ここから本文です
貫け!Go upward!! 今年も名古屋の風を起こそう!

書庫全体表示

記事検索
検索

全597ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨夜のG大阪戦は、風間グランパスにとって反撃の狼煙を上げる試合になるはずでした。しかし、結果はご存じの通り…。この結果を受けて、昨夜と今朝にかけて、監督の進退問題に関する記事がいくつか出てきました。中には「解任」という見出しもありましたが、今回はこの2つの記事に注目しました。



昨夜の小西社長のコメントはそれぞれ、「中長期で強い基盤をつくることに変わりはない」、「根っこの強いチームになってもらう。風間(監督)にも、大森(スポーツダイレクター)にも全うしてもらいたい。ちょっとのことでブレることはない」というものでした。

風間監督の続投を支持する意見としてよく出てくる「中長期的」という言葉。もちろん、中長期的なチーム強化は非常に重要です。

しかし、風間体制になって3年目。シーズン前に「ACL出場権獲得」を明言した2019年シーズンは、序盤は好調でしたが、5月後半から例によって負のスパイラルに陥り、9戦勝ちなし。ACL出場権を得られる3位との勝ち点差は11と、目標達成にはかなり厳しい状況になっています(天皇杯については書くまでもないでしょう…)。

もはや「中長期的なチーム強化」だけを理由に、全面的に監督を支持できない状況になっています。

前置きが長くなりましたが、今回のテーマは「そんなに中長期的なチーム強化が大事なら、せめてここまでの2年半を評価してみようじゃないか」です。

①成績
1年目 J2:3位(プレーオフ優勝でJ1昇格)
    天皇杯:ラウンド16敗退
2年目 J1:15位(最終節でギリギリ残留)
    ルヴァン杯:GL敗退
    天皇杯:3回戦敗退
3年目 J1:10位(20節終了時点)
    ルヴァン杯:準々決勝進出(9/4、8)
    天皇杯:初戦敗退

1、2年目はギリギリで最低限の結果を残しています。「優」「良」「可」「不可」なら、「可」といったところでしょうか。

3年目はシーズン途中ですが、前述の通り、ACL出場権獲得を明言している以上、それを評価の基準とするべきで、現状では達成は困難な状況です。ちなみに、昨年の3位ライン(勝ち点56)に到達するには、名古屋(現在26点)は残り14試合で10勝4敗、9勝3分1敗の成績を挙げる必要があります。

下を見ると、自動降格の17位とは勝ち点差9、プレーオフ行きの16位とは勝ち点差8。今のチームの調子から考えると、早い段階での降格回避が現実的な目標でしょう。

成績については、シーズン途中ではありますが、現時点の評価は「不可」と言えます。約30億円の人件費を考慮しても、ここはシビアに評価せざるを得ません。

②育成
風間グランパスが始まって3年目で、どれだけの若手選手が育ったのか。若手選手の定義にもよりますが、今回は「風間監督就任の2017年で24歳以下の選手」かつ「J1で通算10試合以上出場した選手」としました。

そうすると、主力クラスは和泉(25歳)と宮原(23歳)の二人。この二人は風間監督が育てたと自信を持って言えます。ただ、生え抜きの主力が和泉一人というのは、寂しいですね。しかも、生え抜きといっても大卒選手なので、ある程度完成された状態でチームに加わっていますし…。

17年の強化指定選手だった秋山(24歳)、18年の強化指定選手だった相馬(22歳)は、強化指定選手だった時以上の活躍を見せられていいません。特に前者は、ベンチ入りもままならない状況です。

17年にJ2でブレイクした青木は、その後は怪我に泣かされています。ただ、J1ではいまだ無得点。期待されていたほど、伸びていないと言わざるを得ません。

ユース出身者だと、18年前半戦で高校生ながらスタメンに大抜擢された菅原は、後半戦以降は出場機会が激減しますが、今夏にオランダのAZへ期限付移籍。彼を風間監督が育てたのかどうかというのは賛否両論ありそうですが、ここは育てたということにしておきましょうか。

昨夜のG大阪戦でJ1初先発ながら奮闘した藤井については、まだ1試合なので評価はこれからとなります。

ここに名前が出てきていない選手は、残念ながら評価に値しないということになります。

若手の育成については、良くて「可」でしょうか。

③補強への影響力
補強を取り仕切っているのは大森SDですが、「風間監督の下でサッカーをしたい」という選手は多いと言えます。そうでなければ、太田、米本、吉田、丸山、中谷、前田といった実力者が次々と名古屋には来ることはなかったでしょう。

