参拝を終えると、次の一列が参拝するというルールです。

最も、合理的な方法ではあると思うのですが、年寄りには酷であります。

正月3ヶ日の参拝者は20万人と聞きました。

一人参拝でお賽銭や籤引きで¥1,000使うとすると、2億円の売り上げですね。

まあ、遠石八幡宮は少ない方で、上には上があります。



イメージ 2


亥年の絵馬

全国神社参拝者数

神社名                                地域                                           参拝客数

明治神宮                            東京都渋谷区                               319万人

伏見稲荷大社                      京都市伏見区                               277万人

住吉大社                            大阪市住吉区                               260万人

鶴岡八幡宮                         神奈川県鎌倉市                            251万人

熱田神宮                            名古屋市熱田区                            235万人

大宮氷川神社                      さいたま市大宮区                         205万人

太宰府天満宮                      福岡県太宰府市                            204万人

生田神社                            神戸市中央区                               155万人

宮地獄神社                         福岡県福津市                                108万人

八坂神社                            京都市東山区                                100万人

春日大社                            奈良県奈良市                                95万人

湊川神社                            神戸市中央区                                90万人

北海道神宮                         札幌市中央区                                82万人

笠間稲荷神社                      茨城県笠間市                                  81万人

檀原神社                            奈良県檀原市                                  76万人

愛宕神社                            福岡市西区                                     70万人

鹿島神宮                            茨城県鹿島市                                  67万人

宗像大社                            福岡県宗像市                                  65万人

祐徳稲荷神社                      佐賀県鹿島市                                  65万人


                                      《出典:全国○○ランキング》




イメージ 3


遠石八幡宮

しかし、神社様は、多分、お正月のお賽銭が大部分を占めると思われますので、みんな幸せに

なれば、これに越したことはありません。やはり、日本人にとって神社は、大切なものなの

ですね。お寺様は、年始参りもありますが、微々たるものです。神仏習合の時代は、まだ、

収入があったのですが、領有地がなくなった現在では経営は苦しいようです。それでも、檀家

のあるお寺さんはいい方で、檀家のない禅宗や藩主の菩提寺なんかは、経営が難しいようで

す。





イメージ 4


お伊勢さまと八幡様さまのお札をおまつりしましょう。






イメージ 5


遠石八幡宮

【初詣の参拝者数】全国ランキング2019ベスト20

1位 明治神宮(東京)

2位 成田山新勝寺(千葉)

3位 川崎大師 平間寺(神奈川)

4位 浅草寺(東京)

5位 伏見稲荷大社(京都)

5位 鶴岡八幡宮(神奈川)

7位 住吉大社(大阪)

8位 熱田神宮(愛知)

9位 武蔵一宮氷川神社(埼玉)

10位 太宰府天満宮(福岡)

11位 宮地嶽神社(福岡)

11位 生田神社(兵庫)

13位 豊川稲荷(愛知)

14位 湊川神社(兵庫)

15位 橿原神宮(奈良)

16位 春日岡山惣宗寺(栃木)

17位 八坂神社(京都)

18位 春日大社(奈良)

19位 笠間稲荷神社(茨城)

20位 伊奈波神社(岐阜)

21位 北海道神宮(北海道)

22位 成田山不動尊(大阪)

22位 鷲尾愛宕神社(福岡)

23位 鹿島神宮(茨城)

24位 宗像大社(福岡)

24位 祐徳稲荷神社(佐賀)

26位 妙見本宮千葉神社(千葉)

27位 伊勢神宮(三重)

28位 三嶋大社(静岡)

29位 広島護国神社(広島)

30位 出雲大社(島根)





イメージ 6


巫女さん

しかし、初詣の人数が判るのは不思議ですねぇ、遠石八幡宮で数える人も見たことないし、

どうやって、誰が発表するのでしょうか?、入場券など発見する行事などは分ると思います

が、神社などは、多ければ多いほどいゝと思うくらいで、そんなに人数に拘ることもない

でしょうからねぇ〜、宗教団体は税金が掛からないというので税務署もノータッチでしょう。

※参拝者の人数を測る方法を調べて見ました。

答えは、一定の面積を通過する人を数えるそうです。例えば、遠石八幡宮参道石段のような

一段に8人並んで一段ずつ上がるとして、50段あれば、400人という面積の計算らしいです。

先頭の段の人が最終段に到達すると、また、先頭の人が最終段まで行ったときに、+400と

するようです。多分、昔は人が目で確認したのでしょうが、現代では監視カメラがありますか

らビデオデで測ることが出来そうです。

これを必要(参拝者の数)をするのは、警察や警備会社であり、事故のないよう安全に参拝を

助けることなのであると思います。


イメージ 7


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事