ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]

イノンZ-240との比較開始Ⅰ イノンZ-330
続きです。

今回も、アクセス制限で、次回に続く形になります<m(__)m>


良く見てほしい変更がある。
 
メインモードスイッチ
 
イメージ 1
メニューに変更がある。
 
Z-240には、
イメージ 2
AUTOがあるが、
Z-330には、無い。
 
「外部オート調光」

廃止になったのだ。
 
現在、
イノンストロボを使用のユーザーで、
この機能を使用しているダイバーが、どの程度いるか
 
ハリ魔王自身
もう、10年以上使用していない。
 
アドバンスドキャンセル回路
以降のモデル

特に、タイプ4以降は、
S-TTLの撮影で、ほとんど、問題を感じないし
 
それ以上の連射の瞬間は、
マニアル発光で、
使用したい光量を自分で、
選択する方がメリットが多い。
 
それだけ、
ストロボを使い続けて、
データ蓄積できると、
外部オート調光
ワザワザ使用する事は無い。
 
また、
これも、テスト撮影で気が付いたが、
今までのイノンストロボが苦手とする場面でも、
ほぼ問題なくS-TTL調光が、
ニコンD810との組み合わせでは
効いた。
 
また、
メインモードスイッチでは、
マニアル発光時FULLと、
M-0.5-6の配置が変更にφ(・ω・ )メモメモ
地味な変更だが、
これは、見た瞬間
ハリ魔王は、ただただ感心した。
 
低照度で、
良く、M-0.5-6に調節したつもりで、
FULL発光に、設定されていて、
失敗した経験がある。
 
Z-240までのダイアルでは、
慎重に変更する必要があった。
 
それを
闇夜の中で、
さらに、中層で行う事を想像してほしい。
 
さらに、被写体は、小型な物が多い。
 
見失わないか、ドキドキで変更をする。
 
こんな、時間も、ズーと短くなる。
 
イノン設計者(*^ー゚)bグッジョブ!!
 
続く<m(__)m>

 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事