ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]

 
モニターテストブログを書いてきました。
その中で、気が付いた事、
いつの間にか、
カメラ任せで、
撮影をしているダイバーが多いことに、
さらに、そのカメラで、もっと綺麗な映像、
自己にしかできない表現が、できるのにもかかわらず、その事実に気が付かない。
 
それほど、
水中写真は、
特殊条件の撮影なのです。
 
そんな方に、
少しでも水中写真を楽しんでいただきたいと、
NAUI DIGITAL
CAMERA SPECIALTY COURSE
H.T.M.マリンサービススペシャルコース
始め、
水中フォトセミナーの依頼を受けてきました。
 
しかし、それにも、限界があります。
 
そこで、
水中写真の勉強・新たなヒントになると思う本を紹介して行きたいと思います。
 
その第一弾は、
ハリ魔王自信も、
若き日
昔々の愛読書で、暇な店番中は、よく読み返した。
 
現在開催している
NAUI DIGITAL
CAMERA SPECIALTY COURSE
H.T.M.マリンサービススペシャルコース
講習内容の基礎の部分になっている。
 
オススメの書です。
 
 
イメージ 1
水中写真マニュアル (フィールドフォトテクニック-1) 
小林 安雅 ()
東海大出版会
 
現在は、廃刊になってしまいました。
公立図書館には、収蔵されている所が多いです。
 
アマゾンで検索したら、中古で
格安で現在も、手に入ります。
 
検索時は、
中古品の出品:24 1より
コレクター商品の出品:2 3,000よりでした。
 
1988年初版とかなり古い本である。
フィルムカメラ時代の知識と、
思われがちだが、
水中写真の基本を判り易く説明している。
というか、
初めて、
整理して解説された本と言っていいでしょう。
 
流石に、
カメラ機材の選び方は、
時代遅れになっているが、
撮影したい被写体のサイズと、
レンズ選びは、
現在にも、共通する考え方です。
 
3章水中写真の理論と実際」以降は、
自分の好みの映像を作り上げていくのに
必要な事が、
自分の知る限り、
今現在までの発刊書中で、
一番わかりやすく書かれている。
 
現在の何でも、
ネット情報が入る時代と思われがちだが、
基礎から学ぶ事の重要性は、上達の近道と思う
そんな考えのハリ魔王のオススメの一冊である。
 
 
にほんブログ村
 水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

「水中写真マニュアル 」、本日アマゾンで購入しました。本が届き次第、みっちりと読んでみます(笑い。
これからも水中写真に役立つ本や、写真集などありましたら、ご紹介ください。

2013/3/25(月) 午後 0:46 [ kaito-z ] 返信する

顔アイコン

kaito-zさん
早い(汗)
読んで見て下さい。
そして、やった事の無いものは、是非、試してみてください。

了解しました。
役立つ本以外に、写真集ですね。
自分の影響を受けた物でも、いいですかね?

2013/3/26(火) 午前 2:43 [ ハリ魔王 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事