彼らはこれからの名古屋を背負って立つ存在と言え、中長期的なチーム強化を語るうえでは、評価は「優」と言っても過言ではありません。

④番外編:観客動員数への影響力
チーム強化とは違いますが、風間監督支持派がよく言われるこの面についても評価してみましょう。でも、チーム強化という視点ではないので、番外編だと思って読み流してください。

17年から増加の一途をたどる観客動員数。昨年のホームゲーム入場者数は444,243人と過去最高、今年もリーグ戦平均入場者数が28,520人と好調です。

評価しますとは書きましたが、実はこれが難しいところで、風間監督の影響力がどれだけあるのかは客観的に評価できません。影響力はあるでしょうが、最大の功績者は社長をはじめとしたクラブスタッフです。「監督のサッカーが好きだから」というのはJリーグの観戦者調査にも項目がないので、観客動員数の増加にどれだけ寄与したかはわかりません。

一つ言えるとしたら、「影響力はある」ということだけです。

まとめ
できるだけ客観的に評価してみましたが、まとめると、以下のようになります。総合的には「可」でしょうか。

・成績で言えば、目標達成は困難。コストにも見合っていない。
・若手は期待されたほど育っているとは言えない。
・補強面の影響力は大きく、選手を惹きつける不思議な「力」がある。

中長期的なチーム強化を理由に監督を続投させるなら、強化の状況を定期的に評価しないとフェアではないと思いますし、それをしないのであれば、チームは本当に意味で強くなれないでしょう。

評価をするにも、「今の苦境を乗り越えればさらに強くなれる」みたいな意見は主観でしかなく、続投を支持する意見としては弱いと言わざるを得ません。多くの人を納得させるには、客観的な評価をするしかありません。

今回の記事がどれだけの人を納得させられるかはわかりませんが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

開くトラックバック(0)

5戦勝ちなし。悪夢の清水戦
後半ATに追いつきながら、その数分後に勝ち越しゴールを許し、ホームで屈辱の敗北を喫したグランパス。一見、惜しくも勝ち点1を逃したように見えますが、内容的には妥当な結果。いや、もっと失点していてもおかしくなかったでしょう。

これでリーグ戦は5戦勝ちなし。順位は暫定7位ながら、危機的な状況です。

不調の兆しは既に4月から
なぜ勝てなくなったのか? 原因はいろいろとありますが、まず挙げられるのが、得点力不足。これは今に始まったことではなく、実は4月から始まっていました。4月以降、リーグ戦で2点以上を挙げたのは、11節の浦和戦(2-0)のみ。

ポゼッションで上回りながら、相手を崩しきれず、虎の子の1点を守り切る。4月以降のグランパスの勝ちパターンは、実はこれだけでした。

戦術に対する細かい言及は避けますが、パスで相手を崩すことに固執し、その結果、相手が守りやすくなってしまっているように見えます。

5月後半から守備に綻びが
1点しか取れなくても勝てていたのは(ホームだけですが)、守備陣が奮闘していたから。前線からの守備が強化され、高い位置でボールを奪える回数が多くなり、時々迎える決定的なピンチも、ランゲラックを中心とした守備陣の選手たちが頑張って防ぐ。今から思うと、綱渡り状態でした。

しかし、前線からの守備がかわされるようになると、高いDFラインの裏を突かれ、ピンチが増えます。こうなると、個々の選手の頑張りでは限界があります。5月後半の松本戦からその傾向が強くなり、昨夜の清水戦もそうですが、守るべきスペースを守り切れず、その隙を突かれて失点を重ねました。

1-0が唯一の勝ちパターンだったわけですから、失点したら勝てないのは当然です。

ピンチを補強で乗り切ってきた2年半
序盤は首位に立つほど好調だったのに、ここに来て5戦勝ちなし。とりわけ、下位チームに3敗を喫したのはいただけません。好不調の波が激しい風間グランパスの悪癖が、またも出てしまいました。

17年も18年も、5〜6月になると負けが多くなり、風間監督の解任論が浮上するぐらい、窮地に立たされました。その窮地を乗り越えて今に至るわけですが、効果的な解決方法は「補強」によるブーストだけでした。

17年夏はシャビエル、18年夏は丸山、中谷、前田、金井、相馬。補強によって「化学反応」が起き、チームは一時的に手がつけられないぐらい強くなります。しかし、時間が経つにつれ、対策を講じられると、その勢いはなくなりました。結局、17年も18年もギリギリで最低限の結果を残し、風間体制は3年目を迎えました。

今年も同じことが言えます。シミッチ&米本のダブルボランチ、左SBの吉田豊の加入で、4月までは好調を維持します。しかし、個の力だけで乗り切れるほど、J1は甘くありません。長いシーズン、好不調の波はつきものですが、前述のように、一時的な不調というよりは、状況は段階的に悪くなっています。

