サーバ管理者/開発者メモ書き・Linux、Windows等々

開発情報、サーバ管理・設定、モバイルなどの情報です。

全体表示

[ リスト ]

2012/05の終わり頃、突然自社のメールがgoogleの迷惑メールに。

googleがセキュリティを強化したらしい。

いままでのSPFは、

(domain.) IN TXT "v=spf1 a -all"
としていた。
今回は、
(domain.) IN TXT "v=spf1 mx ip4:(IPアドレス) include:(domain.) +all"

として対応。
結果、

Authentication-Results: 送信元ホスト; sender-id=neutral header.from=メールアドレス; auth=pass (CRAM-MD5); spf=neutral smtp.mfrom=メールアドレス

変更後は、
Authentication-Results: 送信元ホスト; sender-id=pass header.from=メールアドレス; auth=pass (CRAM-MD5); spf=pass smtp.mfrom=メールアドレス

と、ヘッダのSPFが全てtrueになった。
半日程度おいたら、反映されて迷惑メールではなくなった。

せめてセキュリティ強化するなら、案内くらいはあってほしいなぁ。。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事