全天候型? アウトドア&遊びは年中夢中の55隊長

年中夢中を目指し2月29日やっと ブログ始めました!最近物忘れ激しいんで忘れ無いよう書き込みます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
3月の声を聴き暖かくなりましたが、ポイントがちょっとだけたまりラフ&ロードのハンドルカバー購入 ちょっと大柄ですが間口が広くハンドルガード装着でも取り付け可能※スーパーテネレにも使いまわし可能
イメージ 2

ごちゃごちゃさせたくないハンドル周辺にはディトナUSBポート1口を目立たないように付けてあります。
イメージ 1

太くて温かい初体験(笑)
※壊れても惜しくない?グリップヒーター980円也
イメージ 3

青梅の梅の里パトロール兼ね奥多摩湖へ
イメージ 4

まだまだ季節がら空いている駐車場 グッドコンディションな1台 CL72
自分より一世代前ですが凄くカッコいい〜
※学生時代購入車をズーっと可愛がっているとの事、お隣の市の方でした
イメージ 5

記念に2台でパチリさせてもらいました 又お会いしましょう
イメージ 6

その後 奥多摩〜成木〜有間ダム経由で無事帰宅
グリップヒーター&ハンドルカバーでヌクヌクでした。 
イメージ 7
今度は バーナー持って・・・

開く コメント(6)

実は、この数日は年末の代休中 もう少しガレージを暖めてもらおうと思ってましたが・・・・・ もう我慢できません
2月大安(ニクの日) 近所のJAでオープンに合わせて 自賠責保険加入(60か月 22,510円也)
イメージ 2

昼前に一仕事かたずけましょう 家から40分営業所管内の所沢陸事到着
イメージ 1

サクサク書類作って 所要時間30分
イメージ 3

早く帰って試走したいのですが お伴の福隊長リクエストで 帰路にちょっと寄り道「手打ちうどん 永井」さん お昼前ですが混んでおりました。
イメージ 4

福隊長はゴマ肉つけ汁ですが、自分は辛味ちゃんぽん並(麺はうどん)
※腰もしっかり 寒い時期には美味しいメニューでした。
イメージ 5

13時の時報聞きながら帰宅 ナンバー付けて
イメージ 6

純正より少し大きいですが、ステッカーチューン
ウィングマークはサイドカバーへワンポイントにして
イメージ 7

フェンダー前部に貼り付け
イメージ 8

   いよいよ
イメージ 9
早く暖かくならないかな〜

開く コメント(4)

先日 降雪後の24日に東松山某所の大先輩のH山氏宅訪問(軽トラに積載のCTを見せびらかしに・・・) CTは玉が無いし ホンダXL230を探すかなんておっしゃっていたら まだ10日も経っていないのに 情報提供が・・・
H山氏がXL230を探し入手してキャリアも製作中と送られてきた画像で
フロントキャリアまでも装着してありビックリ(@_@) 「やるなー H山さん」
※過去に群馬県富岡の方のバイクショップでXL230にCT200純正キャリア装着し販売の情報はありましたが、他社のリアキャリア流用とは
スピードと行動力が素晴らしい
イメージ 1
リヤキャリアも拡大して積載力アップ、まさしくCT200AG風イメージ 2
CTよりもいざとなったら2名乗車が楽ちんだし
ギヤ比も一般向けで、楽ちんに高速巡航も可能なノンビリ旅bike  今度勉強させてもらおう〜
イメージ 3
実車確認楽しみです。

開く コメント(4)

寒い日が続いております マフラー塗装を終えチョークを引いてエンジン始動・・・ブルブルブルン  すると変な所から煙が・・・ 
イメージ 1

良く見ると 直径2ミリ程の穴が(汗)
イメージ 2

マフラーパテで埋め戻し 完成写真は取り付けしたら見えずらく📷出来ず
イメージ 3

そんな中 こんなのも着手
純正品は製造中止メーカー在庫無し((´;ω;`)ウゥゥの為 
汎用品ハンドルガード(ブッシュガード)
イメージ 4

一体感が出て操作性も損なわず まあまあかな〜
ラフ&ロードのハンドルカバーは装着可能
イメージ 5

早く暖かくならないかなぁ
イメージ 6
まだまだ 
CT/HD/キャリィ/オルビスイオとやること山積み


開く コメント(8)

雪かきの合間に試作したCT200AGの予備タンクのホルダー、
鉄工所にお願いしようと思ってんですが、先日友人I氏のCT200AGの予備タンク(CT純正品)取り付け方法を見て我慢できなくなりました。
前回試作品は3ミリ鋼材でしたが、ガレージに残っていた2ミリの半端鋼材(300×300×2)をジグソーでゆっくりカットしました。
イメージ 1

ガイドをあて直線切りで、左側
フレーム固定用の穴も開けました。
やはり1ミリの差は大きい?良い感じの角度が付けられました。 
※バックは写真映りよいホワイト(残雪)
イメージ 2

タンクがセンターで固定出来る為 下周りカットして
なるべく小さ目にしてみました。
イメージ 3

仮止めしてイメージ 自己満足
イメージ 4

連日の低温ですが、我慢できず なんちゃって塗装ブース(段ボール)
日向に向けて温度を上げてつつ スプレー缶はお湯で温めながら
薄めに何度か塗り重ね
※密着力が強いらしい染Qの姉妹品のスプレーで塗装
イメージ 5

縁どりには、以前CT110の泥除けを作った際の半端のスチール入りモール(https://blogs.yahoo.co.jp/h7taityou3/12774804.html)で保護してみました。
イメージ 6

タンクは中央のハンドルで固定の為 更にバンドを背面からまわして緩み止め兼ねて補強
イメージ 7

実測では試作品より20ミリ後方 10ミリ強内側に入れるのがポイント フルボトムしても問題無し。
イメージ 8

6Lタンクに予備3Lタンク装着で250キロ強から約350キロに足が伸びました。(※遠征の際はストーブ携行缶あるんでもう少し距離伸びるのでOK)
イメージ 9
まだいくつか手を入れるようなんですが、(汗)
大分 見れるようになってきました。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事