ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記

水中撮影機材のテスト感想を書いていこうと思います。

全体表示

[ リスト ]


最大の欠点とその対処法① 
WEEFINE WF ワイドコンバージョンレンズ UWL-24M52R』の
続きです
 
デシタルカメラからの常識
太陽光を直接入れない構図で撮影する。
 
最近、忘れがちだったが
このレンズを取り付けるは、コンパクトカメラである。
 
元々、そんなに、センサー性能が高いとは言えない。
 
なので、
前回の様な特徴は、
当たり前のレベルと考えなくては、ならないだろう。
 
本来の使い方
自然光(太陽光)で、
イメージ 1
順光撮影
 
イメージ 2
水深3mでは、
 
イメージ 3
ホワイトバランスさえ調節すれば、
イメージ 4

この仕上がりになる
 
この条件なら、
最新型デシタル一眼に、
新型広角レンズに、
高性能ドームポートを組み合わせた
レベル肉薄している。
 
未加工で、このレベルなら、十分満足のレベルだろう。
 
この様に撮影するコツは、
十分に水中に太陽光が、届く場所で、
順光になる向きで、
TG-5の場合は、
水中モード広角自然光を選択して、
ホワイトバランスのケルビン値をマニアルで、
変更しながら、液晶で、好みを確認
露出は、基本そのままでイイが、
太陽光が強い場合は、
マイナス補正をかければ良いφ(・ω・ )メモメモ
 
その条件をクリアして
 
イメージ 5
撮影すると、
 
イメージ 6
本来はかなり難しい
 
イメージ 7
水面直下を泳ぐダイバーも、簡単に撮影できた。
 
イメージ 8
太陽光筋状の光り入るのは、
 
イメージ 9
シャッタースピードと、
このWEEFINE WF ワイドコンバージョンレンズ UWL-24M52Rのおがけ
 
これ以上の透明感は、
レンズ代だけで、20万円前後組み合わせしか思い当たらない。
 
ここまでの撮影テストは、1ダイブ目である。
 
 
にほんブログ村
水中写真のランキングをしています。
この日記が、
気に入っていただけたなら(*≧m≦*)
毎回、ポチとしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事