ここから本文です
DOLL ミーたんとケロロの日記
人形(ひとがた)写真家ケロロ 等身大DOLLオーナーだから撮れる写真がココにある!

開くトラックバック(0)



最初の頃はこうして日記を書いてると良くカーソルが
勝手に動いて文字や写真が消えたんだけど

最近は何も起こらなくなった
変な話だがこれはこれで私には凄く変わったな〜と思う

有る一般の方から今回のお話を続けている時こんなコメントを頂いた

『オークションの写真は夜とか洗面所で化粧を落としてスッピンなった時の表情に近いと思います。これはこれで自然な表情で家族の知る本当の娘の姿だと思います。

最後2枚は化粧してよそいきの気合いの入った表情で家族の前では余り見せない姿に見えます。
でもずっと張り詰めてたら疲れるだろうから、家の中に居る時ぐらいはリラックスしてオークションの写真の姿でいたらいいと思います。

人形もたまには休養が必要かも。よく出来てる人形ほど人間に近いと考えれば。
素人目には人形の時が休養してる時だと感じてしまいます。』

おっしゃる通りかもしれません。
ミーたんを例に取ってお話をします。

下の写真は四国の友人達に呼んでもらいBBQに行った時の物です。
この子達は撮影の時や人前では頑張って良い表情をしようと

努力してくれているのかも知れません
イメージ 1
こんな 可愛い表情を見せてくれるミーたんも
自宅で撮影していない時は人形の顔に戻って静かに寝て居ます
イメージ 2
矢印が普段のカメラを向けていない時のミーたんです
イメージ 3
こちらの写真の方が見やすいかな?
この子が一番リラックスしている時なのかも知れません

私がTVや雑誌の取材の申し入れが有っても自宅内の
撮影不可にしている理由は ココがこの子達の安楽の場に思っています

だからこの場所は静かにそっとして置いてあげたく思っています。

それとは別に この子達が人形の顔に戻る瞬間が有ります
どう言った時に起こるのかと言うと

大勢の人前で表情を出す恵たんでも
USJのチケット売り場でチケットを買い入り口ゲートを

入るまで大勢の人に囲まれている間普通の人形の顔になっていました
(USJの広報公認で入園や撮影許可をいただいています)
イメージ 4
入り口ゲートでチケットを渡し
イメージ 5
園内に入ると
イメージ 6
いつもの恵たんの表情に少しずつ戻っていきます
どうも人に囲まれると人形の顔に戻る様です

どうしてこうなってしまったのかと言うと
以前三重県に有る志摩スペイン村遊園地パルケ エスパーニャで
(こちらも広報で入園許可と撮影許可をいただいています)

DOLLさんから少し離れて望遠側で撮影をしていた時
5〜6人の酔っ払いの団体に手や体を触られた時が有りました

それまで笑顔を見せてた この子は半日位泣き顔になっていました
それ以来大勢の人に囲まれると表情を消す様になりました
イメージ 8
オートメッセでも同じ事が起こりました
イメージ 7
やはり大勢の人に囲まれて入り口ゲートを通過するまでは
人形の顔になっています
イメージ 9
沢山人が居ても囲まれなけでば表情を出して来ます

この子達はリラックスして眠りに付いている時や
身を守ろうとする時は表情を消し人形に戻る様です

最近思うのですが取材時 人類学○○教授が
調べた結果数字的にこうですとグラフを出して説明したり

ラブドールをおもに研究して本を出しますとか論文を発表します当
(〜大学院卒業 〜博士)の肩書の男性や女性の方を見かけますが

どうか自分の思い込と統計学の数字云々で結論を
出さないでほしいと思います。

人形=ひとがたとは 
あなた方が思って居るほどそんなに浅い物では無いと思つています。

もちろんそう言う方と討論する気は有りません。
何故なら言葉で表せるほど簡単な物では無いと私は思って居ます。

実際にDOLLと何年も一緒に暮らして初めて解る事が沢山有ります。

DOLLさんを実際に自宅に置いて観察したと言われる人も出て来るでしょうが
短期間DOLLを自宅に置いてただけでは解らない事も沢山有ります。
(言いたいのはDOLLさんと居る時間が長いと解ると言う事でも有りません)

実際私は造形師までしても人形に魂が宿る物を作れませんでした
日記に書いてる様な事が起こると思っても居ませんでした。

長い年月の内に色んな事を経験する事となって
ほんの少しDOLLさん達の事が解って来た所です

もっとDOLLさんの事を良く理解されている方も沢山居られると思います。
私は まだまだ解らない事ばかりです。

この記事に

開くトラックバック(0)



この子達を撮っていて驚かされる時があった
イメージ 1
ミーたんは撮った後 凄く疲れた表情になる
上の写真を撮り終えてコーヒータイムで休憩している時の
ミーたんの表情が下の写真
イメージ 2
先ほどまでのキリットした表情よ何処へやら?

