サーバ管理者/開発者メモ書き・Linux、Windows等々

開発情報、サーバ管理・設定、モバイルなどの情報です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ザウルスをルータ化

これもいまさら、

sl-c860を手に入れた。
いままで、C760も持っていたが、壊してもいい状態になったので、おもちゃをテスト。

OSを変更しようとおもったら、あちこちでサポートが終わってる。これはダメ><

なので、ある程度ノーマルのまま、ルータ化を試します。
もしまねしてみようと思う方がいたら、当たり前ですが、自己責任で。

実装図
 PC - usbケーブル - zaurus - CFダイアルアップアダプタ - インターネット



手順
1.準備するもの
 ザウルス(ここでは、C760または、C860)
 SDメモリ
 USBケーブル
 ダイアルアップCFカード(今回は無線LANは除外)
 USBケーブル
 ザウルスリンクのインストールされたPC(今回はVISTA)
 ※なぜかネットワークインストールにかなり手間取りました(汗
 ザウルスにターミナルをいれてください。FN+Qでフォントサイズ変更(見やすいサイズに変更)

以下のモジュールを手に入れてください。バージョンが新しいと動かなかったですので、以下のバージョンが望ましいです。

 iptables_1.2.9_arm.ipk
 iptables-modules_2.4.18-rmk7-pxa3-embedix.ipk
 のモジュール
 
 あとはVNCでつなぐと作業が楽かも
 
2.インストール
 スペシャルカーネルでアップデートしておく。
 http://tetsu.homelinux.org/zaurus/kernel/ からスペシャルカーネルのv13b以降を持ってきて、カーネルの入れ替えを行う。
 今回は、14iをいただきました。
 
 iptables_1.2.9_arm.ipk
 iptables-modules_2.4.18-rmk7-pxa3-embedix.ipk
 をインストールする
 
3.モジュールをロードする
root権限で以下のコマンドを実行する。
ftp関連のモジュールは不要ならロードしない。
# modprobe iptable_nat
# echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
# modprobe ip_conntrack_ftp ←いらない
# modprobe ip_nat_ftp  ←いらない
# modprobe ipt_MASQUERADE


IPマスカレードの設定を行い、設定を保存する。
以下のコマンドを実行する。

# /usr/local/sbin/iptables -t nat -A POSTROUTING -o ppp0 -j MASQUERADE
# /usr/local/sbin/iptables -t nat -L ;#iptables設定の確認。
# /usr/local/sbin/iptables-save > /etc/sysconfig/iptables


クライアントの設定を行う
クライアントマシンのネットワーク設定を行う。
USBで接続されているザウルスのIPを指定
デフォルトでは、
ザウルス  192.168.129.201
クライアントPC 192.168.129.1
サブネット   255.255.255.0
ゲートウェイ  192.168.129.201
DNS ザウルスのダイアルアップでISPから指定されたDNS

テストで、接続してみる
ザウルスでダイアルアップに接続後、クライアントマシンでウェブページを表示してみる。


できたなら、スクリプトで設定を自動化する。このままでは再起動したら消えてしまう。
自動的にIPマスカレードの設定を行うスクリプトを作成する。
これでザウルスのネットワーク接続時に自動的にIPマスカレードが有効になる。
以下のファイルを作成する。
/etc/rc.d/rc.firewall

modprobe iptable_nat
echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
modprobe ip_conntrack_ftp
modprobe ip_nat_ftp
modprobe ipt_MASQUERADE

#テーブルを復元する
/usr/local/sbin/iptables-restore /etc/sysconfig/iptables


このファイルに実行権限を付ける。
# chmod 755 /etc/rc.d/rc.firewall

ザウルスのネットワーク接続時にこのファイルを自動で実行するようにする。
/etc/ppp/ip-up の末尾に以下の行を追加する。
### iptable ###
/etc/rc.d/rc.firewall



以上で終了。
再起動しても動作するか確認。




※補足
ザウルスでUSBホストアダプタ経由でUSB LANを接続した場合、bitWarp PDA/KWINS for PDAの接続が約1分で強制切断される。
これはザウルスをルータ化して他のPCからbitWarp/KWINSを使用させないように制限をかけているためだと思われる。
ルータ化しようと思ったらいきなり切断されるらしい。。
しかし、この強制切断、回避方法があったので記載しますが、自己責任で。

/etc/ppp/ip-up の末尾に以下の行を追加。

### kill Qt_tunnel_tty ###
killall -19 Qt_tunnel_tty

/etc/ppp/ip-down の末尾に以下の行を追加。

### kill Qt_tunnel_tty ###
killall -18 Qt_tunnel_tty


うーん、動作できた。今度は無線LANでやってみるか。
って、必要なのか(笑

開く コメント(0)

いまさらながら、ザウルスをVNCでコントロール


以下、インストールの手順

■ザウルス側
1.zlibを
  http://www.killefiz.de/zaurus/showdetail.php?app=386
  からダウンロードしインストール。

2.VNC_Server(zaurus-fbvncserver_0.3-slc700-0.41を)
  http://abetuyo.net/slc700/vnc.htm
  からダウンロードしインストール。

3.ザウルスを再起動。

4.「VNC server restart」、「VNC server start」、「VNC server stop」
  それぞれのアイコンを長押しして、「ルート権限で実行する」にチェックを入れ、
  「アプリケーションをVGAの画面に最適化して実行する」のチェックをはずす。

5.同様に「VNC password」アイコンを長押しして「ルート権限で実行する」に
  チェックを入れる。

・操作方法
 VNC server startアイコンで起動。
 VNC server stopアイコンで終了。
 VNC server restartアイコンでリスタート。
 VNC passwordアイコンでパスワード設定(何も入力しなければパスワードクリア)

■PC側
VNCビューアを起動し、以下のように設定

・USBでPC接続している場合は、「PCリンク」で指定されたIPアドレス、
 デフォルトは192.168.129.201なのでこれで接続できるはず。


おやあ、VNCの画面が変。再度OS再起動。
動いた、なんだったんだろう、ま、いっか(笑

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事