全天候型? アウトドア&遊びは年中夢中の55隊長

年中夢中を目指し2月29日やっと ブログ始めました!最近物忘れ激しいんで忘れ無いよう書き込みます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
訳あって カフェカブ参戦しなかった壱番機ですが
イメージ 9
現在電装系は
・ 12V化
・ ヘッドライト ハロゲンバルブ(レンズは配光からCL系に変更済み)
・ アーシング
・ 
ウィンカーLED化(ウィンカー内反射鏡取り付け)
・ メーター内LED化
・ ハザード機能(サンキューハザード含む) 

ライト系はレンズをシビエ(ミニオスカー)&マーシャルにできるとの情報もありましたが 高価&H4バルブでハウジング内スペースが厳しいとのこともあり まだまだ研究と思っておりました。
今回、カフェカブ青山でLEDバルブ装着のCT110乗りの鉄人アーツさんから仕入れた情報から アマゾンでポチッと1,390円也
イメージ 1
早速、試行錯誤 手持ちのバルブブラケット(830円位)
イメージ 2
思い切り鉄ノコでカット
イメージ 3
LEDが通せるまで穴を大きくして
イメージ 4
純正のバルブブラケットと一体化 ※ホースバンドでブラケットを後ろに下がらぬよう固定(外せば光軸調整も可能)
イメージ 5
純正と比べると後ろへ約13ミリ位大きい
イメージ 6
問題はこの中 特にメーターケーブルに当たる(多分)
※積算計付きメーターはバルブハウジングが大きい
イメージ 7
かろうじて入りました(ホッと) 
イメージ 8
アイドリング状態 多少ちらつきますが
左は弐番機ハロゲン 右が壱番機LED
イメージ 10
アイドリング時はちらつきありますが、走り始めれば問題なし
こんどちゃんと光軸調整
イメージ 11
後は耐久性 


開く コメント(6)

時刻は0545 営業所のM君と何時ものセブンに集合 壱番機の最終章に向け 今年は嫁の弐番機で、安全運転でいきましょう
イメージ 1


入間〜所沢〜西東京〜新宿経由して約1時間半無事に到着 受付は自分8番、M君9番
イメージ 3

後30分 会場は嵐の前の静けさ?
打ち合わせ中関係者の皆様 「お世話になります」
イメージ 2

ベストポジション M君の車両
イメージ 4

受付の記念撮影終え 雑誌の取材受けていたら遅れて並べられたのが
この中・・・・・・・・ (全く見えません)
イメージ 5

続々と集まり裏も一杯
イメージ 7

1階ホールは、知り合いのMsi氏の小物(宝物)を並べたような展示のNバン 
イメージ 6

旧車好きにはたまりませんが Nバンとは・・・・やはりCT?
イメージ 11

2階には可愛いコンビ カブラとCT50
イメージ 8

バイクフォーラムでは色々な話が聞けて
イメージ 9

またがると欲しくなる?試乗コーナー※未来のライダーに譲れと念いつつ
イメージ 10

表彰式も無事終わり 
イメージ 12

解散 参加皆様は帰路に
イメージ 13

会場であった あかさたなさん、みっちゃんぽんさん、小豆さん、ハマカブメンバーの方々、又お声がけくださった皆様ありがとうございました。
カフェカブ青山2018 終了


開く コメント(10)

明日は本番 入間航空祭
大混雑 必至 前日予行の一足早い ブルーインパルス
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4
明日は大混雑
(予告)個人的にスポーツカーより働く車好きには
六十周年記念Cー1はもっと凄い

開く コメント(2)

今年も いよいよ開催 カフェカブ青山
昨年はトレーラー・・・・
イメージ 1
ここ数年いろいろあり 中々積極的活動ができません 
壱番機は航続距離の延長とトレーラー牽引含めのトルクアップが最終課題 物は入手しておりますが間に合わず(汗)

