ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]


「一番驚いた作り① イノンZ-330
続きです。
 

では、どの様に可能にしているのか
 
1つは、空気ドームポートによる屈折率の変更である。
 
これだけでは、
むらなく広角の光りには、なりえない。
 
ハリ魔王が感心したのは、
この仕組み
 
イメージ 1
拡散プリズム板
良く考えた物である。
 
発想も斬新で流石としか
言いようがない。
 
かなりの期間の繰り返しテストが必要だったと、想像できる。
 
そうすると、
ターゲットライトは、直進性を失う
 
それは、こんな仕組みで
 
イメージ 2
調整
 
やっぱイノンだねd(^Д^)bグッジョブ!!
 
この仕組みを見て、他社がマネをしてきそうである。
 
そう書くと、
SEA&SEAを想像する方も、いるだろうが、そうではない。
 
イノンの競争相手は、世界にある。
 
それに、
SEA&SEAには、
この仕組み以上の発光管の仕組みを以前は、
採用してきたメーカーである。
 
ハリ魔王としては、
SEA&SEAには、
その発光管の仕組みで、
デジタル用のストロボを出して、
ほしいと、以前から、ズーと、リクエストをしている。
 
ハリ魔王の若き日コンテスト受賞歴も、
プロとして、
苦労したあの日も、
この仕組み無くしては、不可能であったと言える。
 
そう、
ストロボの発光管の仕組みだけで、
現在は、撮影不可能な撮影方法が存在するのだ。
 
話は、長くなってしまったが、それだけ、
イノンZ-330は、待ちに待ったストロボである。

この仕組みなら、同等の撮影が可能になるだろう。
 
発色性能・ストロボ光の直進性は、
長期テストをしてみないと、何とも言えないだろうと
最初から考えている。
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事