悠峰(菅原英利)陶芸ブログ part4 2012-03吉日

どうでもよいことは流行に従い、 重大なことは道徳に従い、 芸術のことは自分に従う( 小津安二郎

暦の上では春ですね

暦の上では、2月4日の立春から春。 自宅玄関前の小さな庭に、枝垂れ梅が満開となりまして感動しております。毎年立春ごろから咲き始めます。 2年前に植えたばかりなので、枝ぶりはこれから見ごたえのある形になると思います。 おまけ 悠峰のおきにいりダウン キムタクが着ているとかで有名なモンクレ!です。 皆さん、元気ですよ。

その他の最新記事

すべて表示

新作 悠峰復活 その4(綿雪シリーズ) 悠峰の梅花皮釉(かいらぎゆう)の板皿 綿雪シリーズ 板皿(53cm) 粘土に3mmから5mm程度の長石を、粘土の重さの対し10%入れました。 ではごきげんよう!

新作 悠峰復活 その3(星月夜シリーズ) お皿 しのぎ おまけ 登り窯『茶悠窯』を築窯をした年に、記念樹として2008年桜(そめいよしの)を植えて、初めて開花しました。 画像は4月13日撮影です。

新作 悠峰復活 その2(星月夜シリーズ) 星月夜一年ぶりの復活です。 なんと、一週間で本焼き2回実施。 綿雪は電気窯で16時間、 星月夜 はガス窯で23時間の焼成です。 ガス窯の23時間は体力勝負です。一年間の窯焚きブランクは、焼成ノート見ながら窯詰めしましたが、半分以上失敗ですね。 炭化焼成は、窯詰めで8割決まると思います。 今回 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事