今回参加できない福隊長(嫁様)の弐番機
(本人曰く 「甘味処偵察隊」)を借りて
11月3日参加決定


赤じゃないこだわりの?ホンダスーパーカブC100系の純正カラー
「ビーバーブラウン」 に塗り込んだCT110


イメージ 2


仕 様 装 備

イメージ 3

DIY全塗装(C100系 ビーバーブラウン)
・エンジンシリンダー周辺 艶消しブラック

・デッドストックCT90 K4 ステッカー
CC110じゃないCT110ステッカー

・デッドストック ライトホルダーサイドリフレクター
・CC110いやCT110ステッカー
・アルミ160ブラックリム
・ステンレススポーク
275ブロックタイヤ
・ブッシュガード 
・ヘッドライト CLレンズ交換
・ヘッドライトストーンガード(壱番機2個製作でツゥーオフ)
・ウィンカーストーンガード(壱番機と2個作製でツゥーオフ)
・テールレンズストーンガード(壱番機と2個作製でツゥーオフ)
・CT90北米仕様ハンドルロック装着(車載考慮)

・走行少ない(実走行40000→2000キロ)フロントサスペンション   装着 壱番機のお下がり(汗)

・フロントサスペンションスペーサー

・モノチリサス自家塗装MG-T
・スプロケ41T変更

・オープンチェーンガード
・ハンドルヘルメットホルダー
・スイッチBOX 低年式に交換(当然の壱番のお下がり)

・ナポレオンミラー
・12V
・メーター内LED

・ウィンカーパッキン
・ウィンカー内 反射鏡取り付け

・北米仕様テールレンズサイドリフレクター付き

・トリプルブレーキ
・ブレーキパッド当たり面 研磨
・ムラキミ製ベトキャリア

MDキャリア(エアクリ加工済み)
・MDシート→足つき性から純正シート交換(保護パッキン付き)
・エアクリBOX ナット変更
・サイドカバーパッキン
・ワイドステップ変更
・可倒式シフトペダル
・可倒式ブレーキペダル
・サイドスタンド(西本パワースタンド)
・センタースタンド

・フロントマッドガード大型化(○○サ〇〇風)
・サブタンク装着

・折り畳みコンテナ(パトレーバー)BOX
Wマフラーヒートガード 
どうぞ 宜しくお願いします

開く コメント(9)

荷台塗装 SCコート

年末とかお盆休みだとかに塗装は恒例?過去には軽トラ全塗装・CT110塗装・・・今回は我がキャリィの荷台 リフトダンプ仕様なんで、普通の軽トラのプレス鉄板ではなく鉄板一枚もの ホムセンで購入した荷台ゴムマットの下には錆が大発生・・・・・・

イメージ 2


どうにかせにゃああかんと 防錆コートを検索するとLINE−Xがすぐヒット
強くひかれましたが、お財布にも厳しいし DIYでは無理
今回は、これ「強力保護防錆コート SCコート」を選択
因みにLINE−Xは油性 SCコートは水性(発泡スチロールにも塗れるらしい)
※SCコートも業者に依頼すれば、いいお値段(汗)なんで当然のDIY
中身は脱脂洗浄剤・ベースコート・トップコート・ローラー刷毛
イメージ 3

電気の力を借りて 40番のヤスリで足付け&錆取り
イメージ 1

その後 セット内の洗浄剤で洗いながら脱脂して
よく乾燥させてからベースコートをローラー刷毛塗りはじめ
イメージ 4

何度も塗装&乾燥を繰り返し(2日間) 
ベースコート使い切り 遠くから見てもムラムラ
イメージ 5

連日の猛暑の中(日陰で作業しながらも半分 熱中症みたいになりながら)
いよいよ 3日目は仕上げのトップコート
イメージ 6

日の出前から塗り重ね グレーに
イメージ 7

普通の軽トラより あおりも重く足場板みたいですが、此方も数回塗り重ね
イメージ 8

夕方に組み付け 
イメージ 9
防水防錆加工完了 

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事