葉山ウォッチャー

ゼロ・ウェイストについて発信します

全体表示

[ リスト ]

★団体紹介をブログより引用すると・・・
  私たち「ごみ問題から葉山を救う会」は、いずれの政治的団体にも属さない、手弁当で活動する
  住民の団体です。

 ⇒紹介議員の待寺真司議員、伊東圭介議員を活用し特定の目的の政治活動を行なっている「政治団体」
  であり、既に「住民の団体」ではない。正々堂々と真の活動の目的を名乗るべきではないか?

 ⇒「主張」を実現するには首長の交代しかない事を前提で住民運動の殻を被った活動では?

★その主張をブログより引用すると・・・

 無責任で実現不能のゼロ・ウェイスト政策の下に、現在の非効率・高コストのごみ処理が続くことに
 なります。ごみはゼロにはなりません。適正なごみ処理施設は必須です。小規模自治体の葉山にとって
 財政・環境・技術の面からも“広域化によるごみ処理”が最善の方法です。

 ⇒ごみの減量、資源化については何も触れていません。
  減量化、資源化が進めば、処理する量は激減します。ごみが減ると困る立場です。

 ⇒現在のごみ処理状況は前首長の何も成果の無かった10年間の無策の結果です。
  減量、資源化が進めば広域などの大規模処理に頼る必要はありません。

 ⇒ゼロと言う言葉尻を捕まえ不安を煽っています。住民運動なら先ず資源化、減量活動から初める
  べき。

 ⇒請願に署名、押印された方は「減量化、資源化」に反対なのでしょうか?

 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事