サーバ管理者/開発者メモ書き・Linux、Windows等々

開発情報、サーバ管理・設定、モバイルなどの情報です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
不調、配置換えなどで、サーバを乗せ変えたい。
といった場合の手順である。
決して簡単な作業ではなく、失敗すれば、移行先サーバはOSからインストールしなおしということになるので
慎重かつ、覚悟して望むこと。



1.新しいサーバにOSをインストール
  旧環境と同様のディスリビュージョン、バージョンが望ましい。
    デフォルトドメイン名は同じでないと面倒です。
  localhostの箇所を変更すれば、できなくはないです。

  必要なモジュールはインストしておくこと。

2.旧サーバの
  etc :設定環境
    home :メール等のデータ、virtual環境の場合もこれでOK
    var/lib/mysql: mysqlデータベースを利用している場合
    var/name : dns
  その他:管理ソフト用のバックアップ

コマンドは、xcvfp 圧縮ファイル名.tar.gz 圧縮フォルダ
として、パーミッションごと圧縮すること。

新サーバに解凍の際は、
圧縮されたファイルは、 ルート (/)の最上位のおき
 zxvfp 圧縮ファイル名.tar.gz 
とする。
 上書きされるので、嫌な場合は、バックアップをとっておくのが望ましい。

3.管理ソフトを利用している場合はインストール

4.etc配下の書き換え
    ただし、違う行のみ書き換えること、同じ名前の箇所はUID、GIDが違う場合があるので。
  shadow
    passwd
    gshadow
    group
    ftpusers

5.WEBサーバ関連をコピー
 設定ファイル
 /etc/httpd/以下
 php.ini
 デフォルトのホームページエリア
  /var/www/htdocs

 perlのバージョンとモジュールチェック
   不足はCPANで登録
      GD、CBIなどを忘れずに
  phpのバージョンのチェック
 
6.データベースのコピー
 mysqlの場合は、各DBごとをバックアップの後、リストアが望ましい。
 もし旧サーバのバージョンが古い場合は、新サーバのサービスは起動状態で
 リストアすること。そうしないと旧データのバージョンアップなど面倒なことになる。
  サービス起動状態であれば、自動でMysqlが行ってくれる。
 権限などの情報は、以下のパスにあるため、全部コピーしておく。
  /var/lib/mysql/mysql

7.メール環境の設定ファイルのコピー
 qmail、postfix、sendmailなど必要な場所をコピー

8.OSの再起動
 起動してくれることを祈りつつ
 サービスの起動でエラーがでていないか確認
 失敗したら、内容をチェック、最悪OSのインストールから。。。

9.起動したら、全機能をチェックすること。
 動作しない、足らない箇所は、設定ファイルを旧サーバ、新サーバと比較する。

最後に、簡単ではありません。ぶっつけ本番は、できたら奇跡です。
業務で利用しているのであれば、リスクを考えたら100%やるべきではありません。
 かなりのスキルが必要です。隅々までの知識がないことには、まず不可能と考えて、自信がない場合は、
数十回インストを繰り返す等、知識を補うための努力が必要です。
 ましてやOSが変更になった、メールソフトなどの変更を行った、など環境の変更がある場合は、
並大抵なことではなく検証すら難しいです。メールはとめれない場合が多いため、同じ環境での
移行をお勧めします。

最後に決まり文句。自己責任で(笑、あくまで私のメモです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

迷惑メールの対処用に、宛先不明メールを、相手に通知したくない。
その場合の対応

mail.cfに、以下の記述行を検索
# vi maincf

local_recipient_maps = hash:/usr/local/hde/lc-postfix/etc/postfix/relay_recipients proxy:unix:passwd.byname

これを、
 local_recipient_maps = 
とする。

postfix再起動
# /etc/init.d/postfix restart

これで完了。

HDE を利用している場合は、独自の環境なため、
/usr/local/hde/lc-postfix/etc/postfix/main.cf
を編集。
 ただ、画面上にて編集を行うと、また元にもどるため、都度、上記の編集が必要となるので注意

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

よく忘れるのでメモ

パーミッション付の圧縮・解凍

圧縮
 tar -czvp xxxx.tar.gz ディレクトリ名 

解凍
 tar ^zxfp  xxxx.tar.gz ディレクトリ名 

開く コメント(0)