選手個人を高めることが風間サッカーのベースである以上、既存の選手のレベルアップか、より強力な「個」をチームに加えるしか、状況を改善する方法はありません。今までの2年半を見ると、後者ばかりが目立っています。

今回の窮地を乗り越える術は、やっぱり補強しかないのか? それとも、風間監督に起死回生の一手があるのか? グランパスにとって、そして風間監督にとって、正念場の時期を迎えています。

風間監督の真価が問われる夏
風間体制も3年目。戦力も充実し、クラブ関係者もACLを意識した発言をするようになりました。カリスマ性、指導力、理想の高さ。風間監督を慕う選手は多く、一見すると、風間体制は盤石なようにも思えますが、大型補強によってかろうじて延命してきたという見方もできます。

グランパスがさらに上に行くためには、補強に頼りきりで良いのか。ここは意見が分かれるところだと思います。ただ、誤解を恐れずに言えば、今の状況は同じく補強で強くなったものの、世代交代の遅れを招いたピクシー体制の二の舞になりかねないのではないかと危惧しています。

今の窮地をどう乗り切るのか。それとも、乗り切れないのか。風間八宏監督の真価が今、問われています。

開くトラックバック(0)

先日、Jリーグ公式サイトで2018年度Jクラブ情報開示資料が公開されました。というわけで、今年もグランパスの経営状況について考察してみました。

【今回の読みどころ】
・5期連続黒字
・収益構造は変わらず。広告料収入6割、入場料収入は2割弱。
・入場者数の増加に伴い、入場料収入も増加。過去最高レベル。
・人件費は急増。大型補強の影響によるもの。今後、注意が必要。
・財政面はすっかり改善。

5期連続で黒字 
まずは、過去3年分の損益統括表をご覧ください。
イメージ 1

表は3期分しかありませんが、実際は5期連続の黒字です。当期純利益が1億2300万円。さすがに、2017年に比べると利益率は下がりましたが、それでも1億円以上の利益を出しています。

営業収益は広告料収入が中心
営業収益は、前年度比19.5%増の54億9100万円でした。恐らく初の50億円台突破です。実は、J1平均でも営業収益は50億円に迫っており、J1全体で売り上げを伸ばしています(5年前は約30億円程度)。

営業収益の内訳は①広告料収入②入場料収入③Jリーグ配分金(放映権料、商品化権料、賞金など)、④アカデミー関連収入⑤物販収入(グッズ販売)、⑥その他収入(移籍金、ファンクラブ収入など)。グランパスとJ1平均の営業収益の内訳を比較してみましょう。

イメージ 2

イメージ 3

毎年のことですが、J1平均と比べ、グランパスは広告料収入の割合が高いです。毎年、営業収益の6割程度を占めています。

広告料収入が多いこと自体は良いことですが、過度な依存は望ましくありません。景気が悪くなったり、降格したことでスポンサーを降りる企業が出てきたりして広告料収入が減ったら、クラブ全体の収入にも大きく影響してしまうからです。

最近はクラブだけでなく、グランパスくんファミリーのスポンサーも次々と獲得しています。クラブの営業担当さんの努力には、頭が下がる思いです。

入場料収入は増加傾向
先ほども書きましたが、広告料収入に依存しているクラブは、不景気や成績低迷を理由にスポンサーが離れてしまった時が怖いです。それに比べて入場料収入は、観客動員が大幅に落ち込まない限りはそれなりの収入が見込めます。また、観客動員が増えれば、スポンサーの獲得、グッズ販売、ファンクラブの加入などにも好影響をもたらしますよね。

ここでは、グランパスの入場料収入及び主催試合(リーグ戦とルヴァンカップ)の入場者数の推移を見てみましょう。
イメージ 4

入場料収入と入場者数は2015年で底を打ち、ここ3年は増加傾向にあります。特に17年からの伸びは特筆すべきものがあり、18年は過去最多の44万人を動員し、入場料収入も9億3600万円となりました。

近年は学生を無料招待したり、割引チケットを増やした結果、客単価(入場料収入/入場者数)は16年の2,387円から18年は2,107円に減少。ただし、入場者収入だけでなく、物販収入も1億8700万円から4億1200万円と倍以上も増加しており、「損して得を取った」形となりました。

今年はシーズンチケット購入者が増加し、さらにダイナミックプライシングを導入したことから、客単価は上がることが予想されます。仮に客単価2500円とすれば、40万人動員すれば入場料収入は10億円を突破します。今年もスタジアムに多くのファン・サポーターが集まっていることから、大台突破が期待されます。