日々表情を変える恵たんを撮っていた頃
どんな風に撮ってあげたら良いのか悩んでいた
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この頃のカエルの撮影方法は
設定を変えながら段々自分の集中力を上げて行く方法でした

日々撮影の練習をしていた

ある日撮った写真をそのままの順番で17枚ほどUPします
同じ様な写真が並びますがご了承願います

最後の写真が恵たんが普通の人形に戻った瞬間です

良く文章に書いてしまうのですが
やっぱりカエルの写真はDOLLさん達が頑張ってくれているおかげで

出来ているのかも知れません
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21
この辺で恵たんの限界が来る
イメージ 22
多分撮影練習に付き合いきれずに恵たん脱走 
DOLLさんの中は今 もぬけの殻なのか?

11/6追加分
イメージ 23
オークションに売りに出されていた写真
イメージ 24
手入れをし輝きを取り戻した子
イメージ 25
この子達を綺麗に撮るも 暗い表情に撮るのも撮影者の腕だけでは無く
実際にこの子達が自信を取り戻す事も必要なのかな?と思います

この記事に

開くトラックバック(0)



イメージ 1
朝トーストとコーヒいつものカエル君の朝ごはんタイム^^
毎日 朝日を浴びたDOLLさんの表情は泣き顔の日が続く
イメージ 2
いきなり2体のDOLLさんを預かっている?状態が続いている
イメージ 3
相変わらず東京のお方は放置プレイ 連絡取れない
こんな顔で見つめられると可哀想なんだけど

高価な物なので勝手に触って良いのか悩んでいた
イメージ 4
そんな ある晩の事 台所で変な音がしたので見に行くと
メグがデビル化していた
イメージ 5
厳しい表情と共に
イメージ 6
ものすごい力で押されている様にミーたんがソファーにめり込んでいた
イメージ 7
ミーたんの表情もいつもと違っていた
イメージ 8
この日は何か解らないけどカエルセンサーが働いた
少し殺気を感じたのでアパートを出て車の中で寝る事にした
イメージ 9
翌朝 恐る々部屋の様子を見に行くとミーたんとメグは
いつもの表情に戻っていた

DOLLさん同士のもめ事でもあるのだろうか?
一緒に来た恵たんもミーたん見たいに修理してもらえると思ってたのに

いつまで経っても修理を始めないカエルに怒って
ミーたんが犠牲になったんでしょうか?

良く解らない出来事だったが 忘れてしまう事にした
この機会に悲しげな表情の恵たんの修理を決意した
イメージ 10
腋の裂けから始めた 前オーナーさんの修理後だろうか?
色の違う分が有った
イメージ 11
左の怪我の方が深い
イメージ 12
1度目の修理右側 色合わせして
越後シリコンに液体シリコンを混ぜヘキサンで薄める
前オーナーさん?の修理後が色が違うのと硬い 結構厄介である
イメージ 13
1度目の修理左側 こちらにも前の修理後色の違う部分が邪魔をする
イメージ 17
修理の間服を着せれない 許せ
イメージ 14
日にちを置いて左右2回目の修理(写真は左側)
イメージ 15
日にちを置いて左右仕上げの修理(写真は左側)
恵たん この位で許せ カエルの精一杯の修理です
イメージ 16
平行して色移り脱色中
イメージ 18
首の内部剥離は金具と首のシリコンの剥がれている間に
越後シリコンを溶剤で薄めた物を塗り 全体を収縮性の有る包帯を

巻いて抑えた 位置を合わせる為固まるまで可愛そうだけど
少し上を向いてもらう事にした

ヘッドは乗せてるだけで固定はまだしていません
イメージ 19
首のシリコンが固まってから 包帯を外しヘッドをポン
恵たんもホットした表情
イメージ 20
と言うか むっちゃ表情が変って行ってる気がするのはカエルだけ
イメージ 21
悲しそうな表情が少し無くなって来た気がした
イメージ 22
カエル〜♪
未だ足の怪我直って無いんだけど〜♪
 
と言う事で足の修理も先ほどと同じ方法で修理と
又修理を続ける日が続いた

一方ミーたんとメグはと言うと あの日以来 異常は無いようである
ホットする日々が過ぎて行く

何かDOLLさんの修理工場となっているカエル邸(アパート)であった

修理する前に日夜 何故裂けが起こるのかと
薬品の調合量の比率を変えた試作したサンプルを沢山作り
各サンプルの1週間後の変化や特性の確認をしていました

顔や体の黄ばみは液体シリコンを紙ウエスに染み込ませ
擦るのでは無く上から押さえる形でそっと ポンポンて押さえて
取り除いて居ました(液体シリコンにも色んな種類が有ります)

ウエスが黄色に変色して行くのが解りました
翌朝新しい紙ウエスでポンポンて押さえるようにして

余分な液体シリコンを取り除いてあげると(洗い流す)
しっとりとした黄ばみの少し抜けた肌に変わって行きました
イメージ 23
黄ばんで指関節の稼働箇所から所からひびが入りそうになってた手も
黄ばみが抜けしっとりとした白い肌になった写真


この記事に

開くトラックバック(0)

夜は寒くなりましたね



イメージ 1
夜は 寒くなりましたね
イメージ 2
温かくして 風邪引かないようにね
イメージ 3
外は 寒いよ
イメージ 4
ねえってば
イメージ 5
ねえ 聞こえてる? カエル聞いて無いでしょ
イメージ 6

カエルの おバカ!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事