・対処方法・・・しょぼいなぁ。。。
 
ご注意:
Windows XP でキーボードのドライバを更新する際に、上記の手順にある 7 番目で、
[製造元] の一覧から "Microsoft" を選択して、[モデル] の一覧から以下のモデルを
選択しないでください。
• Microsoft USB Internet Keyboard
• Microsoft USB Internet Keyboard Pro
• Microsoft USB Natural Keyboard
• Microsoft USB Natural Keyboard Pro
これらの Windows XP に標準でインストールされているモデルを選択してドライバの
更新を行なった場合、システムの再起動後に PS/2 サービスが無効となり、
PS/2 ポートに接続されているすべてのデバイス (キーボード/マウスなどの
ポインティング デバイス) が機能しなくなることが確認されています。

こんなのはこういう状況になってからしかみない・・・。
 
Natural Keyboard Pro ドライバのアップデート後にマウスやキーボードが機能しなくなる
http://support.microsoft.com/kb/257729/JA/
[Keyboard] Natural Keyboard Pro ドライバのアップデート後にマウスやキーボードが機能しなくなる
対処方法:
1.レジストリをリモートで編集するには
 同じネットワーク上にある別の Microsoft Windows NT または Windows 2000 ベースのコンピュータから、Regedt32.exe を実行します。
 [レジストリ] メニューの [コンピュータの選択] をクリックし、キーボードやマウスが機能しないコンピュータの名前を入力します。
2.接続後、[ウィンドウ] メニューの [HKEY_LOCAL_MACHINE (リモート コンピュータ名上)] をクリックし、次のキーを探します。
 System\CurrentControlSet\Services\i8042prt
 [Start:REG_DWORD:0x4] をダブルクリックし、値を 0x1 に変更します。
3.次のレジストリを探します。
 System\CurrentControlSet\Services\kbdhid
 [Start:REG_DWORD:0x1] をダブルクリックし、値を 0x4 に変更します。
4.次のレジストリを探します。
 System\CurrentControlSet\Enum\ACPI\PNP0303\4&2658d0a0&04&2658d0a0&0 キーをクリックし、[セキュリティ] メニューの [アクセス許可] をクリックして、Everyone グループに フル コントロール アクセス権を許可し、[OK] をクリックします。
5.[Service:REG_SZ:kbdhid] をダブルクリックし、値を i8042prt に変更します。
 4&2658d0a0&0 キーをクリックし、[セキュリティ] メニューの [アクセス許可] をクリックして、Everyone グループからフル コントロール アクセス権を削除し、[OK] をクリックします。
6.[レジストリ] メニューの [閉じる] をクリックします。
7.[レジストリ] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックします。
8.マウスやキーボードの動作に問題があるコンピュータを再起動します。再起動後、マウスやキーボードは正常に機能します。
9.Microsoft Natural Keyboard Pro をサポートする、Windows 2000 対応の Microsoft IntelliType Pro Version 1.1 Update またはそれ以降のバージョンのドライバをインストールします。これらの新しいドライバは Microsoft の Web サイトから入手できます。このドライバをインストールすると、キーボード最上段のホットキーが使用できるようになります。
 注 :キーボードの PS/2 プラグが接続されると、説明したようにPS/2 キーボードとなりますが、USB (Universal Serial Bus) モードのみの機能しかありません。USB プラグに接続されれば、USB ハブと USB キーボードの両方になります。

開く コメント(0)

webmin で fetchmail の設定

CENTOS 5.5 +  postfix での設定のせいか、webminのfetchmailが設定しても動作しない。

webmin-1.520
usermin-1.450
の環境化での対応


.fetchmailrc に、
 mda  /usr/bin/procmail
の一文が足せないのである。

設定後、手作業でいれてもよいのであるが、ユーザ単位なので、面倒くさい。
しかも、webmin、userminからは、編集はできない。


なので、CGIを書き換えて実現させました。

設定画面の使用していない項目、 
Command to run after disconnecting
に目をつけ、これを mdaにしてしまおうと考えました。

修正対象は以下の2つ、同じものである。
 /usr/libexec/webmin/fetchmail/fetchmail-lib.pl
 /usr/libexec/usermin/fetchmail/fetchmail-lib.pl

135行目あたりを
# elsif ($t->[0] eq 'postconnect') {
elsif ($t->[0] eq 'mda') {
$user->{'postconnect'} = $toks[++$i]->[0];

オリジナルをコメント化して、コピーで作成

233行目あたりを
if ($u->{'preconnect'});
# push(@rv, "\tpostconnect \"$u->{'postconnect'}\"")
# if ($u->{'postconnect'});
        push(@rv, "\tmda /usr/bin/procmail");

とした。決められた文字列なので、決めうちとした。

Command to run after disconnecting
に入力がない場合は、登録はしない。

作成したものを、usermin側にもコピー。
動作確認し、現状問題なし。






開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事