人件費
次に、人件費について。イギリスのある調査(2008年)では、営業収益に対する人件費比率が60%以上のクラブは、経営的に危険な水準にあるとされています。

グランパスの人件費と営業収益に対する比率の推移です。
イメージ 5

2018年はジョーの獲得をはじめ、超大型補強を行ったため、人件費が前年度比で約10億円も増加(53%増)。営業収益に占める人件費の割合も、40%から一気に51%まではね上がりました。J1残留のために、ちょっと無理をした感は否めません。

今年もシミッチや米本、吉田豊を獲得しており、人件費は昨年並みと予想されます。ちなみに、ACLを制覇した鹿島は約32億円、J1を連覇した川崎は約26億円です。名古屋もそろそろコストに見合った結果を出してもらわないと困ります。

財政面
最後は財政面。グランパスのバランスシートを見てみましょう。
イメージ 6

2015年までは、ひとつ間違えば債務超過という危険な状況でしたが、クラブがトヨタ自動車の子会社となった16年からは、改善傾向。18年は繰越利益剰余金は6億円以上となり、14年度から約10億円アップとなりました。

また、経営の安定性を示す自己資本比率(総資本に占める純資産の割合)も、15年度は危険水域(一般的には15%以下)の9.2%でしたが、18年は32.2%までアップしました。

前述のとおり、昨年と今年は積極的に補強をしていますが、その背景には財政状況が改善し、資金が豊富にあったことが一因として挙げられるでしょう。

拙いまとめではありましたが、グランパスの経営状況の現状が少しでもおわかりいただけたら幸いです。

J1全クラブのデータが公開されたら、他クラブとの比較もしてみるかもしれません。

※3月決算のクラブはまだ公開されておりません。

開くトラックバック(0)

明治安田生命J1 第11節@豊田スタジアム
名古屋グランパス 2−0 浦和レッズ
イメージ 1
写真1:今日を含め、今季6試合で100本以上のパスを記録しているシミッチ

イメージ 2
写真2:先発起用に応えたマテウスが、移籍後初ゴール! 強烈なシュートでしたね。

2位の名古屋グランパスは、9位浦和レッズとホーム・豊田スタジアムで対戦。今季は開幕からホームで4連勝、しかも4戦連続完封勝利。今日のホームゲームで、2つの記録を更新できるか、注目が集まっていました。

先制したのは、やはり名古屋。17分、ジョーのポストプレイからボールを受けたマテウスが強烈なミドルシュートを浦和ゴールに突き刺し、これが移籍後初ゴール! 

さらに41分、シャビエルの浮き球パスを、エリア右に飛び出してきた宮原が頭で折り返すし、これをジョーが右足のボレーでたたき込み、2-0!!

守っては、ピンチらしいピンチは、84分の興梠のシュートのみ。これもランゲラックがセーブし、こぼれ球も自らかき出し、ピンチを防ぎました。

危なげない内容で浦和に勝利し、ホームで開幕5連勝&5戦連続完封勝利のダブル新記録を達成しました!

次節は、3位川崎とアウェーで対戦。調子を上げてきた昨季王者との対決は、今季を占う重要な一戦となりそうです。

開くトラックバック(0)

明治安田生命J1 第9節@豊田スタジアム
名古屋グランパス 1−0 サンフレッチェ広島
イメージ 1
写真1:再三のファインセーブでチームを救ったランゲラック

イメージ 2
写真2:前田が先制点を決めた直後。よく走り込みましたね。

3位名古屋グランパスと、2位サンフレッチェ広島の上位対決。J1最多得点を挙げているチームとJ1最少失点を誇るチームとの対決でもありました。

試合は予想通り、名古屋がボールを支配し、広島が守りを固める展開となりました。

均衡が破れたのは37分。アーリアのスルーパスで抜け出したジョーがゴール前に走り込んだ和泉へクロス。このこぼれ球を遅れて走り込んできた前田が押し込んで、グランパスが先制! 怪我で欠場したシャビエルの代わりに先発出場した前田が、待望の今季初得点を決めました!!

後半は広島のサイド攻撃に苦しめられますが、ランゲラックのファインセーブもあって、なんとか凌ぎ切ります。

結局、1-0のまま、試合終了! グランパスが平成最後のリーグ戦を白星で飾りました。ホーム4戦連続完封勝利は、クラブ史上初!!

MOM級の活躍をみせたランゲラックはもちろん、名古屋の守備陣が粘り強く守り切りました。シミッチ、米本、吉田豊の補強が効いていると思います。

今日の勝利で2位に浮上したグランパス。次節はアウェーで湘南戦。「令和最初」の試合も白星で飾って欲しいですね!

開くトラックバック(0)

全597ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事